私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ホンダ ビート | トップページ | 自作ロールバー(1028バー) update »

2023年7月16日 (日)

70パイマフラーどうよ?

これまたずーーーっと思うとこあって、ちょうど良い時にジャンクマフラーが降って来たのでキャッチした。

そう、タイトルの通りマフラーのメイン径について。

 

ロードスター用のマフラーと言えばほとんどが50パイで、ステージ二寸管やインテグラルN1や柿本あたりが60パイ。細けりゃ高音かと思ってた時期が自分にもあって、いろいろ試してみたけどなんだか違うなと。

 

それで二寸管ハーフSPLのリアピースを75パイにしたら良い感じの音になって、これやっぱりそうなんじゃない?と。

 

そんな流れでここ最近はメイン径拡大を画策してた。

 

8年くらい前にレース屋さん(そこはドラッグメインだったけど)が「マフラーなんて太い方が馬力出るんだよ排圧がどうこう言ってる奴は走った事あるんか?」みたいな事を言ってたのがずっと頭にあって。

 

「ウチの(3.25リッター直6)はこんな太いけど、ハチロクなんかでも60パイなんて細くて走れねーよ」「えっ?それはテンロクじゃなくて7AGみたいな変なやつの話ですよね?」「いやいやテンロクだか1.7だかそんなんでも70パイのサイド出しとかで走ってるよ」みたいな話をした記憶。

 

で、ようやく自分も溶接が出来るようになり、また実体験として細い方が良いのは嘘やなと分かってきたところに、ジャンクマフラーが降ってきて。

Img_2364

おそらく、SSワークスさんとこのワンオフマフラーかなと。メイン70パイ。(加工前の写真が無かった笑)

このジャンク保護するかどうか迷ってた時にこの記事この記事を読んで、こりゃビンゴだわすぐ買おうとなった笑

そう、昔よく見たSSカラーのロドについてたアレみたい。途端にジャンク価格5000円がタダに見えてきて瞬時に落札。実に良い買い物をした。

 

ナニワトモアレ太鼓切開。中身はこんな感じ。

Img_2361

このペレット状のウールは初めて見たけど、作りとしてはオーソドックスで、パンチングにステンウールが巻いてあり、その上にグラスマット、残った空間にグラスペレット。

このグラス関係が高音を吸収するんであまり好きではないけど、手持ちのステンウールがあまり在庫なくて・・・とりあえず小さく黒くなったグラスペレットを取り除いて、写真右側の少し飛んでしまっていたステンウール部は新しいもので補完して、蓋を閉じる。

Img_2366

この蓋を閉じるのもコツを掴んできた。画像下側に写ってるけど、ハンマーで叩きちぎるのが良い。ばかんばかんとブッ叩いて、開先が狭くなったところを点付けしていく感じ。とにかく叩きまくると上手くいく。

で、装着するとこんな感じ。

Img_2369

そうそう、このマフラーを買ったもう一つの決め手は一本モノという事。ロードスターの場合はほとんどのマフラーがフランジ接合の2本もの。これがあまり良くないと思う。段差イコール悪であって、インロー接合ならまだしもフランジ接合はやっぱり良くはない気がする。例えばコーンズの快音Ver1は1本モノ、Ver2はフランジになったがVer3はインロー。良いマフラーはそれなりにちゃんとしてるんではなかろうか。

 

で、乗ると・・・

これがもう・・・今まで乗ってきたマフラーの中で一番良い。超高音で響く響く。グラスウールは低音を吸収するなんて気にしなくて良い。そしてばびんばびんに回る。確かに低速トルクと言っていいのか1500回転くらいは少々力無い気もしなくはないけど、2000回転くらいから8000回転までばびーーんと回る。マフラーでこうも変わるなんて。SSワークスさんの記事にある通りだ。

 

