私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

02.タイヤ考

人のタイヤインプレなんて微塵もアテにならない

2023年3月 2日 (木)

名品紹介① Time VX を潰すチューブレスタイヤ

誰に向けて発信する訳でもないけど気が向いたら書くシリーズ。祝 第一回。それいつもと一緒じゃん、と古参の方は思うだろう。でも私としては昔は綺麗な公衆便所の壁に落書きしてた気分だったが、今は汚い公園の便所の床に落書きしてる気分であって結構違う。内容は変わらずチラシの裏なので進歩は無い。


ほんでただの独り言なので口語調で。

 

前回長々と書いたTimeは一応こんな感じで乗ってて。

Img_0646

手組欲しいなぁ~と2年くらい思ってたら、お友達からポンと良いタイミングで譲って頂いて。StanzはAlphaだけど珍しい400で(ちなみにこの日本語文法結構好き。格助詞「は」の強調表現。なんだか好きだからこうやって使っちゃう)。あんまりググっても出てこないのは何故だろう・・・やっぱりみんなAlphaと言えば340という思考なのかな。分からんでもない。老害おじさんとしてはフックドリムで400gって、往年のオープンプロっぽくて何だか嬉しくて。しかもチューブレスにも対応してる。嬉しい限り。形状/断面もオーソドックスで美しい。ステッカーデザインが80年代なんだか令和なんだか分かんない微妙なヤツだったんで、必要な部分だけ剥がす。うん、落ち着いてて良い感じ。

ハブはChriskingの樽。クラシックというやつ。怒った蜂の鳴き声がすこぶる気持ち良い。因みにリトルツリーをサドル後ろに吊るすのが一部で流行ってるらしい。首〇高勢よ、自転車にも時代が追い付いてきたようだぞ。

 

で、件のTime VXだけど、乗り味は確かに良い。確かに良いけど、うーんんん困った困った。

 

鉄バイクをベースにして、クリンチャーからチューブレスにした時の感動幅を超えない。ビットリアの第一世代グラフェンコルサからプロワンへ、という相対比較だけど。

Img_0761

鉄バイク→Time VXの振り幅は、クリンチャー→チューブレスとトントンくらいな感じ。これはなかなか頭を抱える事態。最近のチューブレスって凄いや・・・

5,6年ほど前にチューブレス試した時(確か第二世代後期のフォーミュラプロの廉価グレードだったと思う)はすぐ捨てた程度には満足しなかったけど、現代はさすがに違い過ぎる。チューブレスって面倒くさいし言うほど良くないよなぁ~という”アレルギー”があったけど、軽い気持ちで一度試してしまってからは、むしろ可能な限りチューブレス使いたい派に転身してしまった。出先でパンクしてシーラント撒き散らして嫌な思いするまではこの宗教に身を寄せようかなという思いで居る。

※この後、GP5000のクリンチャーに乗ったらそれはそれで良かったので、たぶん形式はもとよりタイヤ銘柄によっても変動する、のが事実だとは思うけども。

※うーん、最近なんかチューブレスさんもごわごわと硬い感じがしてきた、冬を越すとダメなのか?単に体が慣れただけ?謎。

 

という事で、家の中にある7台のうち2台はチューブレスにしてしまった。

alphaもカンパ(shamal)もアルミリムなので、シーラントはStanzなどのアンモニア入りは念のため使わない。のむラボで有名なイメジでも良いけど、少量で購入できるMac offにした。量は知らない。てきとーにKKD(勘と経験と度胸:ちょっとこれ死語って来たかなぁ)で。月に1回程度乗る感じでも問題無く運用できてる。そろそろ半年経つような気がするけど、まだ継ぎ足す必要も無いような?ほんでエア保持が最高に良い。ブチルチューブと同じノリで運用できる。いやむしろ低圧になってもパンクしない分、ブチルチューブよりポンピング不要期間は長い気さえする。

 

最新スペックのリムでなくてもこんなに良いんだから、現代の内幅21㎜とか23㎜とかのカーボンリムだともう戻って来れなさそう。特に最近のカーボンリムはフックドでも馬鹿みたいに軽い。もうMAVIC理論を聞かなくなった。適当なリム買っても軽いし。28cタイヤ入れたって外周重量は骨董品の23c組み合わせより軽くなりそうな気すらする。チューブラーだって下手したら勝てないんじゃないか?こうなってくると流石にディスクブレーキが羨ましくなる。何も考えなくても足回りは良くなるから。

 

ちなみにTUはというと、さすがにもう時代が付いてこないなぁと。

Img_0674

アジリストとか最新のやつは良いのかな。友人が良いぞ~と言うてた。しかしタイヤ幅とチューブの制限が・・・26cとか28cのブチルチューブ入りミドルグレードが豊富にあれば良いんだけど、微妙。チャレンジタイヤのELITEが良い感じだったけど、なんと生産終了みたい。どうにか25cを確保したけど28cのタンカラーはもう無いっぽい。無念。

