私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ダメでした | トップページ | 自作ウッドディスク 何故かカステ工房へ »

2013年2月12日 (火)

Giant MCR

普通のバイク

Bbi5xrwccaekpc1 Bbi3dhacyaa6kh9pp

私にY-foilを託してくださった方、今はこんなバイクに乗っているようです。フロントにVR-10を入れてくださってるあたり嬉しいですね。K2T2やってて良かった(笑)
この方、他にもリンスキーCXやLITESPEEDカーボンなども所持しておりまして・・なんだかとんでもない方です。

これ系のコレクターで(日本人の)有名どころはVoldemort氏や板金コルナゴ(勝手に命名)氏でしょうか。でも公開してないだけで世の中には変な人がいっぱい居そうですよね。そういう方のコレクションをこのブログで晒していくのが私の夢の一つだったりします。


さて、今回紹介するのはGiant MCR、言わずと知れた非UCIバイクの代表格の一つでしょう。
年代的には90年後半のものかと思われます。80年、90年、このあたりは変なバイクが色々あって楽しいですね。最近は全くと言って良いほど見かけませんし寂しいところです。


いきなりインプレをしてみましょうか。
もちろんいつも通り距離は乗ってません。ちょい踏みだけです。ちょい踏みインプレって大事だと思うんですよね私は。レースをしない自転車趣味の人間にとってはちょい踏みが命です。複数台所持なら尚更。バイクを変えた時の感動を味わうために生きているようなもんですから。

さて、乗ってみますと、すっごい普通なんですよねこれ。この見た目とのギャップが良いですね。真っ直ぐ進むぶんにはかなりしっかりしてるなぁという印象があります。
マイナス要素としては重さを凄く感じるなぁというものがあります。特に登りなどでは重さを感じます。クランクが悪いのかなぁなどと思ってみるのですが、たぶんフレームのせいもあるんでしょうね。縦剛性がしっかりあるので、パッと乗るぶんには不安は感じないのですが、横剛性は少し低めなのかもしれません。
重さの原因はホイールかなぁとも思ったんですが、イザルコにインスコされていた時はすこぶる良い(=言うほど重くない)ホイールだと感じましたし、やっぱりフレームの要素が大きいのかも。でも駄目だーってほどのネガじゃなくて、個性の範囲に収まるものだと思っています。


そんなMCR、マイナス要素として一番大きいのは設計です。
まぁこれ系のフレームなんで、設計のネガが無い方がおかしいですし、これ系が好きな人はこのネガすら楽しむのが普通です。もの凄い笑顔で「これはここがダメなんですよ~」って言ってくるのが慣例ですね。

最初のネガはここ。
Img_20130208_224136
普通の首のアーレンキーではリアブレーキの取り付けが出来ません。特殊なものか、自作した工具を用意する必要があります。

次はこれ。
Bbi48qcceaew99n
一見普通に見えるFD台座ですが、チェーンラインマージンを無視した設計のため、変速調整が難しいようです。アウター固定かインナー固定にするのが良いでしょう。FDなんて要らんかったんや!という境地が大事です。

あとはこれ
Img_20121222_052457
内蔵式のアウターですが、引き抜くことが出来ず、純正を使うほか無いようです。この純正がヘタっていれば、ちょっと苦労することになりますね。
ちなみに私はワイヤーの内蔵は大嫌いです。空力だか見た目だか知りませんが、ワイヤーはオーソドックスな形で外装にするべきだと思っています。別に内蔵にしたところで空力は変わらないと思っていますし、外装の方が見た目も美しいと思っていますし、そもそも整備する側の人間の気持ちを無視したフレーム作りというのが許せません。個人的な意見です。


まぁ色々とネガはありますが、これ系のフレームはそれも含めて所有欲を満たしてくれます。現代にもこのようなフレームが必要だと強く考えています。

余談。
実はこの方、こんなフレームも持っています。
Img_20130209_023721

シリアルナンバー等の刻印が一切無い、本物ロゴのCerveloサーベロ、650Cでトップ560のアルミTTフレームです。もちろんモデル名は不明。

アルミフレームですが、現代には見ない接合の美しさを誇ります。コストというか手の掛かり方が半端じゃないフレームです。溶接ビードは全て綺麗に研磨され、複雑な形状をそれら綺麗な溶接で造りあげております。

このフレーム、ISPの途中でエアロパイプが途切れていますし、シートの凹みは別板の溶接で作られております。BB接合も複数パイプによって形成されております。

まず以って市販はしないだろうなという造形。こういう手間度外視のフレームは神々しさすらありますね。素晴らしいです。良いものを見せて貰いました。

たまにこういうものに出会えるので自転車は辞められないですね。ほんと。

ではまた。

« ダメでした | トップページ | 自作ウッドディスク 何故かカステ工房へ »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

ちょい踏みインプレは読んでみて確かに…っと言う感じです(´∀`)ガッツリ試乗しようと思ったら数週間借りないと無理ですし現実的ではないです、それに良い物でもずっと乗ってると慣れて来ますからね。

パッと見た感じ走行性能は怪しい気がしますが普通に走るんですか、コーナリングはどうなんでしょうか?まあダウンヒルで攻めた走りをするような自転車ではないでしょうが(;^ω^)

ワイヤー内蔵は掃除しやすいので個人的には好きです、ボトルから垂れたダウンチューブのジュースをサッと拭けるので( ´∀`)b 整備は人に任せるから整備がしずらくても一切関係ないっとプロ選手が言ってましたし

kazuさん

コーナリングも別段おかしいところ無く普通のステア特性を示しますよこれ。重さを感じることを除けば普通のバイクです。ブラインドテストしたらマッシブな感じやねぇ、くらいの感想しか出てこないと思います。見た目とのギャップが結構あります。

>ワイヤー内蔵は掃除しやすい
うーん、個人的には掃除のしやすさも外装内装で変わりないと思うのですが。もちろん内装の方が若干楽ではありますが、ワイヤーの有無よりもむしろケージの形状が大きなファクターとなるでしょう。

>整備は人に任せるから
その任せられた人のことを考えてないフレームというのが個人的に大嫌いなんです。乗る側は何も考えなくて良いので関係ないと思いますが、整備する側はやっぱり外装が良いと思ってるじゃないですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダメでした | トップページ | 自作ウッドディスク 何故かカステ工房へ »