私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« American Classic と TNI | トップページ | Carrera Mercurio WB & Beone Karma 2.0 »

2013年1月10日 (木)

EXTRALITE HyperCamber

悪くはないはず

小ネタシリーズ。

最近盛り上がってるこの話題。
一つ紹介をば。

エクストラライトにこんなハブがあるようです。
Extralitehypercambernabe

その名もハイパーキャンバー。

名前の通り、右プレース角がこんなことになってます。
Extralitehypercambernabe_b5

右フランジに注目してください。
穴に従ってスポークを通した時、引き側のスポーク(ヤマアラシさんって言うんですっけ?)はフランジ内側に入るんですね。でもここにもキャンバーがあって、押し側に比べてフリー側に出るようになってます。引き側は外に低く、押し側は内に高く。うまく考えたな~と。

左フランジを見ると、引き側がフリー側に来てます。えっ?と思いましたが、ローターがあるからなんでしょうね。ITAじゃなくてJISで組ませる気なんでしょうか。とは言え、左フランジもそこそこ張り出してますから、擬似ITA(非綾取)みたいな感じで組ませたいのかなぁとも思えます。フリー側はITAだろうがJISだろうが、完全に綾取させる気でしょう。するなって言われても私ならします。

また、常々私はハブ胴径を気にしてきましたが、この方式だとハブ胴を気にしなくて良いですね。とは言っても、このフランジは大丈夫か?wと思っちゃうのは仕方ない。本家HPには応力コンターが載ってましたが、いやぁ、どうなんでしょ(笑)

キチガイフランジと言えば、Rovalローバルのスターカーボンがありますが、あれは惜しいと思うんですよ。このハイパーキャンバーのように、タンジェントはしっかりタンジェントで出すべきなんです。スターカーボンはちょっと浅いかなぁと。あれは別の足から出るスポークと綾を取るべきだったのではないかと。もちろんそれに合わせてリムも作り直しですが。確かにまぁあんだけフランジ高いとあの程度の角度でも良い気はしますけど、なんかこう、もう一発パンチあっても良いかな、なんて。あとあれもフランジ剛性大丈夫なの?wと心配になる仕様ですね。あんだけやられればもうなんかどうでも良い気はしますが。

キチガイフランジ、他にはProLiteとかRolfとかRitchey(これはマトモか?w 実はDTも昔こんなことやってたらしい)がありますね。ロルフとリッチーは反フリーを頑張ったモノですが、それってどーよ?の声は絶えませんよね。私は無しかなぁと思ってます。ProLiteはCORIMA方式のベンドスポークを使ってきっちりタンジェント組みしてるのである意味正解に近いんですけど、何故かフランジが心配になります。私だけかな。でもアリだと思います。しかしリムは大丈夫なのかあれ・・・

そんなわけで軽く紹介。もっと面白いハブが出てくると良いですね。
ではまた。

« American Classic と TNI | トップページ | Carrera Mercurio WB & Beone Karma 2.0 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« American Classic と TNI | トップページ | Carrera Mercurio WB & Beone Karma 2.0 »