私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その⑧ »

2023年4月 4日 (火)

名品紹介③ 密林10sCS RDM5120 SLM4100

誰に向けて発信する訳でもないけど気が向いたら書くシリーズ。第三回。

例によってチラシの裏なので口語調で。

 

まず、amazonにて3000円位だった10sのCSさん。今でも買えるみたいだけど4000円くらいに値上がってる。→続きを書いたでよ

Img_0760

これが11-32Tでめちゃんこ使いやすい。街乗り用だからステップ比とかはよく知らないし興味もない。レシカバこそ街乗りには必要。フロントは38Tなのでたらたら走る用だけどちょろっと登るくらいならすこぶる調子良い。平成の人は39-25Tとかで激坂登ってたんだし、それからすると超乙女ギアだ。

当初はカンパ10sケンタウルRDで利用。カンパって最大スプロケット歯数の記載がなかなか見つからなくて難儀するけど、フツーにイケました。ノリ的には10sシマノRDと似た感じ。最大28Tと言われたら32Tくらいは飲む、みたいな。あ、でも広島製のチタンケージ使ってるのでプーリー天秤のオフセット入ってるかも。よく分かんない。

 

で、STをやめてSLに、つまりフラットバーで乗りたかったので、カンパを辞めざるを得ず、10sのシマノ系コンポを漁った。もちろんフリクションならカンパのままでも良かったんだけど、気の迷いでインデックスへ。

10sなのでロードとかMTBとかの区分けがない理想的な時代じゃないのー?と思いながらも、なんだか”そういう気分”だったのでMTB系コンポを探る事に。

RDはひとまずM5120をチョイス。去年は4000円ちょいで拾えてたけど、今は7000円前後程度になってるみたい。高くなったねぇ。

これはDYNA-SYSダイナシス?ではなくシャドー?とかいうやつ。スタビ付きで+(プラス)という名前が付くみたい。よく分かんないけどたぶんシングルテンションって事なんだと思う。ロード系の手元でも引けると高を括ってたけどロード系との互換は無いらしい。悲しい。いうてよく考えたらSLのRS系って今手に入るのは700になっちゃうっぽいし、ロードと言っても11sになってしまうっぽい?トレッキング系だとT6000だとか色々使えるみたいだけど。

ひとまずこれをSL-M4100で引く。3000円くらい。たぶんシステム構成としては上手い事中古品を拾うなどすれば令和のこの世でも安く仕上がるはず。フラットハンドルも1500円くらいで拾えば良い。グリップが600円くらいかな。BLはお気に入りのやつが1200円(既に3set買ってる)。BLインナケーブルが落とし穴でロード資産が使えず新規に必要、600円くらい。計1万円ちょっと。まぁ趣味としては可愛い所に収まってるかなと。

 

で、組むと、何だか良いじゃん。

Img_0771

うーん、MTBコンポって毛嫌いしてたけど、結構カッコイイ。

そう言えば、シマノ社の初MTBコンポと言えばDeore XTで、そのモデル番号はM700。とても綺麗な仕上がりで今見ても美しい。83年販売で、1年後にはコルナゴがC40をリリースする時のものだ。そしてDURA-ACE7400のリリース年でもある。つまりアピアランスデザインの思想がたぶん同じ、たぶん。この時の凝り方は今ではちょっと考えられない。あの美しいシャープな銀色、今でも見たいんだけどなぁ、今のお客さんは黒いものばかり望むからシマノさんも出せないでしょうね。つまんない時代になったもんだ。とは言えこのM5120さん、結構美しい。なんか好き。GRXのRX810さんにも似てるような気がする。

 

話戻ってM5RD/M4SLだけど、これがまた調子良い。うん、これ以上何を求めるんだろう。アマゾン製のテキトーな刃先加工CSが相手でも、とても気持ち良く変速が決まる。自分はロード系シマノコンポの「ブレーキレバーを変速時に倒す」行為が個人的に嫌いなんだけど、なんだ、MTBコンポはめちゃくちゃ良いじゃん。がらりと評価が変わった。ちょっとSLとBLの位置関係がしっくり来ない部分はあるけど、うーん、ここは慣れてない部分もあるし我慢。

 

今ではトップエンドをSRAMに完全に押されているシマノだけど、うん、この価格帯のシマノの安心感は凄く良いね。上モノを作らなきゃいけないんだろうけど、こういう大事な部分は引き続ききっちりケアして欲しいなと切に思う。マイクロシフトなんぞに負けるべきではない。このグレードのシマノはかなり好きだ。頑張って欲しい。

 

つづく。

« 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その⑧ »

06.パーツ考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その⑧ »