私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« Z34 C63 135M A250 NB8 997GT3 | トップページ | ポルシェ退院メモ »

2020年2月24日 (月)

アクア ダウンサス 備忘録

とても感動したので日記としてメモしとこうかなと。

NHP10のアクアで足回りを何かしようとした時、お猿さんたちはすぐ車高調を手に入れようとするでしょう。アクア用としてNCP131ヴィッツの車高調なども使えるようだけど、TEINやラルグス(ブリッツ)、ファイコネ、タナベ、その他ビルやオーリンズなどが射程に入る感じかな。でもそれをアクアに入れるのは何か違うような気がして。

今まで敬遠してきたダウンサスというものに手を出そうという運びになりました。人生初です。お猿さん脳ではダウンサスはダメだ!ってなりそうですよね。自分はかなり考えが変わったので布教含めメモをば。


 

ダウンサスを眺めるとアクア用としてはモデリスタやカヤバ(KYB)、RSRにエスペリアってとこになるかと。ただどれも高い。中古のGs足が買えちゃう。新車外しのGs足が高くても5万とかで、そこそこの中古なら3万程度。ならそっちの方が良いでしょって気がするし。たまたまモデリスタの出物があったけどそれが他より安くて1万円程度。でも20mmのダウン。うーん。。。それってツーリングパッケージと変わらんのでは的な・・・

ZOOMさんのバネも安くて、送込1万4千円程度。保証もあるとか。レーシングギアさんもそんくらい。次はエスペリアさん?1万6千円程度。使ってる人が多い。タナベさんで1万7千円程度。なかなか悩む額ですね。


って事でみんな大好きヤフオクバネにいく訳です。ヤフオクに流れている怪しいバネは色々あるけど、前後とも直巻きではないものをコンスタントに出品されているのはCUSTOM_SUSさんかな?2週間ほどウォッチしたけどずっと居た気がする。直巻きならあと2社ほどあるようですが。

安いとは言え送込1万2千円もするのでマトモな社会人なら保証付きのちゃんとしたメーカーバネを使うでしょうが、幼少よりずっと続けてきた悪癖「安物買いの銭失い」の発作が起きてしまい、気付いたら家にありました。でも評価2万件もあってなんと良評価100%という数字だったんですよね、普通良くても99.9%とかだよなぁと思いながらボタン押してました。(本当にちゃんとした社会人なら車高調かショック付きのコンプリート足を買う、もしくは純正で満足する、そもそも自分で作業しない)


ま、まぁこの時点ではダウンサスというものに懐疑的だったのであまり高価なものを買いたくなかったんですよね。この価格帯だとメーカーもん買っても送料や手間を考えると中古出しでペイしませんから。一種の賭けです。

バネレートはF2.3k/R2.5kで、まぁまぁ他社と似たような感じ?かちょっと高めかなと。表記通りなら。

組んでみるとスプリングコンプレッサーも要らない程度の全長で、アッパやロワとのフィッティングはとても良い。ただ0Gでリアは浮き気味かな?遊びがあるわけではないけど、ちょっとプリ不足気味?TBAはこういうもんなのかな、バネが真っ直ぐ縮まない=0Gでロアとアッパに角度が付く、から仕方ないのかもしれないですね。


ともあれ着地させて30kmほど走って馴染ませたところで車高はフェンダーアーチとタイヤの隙間が一定な感じで大変GOOD。ダウン量は測ってないけど表記通り30mm程度かな?とにかく見た目が物凄くシマる。全く違う車に見えちゃうほど。佇まいとしてはゴルフGTIやらRやらと同じ匂いになる。ほんとこれを純正にしてくれれば誰も苦労しないのになぁ、なんて。あでも最近のトヨタは頑張ってるのでそのまま貫いて欲しいなぁ。


因みにホイールはPF03で6.5jのプラ45だったかな、195履いてリア20mmワイトレで車検限界ツラな感じ。これも外車チックになった要因。日本車は何故あんなに電車なんだろう。設計大変じゃないの・・・?その制約条件本当に要る??

 


で、まぁ見た目は置いといて。とっても満足なんだけどそれは車高調でも同じ事出来るし。

乗り味。これが気になって気になって。ドキドキしながら乗り込んだのを覚えてます。で、乗ると・・・


もうほんと・・・純正は何だったの??これが純正で良いよと。とってもとっても良いです。このダンパーはダウンサスに合わせて作られてるのかなと疑っちゃうほど。とにかく質感が良くなっちゃって。

乗り心地は良いしフラつかないし。しっとりしてるし跳ねないし。アライメントが心配だったけど、ちょっと違和感があったので1/4回しでアウトに振るととても良い感じに。ネジピッチ1㎜なら0.25、タイヤ端で1㎜トータルアウトくらいかしら。これがとっても良くて更に綺麗に進むようになりました。

アクアだから何でも大丈夫でしょと思ったけど少し気になってキャンバーも測ってみたらフロントでtan角=3/260くらい、リアでtan角=5/260のズレ。ざっくり0.5~1度あたり。スポーツカーだと”ぐちゃぐちゃ”と言われれる領域かなぁ、リアはどうしようも無いしフロントも調整幅はかなり小さいのでトーで誤魔化すのが妥当かと思うけど、乗れば綺麗に進むしFFのEPSってやっぱり偉大。

 

