私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« VR-10 人様にインプレを頼むの巻 | トップページ | カーボンハンドル補修 part1 »

2012年10月10日 (水)

ロードフレームにシクロクロスタイヤを入れる

Panaracer クロスブラスター31cを使用

なんでネット上に情報が無いんだろうシリーズ。
ロードフレームにシクロタイヤを入れるだなんて、100人いれば90人くらいは思いつきそうなことなのに、日本語で検索しても全然当たらないですね。

学生のレーサーとかどうしてるんだろう・・・?
シクロクロスするならCXフレームを買うのかな?そういう規定があるのかしら・・?泥つまりの関係?
いや、何にせよ学生はフレームぽんぽん買えないはずですし、私みたいに譲ってもらったりで対処してるんでしょうか。

まぁそれは良いとして。
私、突然シクロタイヤが欲しくなりまして。もちろんシクロクロスをしたいわけじゃないのでCX界の皆さんご安心を。

何故欲しくなったんでしょうね。
当初は山に行きたいとか思ってたような。京都って結構峠道が荒いんですよ。岡山と京都しか知らんので一般がわかりませんが、23cで普通にこんな道を走ります。
F1000522
ちなみにここはまだ綺麗な方です。23cでもトラクションが稼げるくらいの粒度の土砂しかありません。中礫程度が主。

ただ、走ってると「ここはちょっと23cじゃ無理だろー」って感じのところが結構横道にあったりするわけで、今までそれらは全部スルーしてました。

私がMTBに興味を持ったのはここを走るためです。
最近放置気味ですけど、いまだに山に入ってません。怠け者なもんで、舗装路はちゃんと速く走りたいなんていう貧者の我が儘を突き通しております。(あとMTBって結構保管が難しいですね、重いしハンドル幅がある)

ってわけで登場するのがシクロクロス仕様。
後で書きますが、舗装路も余裕。

そんなシクロクロス仕様、フレームを買う余裕はありませんし、ブレーキはキャリパーじゃないと在庫が無い。ってことはロードでやるしかありません。

ってなわけでどーんと。
Img_20121004_143836 Img_20121006_163433

このブログでは久々の登場になります、BASSOのVIPERを使いました。通称「粗大ゴミ」。「産業廃棄物」と呼ばれることもあります(もちろん蔑称では無い。むしろ敬称。ですよね皆さん?w)。
このフレームはピストになったりシングルになったり輪行専用になったりCXになったり、よく活躍してくれます。私が一番弄ってる、否、酷使している個体と言って間違いないです。
というか、いまだに現役というのが私の所有フレームとしては凄い。一番最初に買って、今でも使ってるという名誉あるフレームです。こいつはパイプが一本折れたくらいじゃ引退させません。折れそうにないですけど。

タイヤはパナレーサーのクロスブラスター31cです。前後で2000円弱。実測重量278g,277gと軽量。チューブはとりあえず23c用を入れてます。(のちに26-2.0用を入れてます)

気になるクリアランスですが、
Img_20121004_143856
フロント
Img_20121004_143849
リア
Img_20121004_143844
シート

と、全てクリア。リアはタイヤの真円度の関係で若干擦るところがありますが、ブレーキの膨らみに当ってます。0.5mmくらい削ってやれば解決しそう。追記:解決しました。

同じ発想でロードのCX化をした人が居ればわかると思いますが、CX化で大事なのはタイヤの縦幅です。横幅は余裕すぎて話にならない。33cくらいのタイヤでも十分だし、旧規定(?)の35cでも余裕。大事なのは縦ですね。

リム幅を増やして縦を減らすって方法もありますが、これはお金が掛かって本末転倒。19幅の通常のロードホイールで何mmかが大事です。
クロスブラスターの場合、31c表記ですが、ノブの上までで30くらいです。ただし真円度の関係で33くらいになってるところもあるかと思います。中古タイヤでこれなので、新品だとあと2,3mmくらい大きいかもしれません。

カーボンフレームとかだと横のクリアランスも厳しいものがあるかもしれませんが、このタイヤは横も30以下くらいです。28とまではいかないですけど。最近のフレームならイケるはず。

縦も横も厳しいのはちょっと前のフレームでしょうね。画像漁ると、ちょい前のフレームはイケイケなのが多くて、リアセンター何mmだこれ、みたいなのもいっぱいありますし。フォークのクリアランスも小さい方が良いみたいなイケイケ仕様も結構見ます。

ちなみに私のC40は前後とも無理ですね。28cすら入るのかどうか心配なくらい。こういうイケイケ仕様だと断念するしかないですね。

さて、では軽くインプレしましょうか。
通勤でしか使ってませんが、攻めるところはちゃんと攻めるのでタイヤのことはそこそこわかったりします。

まず乗ってすぐ感じるのが転がり抵抗の低さ。
「あれっ?シクロタイヤにしたのに・・?」と疑問を抱く軽い走りです。今まで2台ほどCX車(タイヤの銘柄は忘れた)に乗ったことがあるんですが、断然これの方が走りが軽いです。

現在はシングルで運用してますが、23cの時とギア比が一緒で十分走れるんです。ギア1枚くらい重くなるだろうと予想してたんですが、これはなんとも悲しい誤算。(走りが重くなって欲しかった)

まぁこれは競技をする人にとっては嬉しいことですよね。気圧は規定より下げた2barくらいで乗ってますが、かなり転がります。舗装路だけかしら・・?という疑問は残るけど。追記:悪路も走ったんですが、比較対象が無いため何とも・・・軽い走りではありました。

