私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« UPHILL ONLY | トップページ | レブ »

2016年2月 2日 (火)

初回的な

ついに禁を破った新カテゴリ

自転車以外の事は書くまいと心に決めていたような気がするんですが、もう最近は書いて良いことがほとんど無くて。自転車は毎日やってるんですが・・・

ってことで新カテゴリ。私にとっては敷居が高いROMチューンの話題を。
ROMチューンという言葉を聞いてピンとくるオジサンたちも、現代の「自分が操るのではなく、機械に操られる時代」に対し将来を悲観しながらも自分の領域の中で頑張っていくことを決意する若者たちも、何かしらほっこりするカテゴリになったら良いなと。

現代のこの何も弄れない文化については、別にそれが悪い事ではないですし、そういうものなのだからと受け入れつつも、糸口を見つけ一筋の光にすがるように、ほそぼそと、楽しい事を探していく他ありません。

そこに輝くROMチューン。本当はフルコンが良くて、FコンVプロとかフリーダムとか考えたんですけど(実際、心優しい人が制御ソフトはくださいました)、まぁそんな敷居の高いものはすぐには手が出なくて。

いやいやROMチューンも敷居めちゃくちゃ高いですけどね。私みたいに電気の事が全くわからない輩は本当に運が良くないと何も出来ないと思います。私に関しては、運よくポンプちっくな人がROMライタを投げてくださって、そこから勉強を始め、PCが2台ほど生えてる感じです。自転車で言うところのフレームからパーツが生える現象です。

ってなわけでまぁROMチューンのよもやま話などをしていこうかなと。

***

きっかけは何気なく落としたチューンドROMです。追加基盤付のROMに何やらチューンデータが入ったICがパチッと留まってまして。

これが中々面白くて。
やっぱ人のチューンって勉強になりますよね。

参考までにB63Hの純正マップがこれ。
Photo Photo_2

ほんで落ちてたチューンド。
Photo_3 Photo_4

燃料の吹き方がまるで違いますよね。あぁ、ここまでやって良いんだ、っていう参考になります。
よく、B63H純正はタコマップだと言われますが、まぁ確かにここまでガラッと違うとそうなのかもしれないという気になってきます。

よく見ると純正は意味がすぐには掴めない谷があったりして、これはどんな意味があるんだろうなぁとぽかぽか考えて楽しめます。

とにかく、なんだかよくわかりませんが、点火はそこそこに燃料は吹き方を変えてあげると楽しそうです。
単純に、低回転では出力空燃比を、高回転ではノックしない程度に薄く・・・な感じでしょうか。

このチューンドマップを少し弄っていく形でチューンを進めていくのが良いかなと考えてます。

ってなわけで。
ではまた。

« UPHILL ONLY | トップページ | レブ »

99.ROMチューン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« UPHILL ONLY | トップページ | レブ »