何より、この状態で低速の質感だけならポルシェは全く勝てないし、ロードスターもここまで良いっけな?といったところ。ポルシェは入院中なので、アクア→ロードスター→アクア→ロードスター→アクアの順で乗ったけど、やっぱりアクアの質感はかなり良い。本当の街乗りというか、40~60kphくらいの範囲で、ゆったりリラックスして乗った時の気持ち良さがあります。ロードスターはハンドルを切れば絶対に負けないし、加減速は負けないし、それなりに綺麗な路面なら良い勝負って感じ。ちょっと流す感じで軽く踏みつつだとロードスターはとっても良いけど、ぼーっとしてゆっくり走るときのリラックス感はダウンサスアクアの方が良いですね。

 

これは本当にびっくりで、純正足のアクアってほんっとボヨヨンバタバタとしてて、ハンドル切れば転がるんじゃないかというような揺り籠状態だったから、ダウンサス入れたくらいじゃそんな変わらんかなぁアンチロールバーも要るかなぁと思ってたのに、ここまで良くなるとは思ってなかった。真っ直ぐ走るだけでかなり心地良いです。そもそも純正ダンパーなんだから合わないでしょと思ってたんだけどなぁ。

自分で作業したから情が入ってんでしょ?という自問もあったけど、これまでも実験失敗したことはいっぱいあったし、良いと思ってやった事が全く効果無い(=現状維持)みたいな事はいくらでもあった。ので、それなりにプラセボは取り除けている方だとは思ってます。

 

 

今回のダウンサス、妄想だけしておくと、おそらく偶然の減衰力のマッチングと実質的なストロークアップと動作と認知の合致が進んだ事があったのかなと。

 

減衰マッチは全く良く分からないけど、もしかして純正はバネが柔いからちょっと高め減衰にしてたとか?そんな仮定で合ってるのかな、勉強不足で分からない。とにかくボディ剛性感との兼ね合いと言い、スタイルと言い、減衰マッチングと言い「最初からこれだった感」がとっても強い。

例えばロードスターはお世辞にも純正とは言い難い。乗り心地は良いんだけどあくまでチューニングカーの乗り心地の良さ(by稲田大二郎)という範囲。ポルシェは、ボディは生きてるのに足回りが劣化してて「新品の時は凄かったんだろな感」しか無い。こちらもこちらでお世辞にも今が純正だとは言えない。そんな中アクアは本当に「これが純正です」と言える完成度になった。とてもびっくりしてます。

 


実質的なストロークアップについては、車高が落ちた分以上にバンプラバを切ってるので、レートとの兼ね合いもあって、一定領域から先で純正より柔くバンプしてる可能性があるかなと。でーーも街乗りでそんな使い切らないよなぁという気もする。あとは車高が下がってるのにショックストロークはそのままだからリバウンドストロークは明らかに増えてるはず。でーーーーもそれも街乗りじゃ関係ないよなぁという気もする。一般論的に言えば、ストロークアップ自体は必ずしているはずなので、純正状態によってはダウンサスは悪いものでは無いのかもしれないなと。欧州車のように常にバンプタッチさせてるような車はどうなるんだろうか。何れにしても確実に伸びストロークは大きくなるから、それは良いこともある気がする。レートアップとは関係なく、実質的なプリロードの低下になるから、感覚的にはテンダーを入れた全長式車高調と同じような状態になるのではないかと。この感覚は無かったのでとても勉強になりました。

 

動作と認知の合致は確実にあると思ってます。バネが柔いとその減衰に関係なく、ハンドルを切って旋回を始めた先の重心位置は直進を続けます。しかもロール方向に回転しながら。人間様は大抵頭部でこれを感知すると思うけど、この直進&回転が小さい方がストレスは小さいだろうと思うし、「ストレスがあるぞ」と思って運転する事自体がストレスで複利効果があるはず。だから精神的に楽になった部分が大きくあるのではないかと。

それは大きくハンドルを切るとき以外にも、多少曲がった道路に沿って走るだけでもあるかなと。これが心地良さに繋がった可能性あるかな。だったらロードスターもポルシェも上じゃんと思うけど、あれは上下動が激しいから。だから綺麗な道で曲がりくねった道だと気持ちよく走れる。ポルシェはブッシュがヤレてるからロードスターより質感が落ちる。でも空力が良いから一定領域から上で上下動やタイヤグリップに対する信頼のストレス度合いがロードスターより良くなる。音も小さいから耳のストレスも減る。それがお互いの領分の違いになっているんだと思います。


あと回生時の荷重の乗りが良くなったのも同ジャンルの現象だと思います。車高が多少落ちたお陰で同一減速G下でのピッチ方向荷重移動量が減る。ついでにバネレートが高くなったからピッチ剛性も上がって姿勢としては複利でダイブに強くなる。これがまたちょうど良い程度のダイブでとても気持ち良い。荷重移動量自体はまぁ別にどうでも良いんだけど、このアンチダイブが動作に対して欲しい分の姿勢になってストレスが小さくなるものと推察してます。(因みにアンチダイブはMAXだと、つまり全くダイブしないようになると、それはそれで人間様が不快に感じるらしい。人間は中庸を好む。)

 

と、以上3点を妄想してみる。合ってるかどうかは分からないけど、とにかく人間様が正なので、アクアが気持ちよくなったことに関しては正として認知する必要があると思います。

なかなか衝撃的な体験だったのでメモしておきました。長距離乗ってみてそのストレス度合いを測ってみようと思います。こと高速道路だけならポルシェは往復800kmを1日で出来ます。これにどこまで近づけるか。はたまた高速ではまた全然違った顔を見せるのか。楽しみにしとこっと。

« Z34 C63 135M A250 NB8 997GT3 | トップページ | ポルシェ退院メモ »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Z34 C63 135M A250 NB8 997GT3 | トップページ | ポルシェ退院メモ »