ただ音量はそんなに静かでもない気がするので、バッフルに60パイの短管を溶接してステンウール添え。

Img_2375

これでもちょっと音が良すぎてなんだか微妙な気がするので騒音計を買った。今配達中。車検用にコーンズVer3に戻しているので、いったんそれで測って、車検場でバリデーションする。信用できそうならこの70パイマフラーも測定していく。103dbが限界値だが、それは人間も割と限界なので97dbくらいを狙って調整していく。

いや意外とロドのマフラーって音量だけはあって・・・音圧が無いからあんまり気付かないけど、平気で105dbくらいになってたりする。例えばみんな大好きK1レーシングなんか113dbとか叩き出すらしい。あんな静かなのに・・・5zigenのスーパーラップ(今はファイヤーボールって言うのか?)とそんなに変わらんのじゃなかろうか。ホーマック管とかコメリ管、いわゆる直管でも同じくらいじゃないのかな。

逆に空冷ポルシェはほぼ直管で音圧ヤバヤバの腹が震える系エキゾーストでも音量は大丈夫だったりする。あの差は何なんだ・・・

という事できちんと騒音計で数値チェックしておく。

 

最後に、SSワークスさんの言葉を引用しておく。だってほら、電子文書って突然消えたりするから・・・

本当は魚拓を並べておきたいんだけど、著作権的なサムシングがよく分からんので引用の範囲にとどめる。

 

以下引用

”マフラーのパイプ径について太い細いの議論がありますが、自分の経験では一般に市販されているマフラーは細すぎるものが多いと思います。
パイプ径を細くすると音量も抑えやすくコストも安く済むのが利点ですが、NAでも2リッタークラスなら70φ、1.6~1.8リッターでもハイパワー志向なら最低65φくらいは欲しいですね。”


”よく太いマフラーは下の回転でトルクが出ないなどの話もありますが、アイドリング+αくらいの超低速時だけの問題で、それ以外の全域でパワー・トルク共に太いマフラーの方が性能で上回ります。”

”ちなみにN2仕様の4A-Gでは1.6リッターでも70~76.3φで、マフラー全長も1m程度ですが、この方が中間からパワーが出て乗りやすいのです。細いマフラー=トルクフルなんてことはありません。マフラーに悩んでいる人は一度ご相談ください。”

 

”いま着いていたのは社外品のステンレス製マフラーで、パイプ径50φのもの。サイレンサーが小ぶりなわりに音量はそれほど大きくなかったですね。”

 

”試乗してみるとなかなかいい感じ。低速の動き出しからトルクがあり、アクセルのツキも良くなりました。4,000回転以上では10馬力くらいはパワーアップしていそうです。これは走るのが楽しくなりそうな…。アイドリングや低速走行時は狙った通り静かなので、普段乗りも安心ですね。”

 

前述のレース屋さんと全く同じ事言うててとても面白い。ただレース屋さんの方は「周回さん(サーキット走る人の事、ドラッグやドリフトと比較してこう呼ばはる)は何だかんだで馬力が必要なのヨ」とも言ってて、トルクがどうこうが主眼の言い方ではなかったので念のため。とは言え実体験としてトルクについても太い方が良い気がする。不思議。ターボ車でも同じような体感をしたけど、マフラーはある程度太い方が良い気がする。100パイくらいのを1.8リッターに積んだらさすがにきついのかな、こういうのも暇があったら試してみたいけど、暇は無いんだよなぁ・・・みつを。

 

ただ来るべきEV全盛時代に備えて、現代人はマフラーで遊んでおくべきという側面もあって、もどかしい。もはやマフラー遊び自体はEVどうこうの前に現代の規制によって急速に絶滅に向かっている気すらする。自転車と違って五感で遊べるのがクルマの良いところなのに、嗅覚や聴覚が取られてしまうのは痛いけど、まぁ時代の流れだし我慢するしかない。あの音圧が腹に響く感じとか、生ガスの脳にキマる感じとか、自然なバブリングの生き物感とか、将来の子たちは味わえないんだろうな。可愛そうに。

 

以上。

« ホンダ ビート | トップページ | 自作ロールバー(1028バー) update »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホンダ ビート | トップページ | 自作ロールバー(1028バー) update »