私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ロードスターNA ステアリングラックマウント 補強 | トップページ | 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ »

2023年3月20日 (月)

フルコン Megasquirt メモ その⑦

前回の続き。自分用メモ。

 

スタンドアロンで通信できたからヨッシャとクルマの配線を繋げるとがっつりエラー吐いたのでメモ。今回もまたゴールしていない。

やっと少しずつ分かってきた。

まずチップボードの文字はたぶん正解。書き込むファームはMegasquirt moduleだと思う。まだエンジン掛かってないから分かんないけど。

 

で、ツナスタのファームアップデートはほんまは必要無い。はず。

ファーム変わったらプロジェクトを新規に作る。で、そこでファーム指定する。たぶんここのバージョンが違ってるとダメ。conflict with additional injectors とかいうエラーが出たり、素直にファーム違ってんぞと言われたりする(この時ツナスタ側はファームという言葉でなくシリアルみたいな言葉を使ったりする)。

で、ファーム合致してる新規プロジェクト立ち上げたら基本は通信安定する。合致しないときはファームが無いぞとかジャンパーピン刺さってへんかとか脅してきて、それでツナスタからファームアップデートしたりとかしてたけど全て徒労。そもそもツナスタ側のファームアップデート機能って何のためにあるんだろう・・・同じシリーズのマイナーアップデート用なのかな。いや今回は3.4.2と3.4.4ですらエラー吐いたが・・・

 

ただここで面倒な事が。新規プロジェクト立ち上げるとセッティングデータが全て飛んでる。これをLoad tuneで過去データ読ませるとこれまたダメ。えーそんな面倒な事ある?あるんだろうな・・・確かにファームの違いで、増量補正とかの考え方が変わってたりする。例えば前のファームの101%を新ファームでは1%と表現する、みたいな。

これは手でぽちぽちするんだろうか。排気量計算とかから全部やり直し。結構面倒・・・とは言え一度やってみよう。

 

こんな苦労してまだエンジンも掛からないのに放り投げてないのは、やっぱり動いてる時のあの面白さがあるからだろう。サンクコストとかコンコルド効果が無いわけではないけど。サブコンでもフルコンでもROMチューンでも良いからマップ弄りたい。あれ本当に楽しくて。まだまだ道のりは長い。そのうち電気自動車にしか乗れんようになるんだろうけど、どっちが早いか勝負だなぁ。

 

続き

« ロードスターNA ステアリングラックマウント 補強 | トップページ | 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードスターNA ステアリングラックマウント 補強 | トップページ | 名品紹介② ハンガーエクステンダーとCS-HG700/800とシマニョーロ »