私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« Anchor Racing-Neo-Cot RNC7 インプレ | トップページ | 現行Mavic R-sys × Giant TCR ADV »

2013年4月28日 (日)

Giant TCR Advanced 2006

美しい細身のカーボンフレーム

※セカンドインプレはこちら

Img_20130427_113133 Img_20130427_145242

随分前に「実験用にどうぞ」とTCRを頂いておりました。提供者様に悪いなぁと思いながら保管していたのですが、この度ようやく組むことが出来ました。

実験用ということでカーボンをゴニョゴニョする予定なんですが、まずは初期状態で乗ってみようということで。
(私が持っているフレームにしては珍しく、割れていないんですこれが。事故車なんですけどね)


というわけで、今回は小ネタシリーズということで、インプレしてみました。

ホイールは練習用にと高校生に組ませたAeroheadリム+74ハブ+童貞王2mm、レー1(とコスミック)です。コンポはマルゴで、クランクとチェーンリングがRotor3DTi+オーシンとなっております。

で、インプレする前に。
このフレーム、Giant好きでもそうでない方もちょっと知っておくべきことがあります。

まず、フレーム重量がISPなのに960g前後ということ、フォークも300g程度ということ、の2点があります。2006年でこの数値を出してるのはGinat以外だとTimeのVXRSくらいでしょうか。ISPでこの数値は現在でもそこそこ良い位置付けになりますよね。Giantの技術力の高さが窺えます。

そして、TCRの使用カーボングレードの変遷。これは押さえておくべきでしょう。
この2006はT800+M40のはずですが、2007で微妙に形を変えながらなんとT1000を使い出します。その後何かあったんでしょう、2008でT700になるんですよね。しかも形が大幅に変わります。次の2009にはまた微妙に形を変えてT800に戻ります。
このあたり凄く面白さを感じるのは私だけではないはず。楽しい何かがあったんでしょう。


と、まぁひと通りニヨニヨしたところで、インプレしてみましょう。

やはり細身の軽量フレームということで、微妙な心境になりながらも、やっぱりGiantだしなぁという思いで漕ぎ出します。

すると、うーん、普通のフレーム・・・
軽いことは軽いんですが、特別何かがどうにかなってるわけじゃないですね。剛性は若干高めですが、現在のGiantをご存知の方からすると、拍子抜けするレベルの低剛性だと思います。

ただし乗り心地は良いですね。ホイールのせいもあるかもしれませんが、小気味良いコツコツ感で現在でも通用する味の良さがあります。

その他は別に何もコメントすることがないくらい本当に普通です。たぶん、Giantって書いてなかったら何処製かわからないですよこれは。
悪く言えば何の特徴もない、良く言えばバランスが恐ろしく良い、そんなフレームだと思います。現在のレーシングバイクに通ずるところがありますね。

ただ、軽いことは軽い!ここは間違いないです。ヒルクラバイクとしては現在でも通用します。剛性もちょうど良いので、ヒルクラレースには持って来いなフレームかと思います。

あと見た目が美しいのが嬉しいですね。極度のスローピングや、シートステイの歪曲を除けばその他は文句の付けようがないです。
これがもし、パイプ径と接合部分の綺麗さをそのままに、弱スローピング(7度くらいまで許容)でシートステイが真っ直ぐだったら、卒倒しそうなくらい美しいものが出来ていたでしょう。
それこそVXRSに対抗できるくらい素晴らしい美しさをもったフレームになっていたかと思います。

このあたりがちょっと残念なところではあるんですが、今のままでも十分綺麗ですし、良いフレームやと思います。

そんなわけで、2006年のTCRのインプレでした。

続きへ

« Anchor Racing-Neo-Cot RNC7 インプレ | トップページ | 現行Mavic R-sys × Giant TCR ADV »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

すげーどーでもいいはなしかもなんですけど、このGIANTのISPとVXRSのISPって仕組み違うじゃないですか?

ちゅーことはシートポスト差込式のVXRSのほうが重心バランス悪いって考えてみたら、こっちのほうが走りの性能高そうっすね…

まぁ他にもいろんなファクターあるんでそれだけではいえないでしょうがw

やまとちん

いやーwそういう次元じゃない気がするw
そんな高々数g~数十gの世界でどうにかなるほど均衡取ってないですよ。
とにかくもうTimeはTimeなのでTimeです。もうあれはどうしようもないです。やまとちん羨ましすぎて。私もVXRS欲しいよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Anchor Racing-Neo-Cot RNC7 インプレ | トップページ | 現行Mavic R-sys × Giant TCR ADV »