写真のコルナゴはなんと22cくらいだけど(いや当時は23cでも太かったんだから)、もう今は怖くてなんだか乗れない。見るからに細い。乗りたての学生の頃は19cが偉いんや!いうて10気圧とかで乗ってたけど正気の沙汰ではない。だから楽しかったのかな?命削る感じが。タイヤの限界見に行って週に2回落車してたけど、うん、元気で過ごせて良かった。骨折も2回だけで済んだし。

 

結局タイヤは数の暴力に逆らえない。一番売れてるタイヤが最も良いタイヤ、になってしまう。無念。でも良いものは良いので、可能な限り家の中の自転車はチューブレスにしていくと思う。値段によってはGP5000チューブドという手もあるけど。街乗りしかしないとは言え、足元は良くしておきたくて。

足車に71RSとかZ3履く人と一緒。なんか楽しいし咄嗟の時の安心感が良い。街乗りなんて気抜いてるんだから安全サイドの方が良い。自転車にもDZ102とかRE004くらいのがあると嬉しいんだけど。REGNOみたいなのも欲しい。

以上。

 

つづく。

2021年11月22日 (月)

GravelKing グラベルキング SK 26c

わぁ、自転車タイヤの記事を書くなんて何年ぶりだろう・・・

今ほとんど趣味=クルマになってますが、自転車も好きは好きでして。書けない事も多いし、書いたところでどうだっていう落ち着いた距離感になってきたんですよね。いつかクルマもそうなるのかな。クルマは五感全部で感じられる多方向のベクトルがあるし、そのスカラー量も大きいから、しばらく飽きる事は無い気がしますが。自転車も原動機乗せればもっと楽しいのになと思います、早くe-bike関係の法律ユルくならないですかね。

 

さて今回は最近流行りのグラベルについて。

と言っても私はそれなりに自転車に乗っている時にもうグラベルを楽しんでいました。おそらく先輩がたも同じでしょう。パスハンターなどという世界はあったようですし、機材的には昔のハードテイルMTBが走っていたフィールドが現在のグラベル系の主戦場と聞いています。私の場合は、京都の峠道で林道とはいかないまでも未舗装の道、あれは登山道だったのかな?を走ってました。別にドヤってるわけじゃなくて、楽しさが分かりますヨと言うてるだけです。

 

当時はシクロクロッサーはあったものの、グラベルロードは無かったですし、あっても買う金は無かったので23cや25cタイヤで砂利道を走ってました。

Img_20121104_090157 Img_20120909_164122

そう、コルナゴC40に乗ってた頃ですね。左の写真はたぶん貴船の近く、右の写真は銀閣寺の近く(哲学の道かな?)。フェルトFCやオルベアロブラーあたりに乗ってた頃もそうかな、砂利道ゴリゴリに走ってました。特に鴨川の河川敷は好きでよく走ってました。鴨川パヴェと呼んで頻繁に遊んでましたが、今なら鴨川グラベルと言うんでしょうね。

 

あとはこれ何やってたか全然覚えてないんですが、

Img_20121114_024353

シクロタイヤと思われる何かをロードフレームに組んでた頃もありました。これはまさしくグラベルロードですね。こんなタイヤあったんだ・・・今欲しいよ今。キャリパBRで運用してるのできっと28cくらいなんでしょう。パリルーベ用の何かでしょうか。全く覚えてません。

 

 

そして10年ほど経つ今、関西に居を移した事でまた沸々と未舗装路へのワクワクが・・・もともと好きなものはそう簡単に捨てられないですね。

あと、実は秘密基地というブログ様を見つけてしまいまして、(Twitterでも相互フォローなんですが彼方はこのブログに気付いてなさそう)この超超超楽しいブログを読み込むにつけ、未舗装路への憧れに追い打ちが掛かったというか。

 

しかし今、趣味費はクルマにフルインベストメントなので自転車に掛ける金も時間もあまりありません。ユルく浸かりたいのです。

そこで出てきた救世主が、(いろんな意味で笑)我らがパナレーサー様となるわけです。

 

Img_2275_20211122211001  Img_2274

そう、Gravel King グラベルキングですね。もう名前がかっこいい。グラキンですよグラキン。土屋圭市世代は惹かれるでしょう笑

もともと「グラベルキング履いてんだぜ」って言いたいがためだけにこれを履きたかったのですが、既存の機材で履けるサイズが見当たらず。SSや無印の28cも考えましたが、スリックなら普通のタイヤで良いのでは?と。そんな時、数日前にネサフしてたら”26c”と”SK"という文字が出てきたわけです。ネット上では何名か履いてる方もあって、何やらキャリパBRで履けるとの事。古い機材に履かせてグラベルを走ってみたい、という願いを叶えるものだと。「これだ!」と思いましたね。

 

ただサイズがイマイチ分からんかったのでひとまず1本買ってみる事にしました。

履こうと思ってるバイクが25cでこのクリアランスのフォークだったので心配だなと。

Img_1768

これはR9000あたりのDURA-ACEのTUリムに、Tufoの25cを履かせてます。フォークはTADA製のクロモリフォーク、つまりワンオフです。25c dedicated の設計と思われます。2000年前後の機材はだいたいこんなもんでしょう。レース機材ならパリルーベ用に28cまで想定してるとは思いますが(当時はルーベ用機材って少なかったですしね)。

 

で、これにGravel King グラベルキング 26cを入れてみると、この通り!

