私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ステンレスとスチールの電蝕について | トップページ | Friction Modifier 効果検証 »

2023年9月18日 (月)

最近ばねが面白い

格安で遊び車高調が手に入って、それに懐かしのSwiftが付いてたところから熱が再燃。ちょろっとメモがてらに。

 

20230918-201946

最近見ないうちに何やら「低反発ばね」なるものもあったり、ハイパコが跳ねないなどと持て囃されてたりで。ちょろっと気になるところがあったので、軽く計算してみました。

 

低反発というのは、その言葉の語感から人によって色々解釈があるだろうけど、実際は固有振動を指しているのかなと。ハルスプリングさんやサスペンションプラスさんがそれっぽいものを市販されていて、エンドレスさんもX coils のRシリーズでそれっぽくしているとか何とか。

 

ハイパコもそっち系だと思われるけども、それプラスしっかり作られてるからレート変動がない、と。いやそもそもレート変動って何?っていうと、実はしょぼいばねは線径やIDがちょろちょろ違うんでしょうね。オープンエンドのものの初期がどうとかそういう話じゃなくて。

 

ちなみにSwiftさんが高応力ばねだとか言われるけども、確かに係数計算上はそんな感じ。実際には有効ストロークと剪断応力もあったり、またまた計算上は有効巻き数を取ってなかったりで、かなりファジーなもんだから一概にはそう言えないけど、傾向は確かにそうかもな感。

 

とりあえず体感してみましょ、という事で、まずよく言われる自由長違い(固有振動違い)を試してみました。

Img_3233

Swiftで同レートの180→200でどうか。結果ばっちり分かりました。乗り心地という便利な日本語を使えば、うん、乗り心地が良くなった。

 

ちなみにロードスター用のオーリンズのPCVだと200が限界。これのプリゼロで車検車高です。なおアッパはクスコにて。

 

ちなみにちなみに、オーリンズのケースならバイク用のブーツが使えます。フロントフォーク用のやつ。amazonで1000円2本。よい感じに切って使うとGood

Img_3105

 

ちなみにちなみにちなみに、今回はずっとやりたかった1Gバンプタッチも実装。

Img_3102

40mm~45mmの間くらいな感じで入れてます。これはゴルフの4あたり用のラバで、欧州車ならどうせ1Gバンプラバー乗せしてるでしょという安易な思い込みで選定。いや安かったもので。新品2個で1700円とか。しかもこれロードスターなら前後分取れます。素晴らしい。

 

オーリンズのバンプラバーなんて残ってたら幸せな方で、ほとんどは地球に還ってるでしょう。

フロントがテインなので、テインのラバーも今回交換したんですが、こんな感じでカチンコチンになってました。3年弱くらい使ったのかな?

Img_3280

新品の時どんなだったか記憶が曖昧ですが、ゴルフ用の方が柔らかい気がします。何よりゴルフ用はピストン径がぴったりで。汎用バンプラバーって14mm用とか20mm用とかじゃないですか、かぱかぱするの嫌だったんですよね。その方が内側にも広がる分レートは落ちるんだろうけど。

 

で、ついでにフロントはというと、謎の超低反発ばねからそこそこのものへ。

Img_3287

こちらは自由長同じで線径違いの実験です。これもかなり変わりました。ちょっと謎のやつが線径太すぎたのかも。でも車高は同じだったりレートはぴったり同じくさい…どこのばねなんだろう、低反発という意味ではかなり優秀。

 

ちなみにテインのフレックスZのロードスター用は悪名高きID70ですが、ID65のロックシートが700円で売ってます。アッパ側はゴムを外せばID65ちょいになります。とてもオススメ。

もちろんこのゴムのせいでちょっと評価が変動している可能性もあるし、一応バンプラバーも変更したので(フロントは1Gでラバー乗ってるわけじゃないですが10mmくらいで当たります)それも込みの感触という事で。

 

ひとまず今回の実験は以上。ばねでも結構変わるんですね、レートさえ合ってりゃ何でも良いのかと思ってた。

それとよく言われる事だけども、ショックの性能は大事。テインとオーリンズじゃ流石に低PS時の減衰が違うんですかね、やっぱりなんかこう違います。アラゴとかエナペも試してみたい。KONIは今の知識が得られる前に売ってしまったのを後悔。やっぱり断捨離は良くないですね(いつもの結論)

 

以上

« ステンレスとスチールの電蝕について | トップページ | Friction Modifier 効果検証 »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステンレスとスチールの電蝕について | トップページ | Friction Modifier 効果検証 »