私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ラスト相模湖行ってきた | トップページ | 盗難 »

2013年10月16日 (水)

スットコ ADSL

3分クッキング的な

ちょっと前にご紹介したと思いますが、トップチューブが割れたScott Addict SLが入荷しておりました。

割れとは言っても酷いものではなく、
Img_20130704_201400
この程度だったんですよね。
もともとが薄いからクラックはもちろん貫通してますが、パイプ半周くらいの割れでした。

と、なれば後は簡単なものです。

まず、どこのご家庭にでもあるカーボンクロスを用意します。
Img_20130704_225229

今回は贅沢にもT300か何かの3Kを使います。いつもなら安いUDですね。たまにT700SCのUDも使いますが、これも125g/m^3くらいだったら安いんです。

そして、どの友達も持っている樹脂を借りに行きます。
Img_20130704_212323

後は何も考えずいつものように、
Img_20130706_004122

どーんとやって

Img_20130704_222524

ぱーんと乾かして

Img_20130706_004417

ずばっと取って

Img_20130824_172536

完成です。

何も問題なく乗れてます。
トップチューブだから当たり前ではありますが。

何より面白いのは元々のフレーム。
インプレは別に書こうかと思いましたが、いつになるかわからんのでここで軽く。

まず何より軽いんですね。
ちょっとしたスロープをかる~いプッシュ・アンド・プルの要領でクリアしようとすると、簡単にリアが浮きます。

それもそのはず、フレーム重量が800g台なんですよね。こりゃーしょうがありません。
なのに華奢な感じが全然しない。バニホしまくってますが、ほんとに丈夫です。

それから、全体の軽さって振りにも影響するんですね。ダンシング時の振りがものすごく楽です。
この感じはキャノンの超6エボでも同じでした。あっちの方が100gちょいくらい軽いですけど、感触は一緒。軽いフレームって全部あんな感じなんじゃないですかね。そう言えばISPで960gのギアントTCR-ADVも同じだった記憶が。

あとはフロント周り。純正のフォークが嫌いなのでtimeに変えてますが、スタックが違うからキャスターも変わるんですよね。
このお陰で超クイックになってます。でもオフセット43だから嫌な感じじゃなくて、ダンシング時のキレが凄いってくらいなもんです。むしろ良い方に振れてんじゃないかなと。

しかしスコットの設計思想は意味わからんちんですね。
最近復活したAddictで「うん、それやん、最初からやれや」って思ったわけですが、なぜこの時代のスコットのフロント周りはこんなにも不可解な形をしてるんでしょう。

これはAddict R3のインプレの時にも書いたと思いますが、意味のわからんフォークブレードの造形に無駄なスタック、そんでもって何故かトップダウンの接合を寄せる不思議、などなど、フロント周りは不思議がいっぱいです。

トップダウンを寄せるのはトレック思想でもあります。5000の時代にやってましたね。あれは捻れに対する剛性を稼ごうって腹でしょうが、こんだけカーボンが自由に使える時代に何を考えてんでしょうか。

かと思えば、リア周りは本当によく出来てて、これまた不可解。
BB周り、チェーンステイ、シートステイ、どれを取っても納得できる出来です。このクオリティでフロントも作れば良かったものを・・・

あとはあれだ、トップチューブも最高ですよね。シート接合部が。もちろんこれはシートステイの接合にも密接に関係してます。このあたりの造形は本当に素晴らしいと思います。
もちろんこれはダウンチューブにも言えて、BB接合部は同じく最高です。綺麗です。そもそもBBが最高です。

フロント周りさえちゃんとしとけば、本当に本当に最高のフレームやろうなぁと思います。とは言え、その不可解さが性能に現れないから面白いですよね。
乗ってて気持ち良いんですよ、スコットって。ちょっと低速に振りすぎちゃうかー?とは思いますが、R3もSLも、下からグイグイ来るタイプの"気持ち良い"バイクです。ヘッド周りの違和感は全くありません。

やっぱりカーボン作るのが上手いんだろうなと思います。テンテックだっけか。流石です。(SLもテンテックかどうかは知りませんが、レベルは高いところがやってると思います。たぶん)

かと言ってあの造形が良いとは到底思えず、あれでこんだけ出来るんだったらちゃんとしたらどうなるんだ・・・という思いがありました。
その答えが復活したアディクトだと思います。出来るんやん・・と。乗ってないから強いこと言えないけど。


まぁそんな感じで。
良いバイクだと思います。デザインもこの時代のスコットの中ではSLが一番良いかな?フロント周りのデザインは最悪だけど、リア三角なんかは本当に綺麗ですし、ペイントもいつものダサアメリカンなものじゃないですからね。

何だかんだで言いたいことはほとんど言えた気がします。
もうこれがファーストインプレでいいや。とりあえず、フレーム価格40万なだけはあるなぁと思いました。まる。

ではまた。

« ラスト相模湖行ってきた | トップページ | 盗難 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

これって塗膜はがさずにカーボン巻いてるんですか?
すごいですね、、。

後輪はZONDAなのか?えらい事になってる()

nicegoodとかいう人

何をどう見たら塗装剥いでないように見えるんでしょうか

1枚目の写真にある通り45度のUDカーボンが見え、一部削りすぎて0度(と思われる)が見えています。だいぶFAWの低いカーボンなんですねスットコ。・・・って今見返して思ったのでコメント。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラスト相模湖行ってきた | トップページ | 盗難 »