Img_2248

最高のクリアランスです!車高で言うと低すぎず高すぎず。タイヤとフェンダーアーチのRが綺麗に合ってる状態・・・自転車乗りにはあまり通じない表現かもしれんですが笑

 

実測寸法も測ろう思うたんですが、今日は雨なのでやめました。気が向いたらやりますが、気が向かない気がするのでやらないと思います。まぁ、25cタイヤと似たようなもんですので、これが当たるフレームは2000年以前のものか、ピストフレームか、ハンドメイドのものになると思います。

 

むしろ細すぎるかもしれません。27c、いや27.5cくらいの雰囲気が欲しいなぁという気も。これじゃエアボリュームがなぁ、と。

でもそれは杞憂でした。乗るとこれ、とっても楽しいですね。

SK、セミノブ?ですので、転がり面にもノブが立ってます。このおかげで、むにゅむにゅした柔らかい乗り味に。空気圧計のついたポンプは全て捨てて今はBSの一番安いプラ製のポンプ(これがめちゃくちゃ調子良くて気に入ってる)しか無いので、何気圧なのかは分かりませんが、それなりに空気入った状態でもすこぶる乗り心地が良いです。

 

ただ、少し落ち葉が舞ってるようなところを走るだけでフォークの隙間に葉が挟まったりしますし、未舗装路で縦横のグリップは良いものの、大きい段差の前ではただの26cタイヤである事を思い知らされます。たぶんホンモノの林道のようなガレた所では使い物にならないと思います。

でもそれが良いんです。

街中を走っててちょろっと出てくる未舗装路に迷い込むためのタイヤですから。基本は舗装路を走るわけです。割合で言うと8割9割は舗装路ではないでしょうか。そこでの走りが悪いものは乗りたくないのです。38cくらいになるともうスリックでも割ときつく・・・今も昔もオフロード志向の人々はあれで舗装路を移動してたわけですよね、体力あるなぁ。

 

メインが舗装路だよ、という人や、そんな機材に金掛けるような付き合い方じゃなくなったよ、という人にぴったりだと思います。だったら28cくらいのロードタイヤでええやんというツッコミもあると思いますが、そういう事ではなくて、気持ち的にこうワクワク感が欲しいじゃないですか。まさしく”遊び道具”。自転車は遊べなきゃいけないんです。足の無いやつが機材を語るなとか、レースで勝つ奴が一番偉いから言う事を聞けとか、ロードバイクでちんたら走るなら降りろとか、そういうのは遊びじゃないんです。「うんうんそれも自転車だね」と言える懐が必要です。そんなだからグラベルバイクが出てきたんじゃないでしょうか。遊びに特化した概念ですし。UCIレースやるようですが、うーん、それで良いのかなぁ・・

 

余談。

そうそう、一応関東でも未舗装路走ってたんですよ。

Img_2958 Img_2961 Img_3299

こんな感じ。まーめちゃくちゃ短いし景色もそれなりだけども。それでも救いにはなりましたね、無いよりはマシ。こういうところは自転車じゃないと走れないですから。自転車ならではの良さというのは、こういう所で活かされると思ってます。舗装路の移動なら、クルマが良いですね。

以上。

2016年10月18日 (火)

Challengeチャレンジ CRITERIUMクリテリウム 320

これめちゃんこエエやんけ

続きを読む "Challengeチャレンジ CRITERIUMクリテリウム 320" »

2016年8月19日 (金)

Tufo Jet Pro

とぅーふぉ

続きを読む "Tufo Jet Pro" »

2016年1月 3日 (日)

UPHILL ONLY

あっぷひるおんりぃ

続きを読む "UPHILL ONLY" »

2013年9月 5日 (木)

Tufo JET Special インプレ

久々に感動した

続きを読む "Tufo JET Special インプレ" »

2013年6月29日 (土)

Continentalコンチネンタル GIRO TU

良いじゃないの

続きを読む "Continentalコンチネンタル GIRO TU" »

2012年12月10日 (月)

TUのラテックスチューブを使ってみる

これは良い

続きを読む "TUのラテックスチューブを使ってみる" »

2012年10月10日 (水)

ロードフレームにシクロクロスタイヤを入れる

Panaracer クロスブラスター31cを使用

続きを読む "ロードフレームにシクロクロスタイヤを入れる" »

2012年6月12日 (火)

Vittoria Diamante Pro RADIALE ビットリア ディアマンテプロ ラジアル 24c

私は好きだな、このタイヤ

続きを読む "Vittoria Diamante Pro RADIALE ビットリア ディアマンテプロ ラジアル 24c" »

より以前の記事一覧