私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« フルコン Megasquirt メモ その⑧ | トップページ | 名品紹介④ まともなCSとサスペンションシートポスト »

2023年5月31日 (水)

レゾネーターって何なんだ

面白かったのでメモ。

最近溶接が楽しくて、とりあえず手当たり次第に色々くっつけて遊んでいる。

で、昔からやってみたかったレゾネータを何の計算もせずに作ってみた。という事で今日はマフラーの話。

 

ステージさんの2寸管(二寸管?)はそこそこ良い音するので結構気に入ってて、いろいろと切ったり貼ったりしてる。太鼓も大きいから色んな遊び方が出来て良い弄りベースって感じ。これは二寸管ハーフだけど、普通の二寸管もジャンクが出たら拾って遊びベースにしたい。しかし最近はロドの部品も高くなったもんだ・・・昔はマフラーなんて1.5万円もあれば色々買えたのに。

Img_1996 

件のレゾネータは太鼓の直前にくっつけてみた。ここはΦ50㎜のパイプなので、ひとまず同寸で。

 

中身は、一応他の人がやってるような感じを真似てみた。

Img_1997

これは切った後の写真だけど、まぁ皆さんこんな感じでやってるので猿真似。単に穴だけでも良いような気はする。メーカー品は穴だけ、というか普通に分岐管になってて、その先にデカい太鼓が付いてたりする。と言ってもサクラムかApexiしかやってない気がする。今の時代、買えるのはもうサクラムだけかしら。Apexiはたまにジャンクが落ちてるのでヤフオク巡回を怠ってはいけない。シルビア用とか5000円くらいで落ちてる。

 

取り付けるとこんな感じ。

Img_1992

で、乗るともうこれがびっくり。最悪のマフラーになった。

というか、今までとっかえひっかえ試してきた過去の残念なマフラーたちと同じ音が出る。低音が残り、籠り音が響き、体感の音量(音圧?)は下がる。乗ってて不快極まる、心躍らない音。

 

そう考えるとステージさんは凄いなとは思う、でもここの鉄管音は(デュアルだからか?)テンパチとの相性が悪く、酷い音がする。テンロクに鉄管音シングルは良い音響いてたのに。あと何の変哲もないステンマフラーことK-1レーシング、あれは良い音してた。同じような形のヒライのΦ54は何故かダメだったけど、これもテンパチとの相性問題かもしれない。何気に柿本が良い音してて、あれ捨てずに取っとけば良い遊び道具になったのになと後悔。実はHKSも良いらしい。コーンズはデュアルだと死んだ音がする。シングルのver2とかが良いんだと思う。ほんで後述する考え方からするとVer1の評判が良いのも納得できる。

 

という事で、レゾネーターはわずか40分ほどで切り取り、元に戻した。

Img_2001

穴塞ぐためにモリモリになって剛性上がるから音また変わるかなと期待したけど変化なし。単に元の音に戻った。

 

で、レゾネーターつけた状態で車屋さんに行って雑談した時に、ちょっとお勉強させてもらった。

本当かどうか分からないけど、マフラー内の空気は管の外側を這うように動いてるらしい。ちょっと空力齧った人からするとほんまかいな、という話だけど、高温の混合流体が冷えながら流れるので正直普通の生活してる人がシミュレートする環境ではないと思うし、まずは信じてみるが吉。で、その考え方からすると、管の外側に段差があると音も崩れるとかで、基本的には真っ直ぐ綺麗に作るのが良いんだとか。真横に生やすタイプのレゾネーターはお勧めしないよと言われた。なるほどなぁと。

 

という備忘録でしたとさ、ちゃんちゃん。おわり。

« フルコン Megasquirt メモ その⑧ | トップページ | 名品紹介④ まともなCSとサスペンションシートポスト »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルコン Megasquirt メモ その⑧ | トップページ | 名品紹介④ まともなCSとサスペンションシートポスト »