私の機材写真

  • Colango C40
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« フルコン Megasquirt メモ その② | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その③ »

2020年9月 5日 (土)

ポルシェ 996 ~ 997 M96エンジン bore scoringの原因 続き





前回の続きです。

Bore scoringシリンダー引っ掻き傷の原因が粗方分かったところで満足していましたが、自分の個体が15kmを超えた事で再度宿題として残していたオイルジェットについて調べる意欲が出てきました。相変わらずですが日本語サイトはヒットしませんね。新規に登場したブログ記事なども見つけましたがやはり油温水温の話ばかり。

ちなみに、プロモデットさんだったかと思いますが、bore scoringしたピストンを並べてくださっていて。見ると1,2,3番はほぼ無傷、それも1番に限ればほぼ新品なレベルでスカートのFMコーティングが残っています。だから油温水温なんだ、と思いたくもなるんですが(実際かなり大きな要因だとは思います)、それにしてもバンク間で損傷が違いすぎませんか、とも思うわけです。油温水温が厳しいのは6番だと思いますが、4番も大体がガッツリ逝ってますよね。5番が無事だったりするのが不可解ではありますが、やはり右バンク特有の何か+油温水温と見るのが妥当と思います。(5番が無事なのは剛性かな・・?)

 

一方海外はと言うと・・・前回紹介したオイルジェット関連に画像付きで言及しているものを見つけました。※ちなみに日本でもみんカラでエンジン組んでる人が居て、オイルジェット単体の画像だけなら見つかります。

Photo_20200905155901  

で、すみません画像だけ保存しちゃったんでリファレンスが思い出せません。確か porsche m96 997 oil jet とかで画像検索して見つけたはずなんですが、今検索しても出てこないです。。ごめんね海外の知らない人・・あとで見つけて貼っておきます。

この画像で全てが説明できるんですが、順に紐解いてみます。

 

まず、シリンダ壁面のオイル供給はどのような流路があるのか。

直列エンジンでは()コンロッドに穴開けて子メタルを流れ終えたオイルがぴゅーっと吹くタイプなどがあるようですが、M96のカチ割りコンロッドを見る限り子メタルにそのような流路は見えないし、コンロッドにも穴は無いように見えます。

SR20L型のように、M96はオイルジェット供給がメインのようです。流路は親メタルの後か単独か分かりませんが、かの有名な籠型のクランクフォロワに設置されている様子。

コンロッドジェットだろうが単体のオイルジェットだろうが、基本的にはピストン冷却用のものと思いますが、クランクとコンロッドが跳ね上げる飛沫よりはシリンダ壁面への供給という意味では役割が多少大きいんじゃないかと思います。たぶん。

 

とは言えこの時点で既にM96は不利なのかもしれません。先述の籠型クランクフォロワがごっつい為、クランクが跳ね上げる飛沫量はかなり少なさそうに見えます。GT3等が使うGT1ブロックではフォロワがシリンダブロック側にある為それなりに隙間があるようです。

 

で、件のオイルジェットですが、素人目には「え、ほんまにこれなん?」って感じの設計に見えてしまいまして。

まずジェットそのもの。クランクフォロワに埋まっててピストンまで遠い上に、ばかみたいに真っ直ぐ刺さってるようです。そしてその位置・・・なんと前回記事で紹介した通りほんまに下の方に付いてます。まじでこんな下なのってくらい下です。オイルを見立てた白い液体でジェットを再現してくれてますが、ほんまに下にぴょろぴょろっと出る感じみたいです。左バンクはこれで良いとは思いますが、右バンクにこれは厳しそうに見えます。

※ちなみにGT3ではオイルジェットが各シリンダに向けて2本あって、しかもノズル式のようです。世良さんのブログを漁れば画像出てくるかと思います。

 

シリンダ壁面には最小限のオイルだけが居て欲しいはずで、元々オイル消費する事を前提に設計されたEgとは言え、過度な壁面オイルがあって良い訳ではないので、これでも十分なのかもしれませんが、なんとも素人目にはピストン冷やす事すら上手くいかなさそうな配置に見えます。

 

 

クーラント流路設計も良いとは言えないでしょうし、思い起こせばインタミだって問題が起きている訳です。GT3はどうにか踏みとどまったあたり、最後の砦はあったんでしょうけど。まぁ、当時数字悪かったらしいですもんね、ボクスターにM96系積んでしのぐしかなかったのでしょう、そのような数字の強烈なプレッシャーがある中で余裕のあるモデル開発をするのは大変な事かなとは思います。

そして文字通り品質問題が頻発、インタミですら3回くらい設変入ってますし、しかも車両制御系への適合に伴う電スロ対応など、もう多忙の極みだったのではないでしょうか。先行開発で直噴用クローズドデッキ左右非対称ヘッドを作っていたのでしょうか、もうええから997後期で積めやそれ、みたいな感じになったんですかね。

何にせよ私の個体は15万kmを超えました。友人の3.8Sスーチャ仕様も10万kmを超えています。知人のM96ボクスターは17万kmだったかな。四国の方には23万kmの3.8Sもあるようです。20万kmの996も見た事があります。

ドイツより寒いところでドライスタートしたり、夏の暑い時に東京に行ったりしなければきっと大丈夫です。海外のフォーラムでは読者アンケートで発生率1~2割でした。10万kmを超えた個体はきっと大丈夫なんでしょう。

 

ちなみに東京は本当に注意した方が良いように思います。

夏の夜の東京に行った事があるんですが、数百mおきに信号が設置されており、常に赤信号に引っ掛かります。そのくせ路駐だらけだったり道の作りがぐちゃぐちゃだったりするので加減速を多用します。こんな中エアコン付けてたら・・・ポルシェじゃなくてもエンジンブローしそうです。加速補正で燃料ドバっと吹いて壁面オイルを脱脂した後にアイドル油圧になる訳で、なかなか酷いコンディションです。

そのようなシビアコンディションでは、オイルは最低でも5千km交換とかになると思います。マニュアル通りの距離でメンテしているようなポルシェがブローしてるのではないかと邪推しています。

 

ひとまずオイルジェット関連はとても納得したのでこれにて終わり。

あとは材質関連を気が向いたら調べてみます。

« フルコン Megasquirt メモ その② | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その③ »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルコン Megasquirt メモ その② | トップページ | フルコン Megasquirt メモ その③ »