それから次に気づくのがパンクの怖さ。
規定より低い気圧だし23cチューブなので仕方ないですが、パンクしそうで怖いです。これなら23cの方が安心して山に行けるんじゃないのか?ってレベルの怖さ。レースする人はどうしてるんだろう。気圧下げることはあるだろうし、これすぐパンクするんじゃないっすかね。
CXでチューブラーを使う人が結構居るってのは納得です。同じ走りでチューブラーがあるなら絶対そっちにする。
追記:26-2.0用のチューブを使って3bar入れると怖さが無くなりました。あと0.5barくらい減らしても良いかも。

さて、じゃあ攻めてみましょうか。
これがですね、完全に「新しいオモチャ」状態(笑)
1日で慣れましたが、最初はめっちゃくちゃ怖いです。

23cと違うところは、タイヤがちゃんと沈むことです。そして沈むとキャスターが変化しますし、グリップも変化します。荷重移動が雑だとすぐオーバーです。アンダーも平気で出ます。(別記事にすると思うけど、このアンダーが面白い。大変面白い。クルマ好きはハマる)

私は23cでイケイケな走りをする時はフルブレーキからの鬼切り込みからのブレーキ残しつつクリップに向かう、なんてことをしますが、このタイヤでそれをすると初動で大オーバーが出て回復させたころにはへろへろになってます。単にコーナリングが雑とも言う(もちろん一人で街乗りする時だけの走法だけど)。

MTBに乗る人はバイクコントロールが~とかよく言われますが、こういったタイヤの使い方も含めてMTB乗りは上手なんでしょうね。ロードだと少々乱暴にしたってきっちり曲がっていきますし。

自分のコーナリングのてきとーさ加減がよくわかるタイヤでした。

あとは変速機組むだけですね。
もうちょっと弄っていこうかと思います。
あ、もちろんMTBはMTBでどうにかしようと思ってますよ。

ではまた。

« VR-10 人様にインプレを頼むの巻 | トップページ | カーボンハンドル補修 part1 »

02.タイヤ考」カテゴリの記事

コメント

これは面白そうですね(´∀`)一時MTBを購入する気MAXだったのですが、置き場所の問題と家族からの反発があったのであきらめました

しかしシクロクロス用のタイヤ&ホイールを1つ作れば、自転車の台数は変わらないので両方の問題点を一挙解決、色々聞きたい点もありますが、まずは自分で調べてみようと思います。

シクロクロス
私は全く興味が無かったのですが 周りに関西シクロに参戦する知人が多いもので
ワンシーズン メカニックの真似事で帯同した事が有ります

これを レースと捕え参戦するなら 幾ら資金に乏しい学生さんであれ ロードのフレームに
ただ太いタイヤを入れただけではまず走るのは無理ですね
前日にコース造りまで皆でするのですが コースに水を撒き泥だらけになったって
喜んでいる 変な人達です(笑)

私も選手と自転車の世話をする以上 しっかりしたいので現地でする洗車の為に 
発電機と自給式の水圧ポンプまで買いましたよ

タイヤに関しては チューブラーを使う方が良いでしょうね 空気圧は3キロくらいしか
張らないので WOではリム打ちをして良くないでしょう そのチューブラーの
貼り方も凄い事をしますよ もうタイヤは外れないぞ! と言う様な方法です

でもこの競技は一度やってみると結構はまるみたいですよ 走りながら
俺はなにをしてるんだろうって 笑ってしまうって言ってる奴がいました(笑)

kazuさん

置き場所を考えると最高の選択だと思います。
最近はCXフレームも良いのが出てますから、本当に最良の選択はフレームをCXにしちゃうことですけどね。CXでロードもCXも、ってのが最良だと思います。
ディスクロードがクリアランス的に考えてあればそれでも良いんですけどね。ちょっと怖いんでCXが良いでしょう。

Kinoさん

あら、やっぱりCXレースはCX車じゃないと無理ですか。まぁレースで使わないならこの方法もかなりアリだなと個人的に思っています。実際楽しいですし(笑)

実は私、あまりレースの映像などは見ないんですが(ツールなども気が向かないと見ない、機材ではなく人を映してばかりだから)、CXレースは映像で見るのも実際に見るのも好きなんです。やろうとは思いませんけど(笑)
そうするとあのレースはやっぱり過酷なのがわかりますね。人間的にも機材的にも。水圧ポンプを購入されたということですが、いや本当に必要だと思いますあれは・・・
チューブラーも横までセメントを塗るんですってね。その他諸々、ロードでは味わえない「変なコト」が盛りだくさんで、なんだか機材的に見てて楽しいのはCXですね。レースを観戦するのはあまり性に合わないんですが、CXだけは見に行きたい!と思っちゃいます。

一度やるとハマる、とのことですが、私はやめておきましょう(笑)
ただ観戦だけは今年も・・・。関西シクロは開幕から出来るだけ見に行こうと思ってます。もしかしたら何処かでお会いするかもしれませんね。

ホイールはシクロクロス用ですか?
それとも普通のロード用?

tatさん

もちろんロード用です。WH-R550です。19幅と上では書いてますが、まぁあっても20かそこらだと思います。なので結構タイヤの背は稼いじゃいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VR-10 人様にインプレを頼むの巻 | トップページ | カーボンハンドル補修 part1 »