私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« サスペンション幾何 | トップページ | ポルシェ997.1 車検上がり メモ »

2020年8月 2日 (日)

ER34 RB26 450ps 試乗

友達が乗り換えて随分経つ。乗ってみたい乗ってみたいと言うてたやつ。S14前期も乗ったしFDも乗ったしS14後期も乗ったし、なんだかんだ車歴はずっと追ってる気がする。全てレース屋の車屋が仕上げたもの。全部良かった。

自分は埼玉という極東の国に来てしまい、友達は広島という西の楽園に移ってしまった。機会がなかなか作れない中でこのERは今回やっと乗れたので備忘録を付けておく。

 

箱はERで、EgはRB26になっている。ブローしたブロックとヘッドを研磨&ボーリングして使っている。HKSか何かのピストンコンロッドを使ってざっくり2.7リッターくらいになってるらしい。タービンはよく分からないのが2つ付いてる。ECUはパワーFCでブーストは1.3くらい?だったかな。450馬力無いくらいに仕上がっているらしい。

タイヤは前後265のRS4で、足はDG-5のHPIで16k-14kくらいとか。キャリパーはRのブレンボでローターは何かのフローティング355パイ。リアも大きいローターになってる。軽量化はしていないが公認時の体重測定で1410kgとなっていて車格の割りに軽い。

 

自分はこの時代の日産車というとシルビアくらいにしか乗った事がなく、スカイライン系はGTR含め乗った事が無い。34Zや35Rは乗ったがシルビアとの差は雲泥であり、正直シルビアはスポーツカーというより遊びカーという印象が強い。下品で雑なあの加速感はなかなか忘れられない味のあるものだが、箱や足の質の悪さも同様に忘れられない。それは過去記事にも書いた。これ とか。

ER34も年代的にはシルビアS15に近い。ので、そういう先入観で乗った。「いうて日産車でしょ」みたいな。

 

 

まず加速。

やっぱターボは良いなーーーーの一言。ブースト掛かった時の脳みそ偏る感じ。NAだと優等生に綺麗に伸びていく。500psのNAになると流石にドカンと来るものがあったけど、やっぱりそれでも綺麗な暴力という感じ。ターボのあの雑で汚い殴り方は中毒になるに十分。1.4トンで450馬力無いくらいとの事なので、びっくりするほどブッ飛ぶという感じは無いけど脳汁はドバドバ出る。きっとRB26の直6サウンドのせいもあるだろう。触レスとは言え太鼓付きのマフラーなため爆音というほどでは無いが、とにかく澄んだ音で耳の奥の大事なところに響く。腹に来る音ではない。ちゃんと音楽として耳で聞ける綺麗な粒揃いの音。直6はやはりyoutubeではなくリアルサウンドが尊い。生きてて良かった。

 

次。足。

このDG-5というのがオススメだと何度も何度も聞いていた。何の略だっけな、ドリキンのDと源吾のG5だっけか?とにかく競技系ではよく見る。レースばっかりやってる怪しい車屋に行くと高確率で「良いらしいよ」と聞くやつ。この車両に付いているのはHPIスペックのもの。当初色んなグレードを作っていたらしいが、その初心者向けというのがHPIスペックで?結局プロ仕様だとかよりこっちの方がええやんけ、という話になってるとかどうとか。DG-5は色んなところがカスタムして使ってる?らしく、その比較動画なんかも見たことがある。確かHPIスペックはショック単体で縮めるととにかく戻りが遅い。伸び減衰が強いらしい。

 

乗ると結構分かる。横Gいっぱい残ってる状態でギャップ踏んですぐブレーキ、みたいなシチュエーションが難なく熟せる。ギャップをポンと乗り越えた後にドスンと落ちる。跳ねない。タイヤが地面にくっついている時間が長い。べったりしている。峠みたいなとこで安心感がある。こういうのが踏んでいける足なんやろなぁといった処。サーキットで良いのかどうか分からないけど、ダブルレーンチェンジみたいな動きでもパキンパキンとこなすし、地面とは べったり のクセに軽快さがある。ので良いような気がする。(サーキットでは何が必要なのかよく知らない)

 

次。箱。

GTRの箱じゃないしERもシルビアみたいなもんでしょと思っててすみませんでした。ぜーーーんぜん違う。どっしりしっかりしている。サブフレームがこれGTR用とかなのかしら。きっとボディだけじゃない気もするけど、少なくともボディは補強無しの吊るしな訳で、こんなにタフなんだなと。ハイレートバネなのに、横G掛かってギャップ踏んでも捻じれるような動きを感じない。足がバタバタしてボディがギシギシする感じがない。あくまで感覚なのでちゃんとボディ捩じると数字出ないのかもしれないけど、とにかく箱に対する不満(不安?)は無かった。

 

次。ブレーキ。

よく止まる。十分。ポルシェより止まる。スゴイネー。(ポルシェが止まらないのはこちら)

で、これに関連してだけど。1410kgの車重の配分は800-600くらいでフロントがそれなりに重い。こういう車はお尻がふりふりしちゃう。はず。それはブレーキの時もそうだし、曲がる時もそう。いっつもお尻を気にしながら右足と相談をしていく。はずなのに、このERは、足が良いせいもあるんだろうけど、そしてきっと足のジオメトリ(前後ウィッシュボーン系)も良いんだろうけど、お尻が暴れることが無い。逆に頭の重さも感じない。攻め込んでいくと違うのかもしれないけど、「うわ~FRだね~」って感じはしなかった。フロントがしっかりしたRRに乗ってるみたい。

 

ちなみに265rs4はほとんど発熱してなかった。自分は1440kg997F235R275だが、ちょろっと走るだけでガッツリ熱が入る。それも前後とも。元々熱が入りにくいrs4なのに手軽に温まって安全サイドではあるが、裏を返すとキャパが無いという事か。似たような車重に似たようなタイヤ幅なのにこうも違うとは驚き。

ホイールベースが違う(2665 vs 2350)から同一コーナーでのSAが違う。それが効くのだろうか。もしくは空力?ポルシェはフルフラットだから割と馬鹿にならない。ブレーキの余裕も997は無いからローター発熱も手伝ってる可能性もある。

デフが強いとタイヤがタレ易いと谷口が言ってたけど、この34は純正ニスモデフのシム増しできっちり効いている。15kmノーメンテの997カーボンLSDはほぼ効いてないだろう(雨の日に「あーデフ入ってんのね」と分かる程度)

結局よく分からないけど、似たような車重に似たようなタイヤ幅でも結構違うんだなというオドロキのメモ。

 

総じて、きちんとしたスポーツカーでしたとさ。たぶん吊るしではこうならない。分かってる人がバランスを見ながら組んだクルマって、こういう動きになる。オーナー(友達)は整備する際、何も言わないらしいし、何も聞かないらしい。そういう信頼関係の元で、そういう役割(乗る人と作る人)の元で、仕上がったクルマは気持ちが良い。

 

久々に感動する出来事でした。生きてて良かった。ちゃんちゃん。

« サスペンション幾何 | トップページ | ポルシェ997.1 車検上がり メモ »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サスペンション幾何 | トップページ | ポルシェ997.1 車検上がり メモ »