私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« そうだ掃除をしようそうしよう | トップページ | VR-10 人様にインプレを頼むの巻 »

2012年9月30日 (日)

ハイペロンカステラ

なんてフザケた名前なんだ

658402753

たまにはホイールの話でもしましょうか。
ずーーーーーっと前に「そのうち公開します」みたいなこと言ってたと思います(記事みつけた→コレ)。それを先日思い出しまして、それがちょうどC40インプレの3人が集まった時でした。

ほんならちょうどエェわ~ってことでこれもインプレを依頼。現在名古屋に出張中。。。

ほんで、このホイールの何が面白いのかってとこですが、パッと見はただの手組G3ホイールに見えますよね?
でもこれただのG3じゃありません。

241458_415421035174027_2004538470_o

そうです、反フリー側がクロスなんです。つまりフルクロスのG3。
まぁ、誰でも思いつく事ではあると思いますが、なかなかブログなんかで見ないので私がやってみました。(ちなみに右がhoshiエアロで左がcx-rayという贅沢仕様!リムはGP4)

思想としては、駆動時テンション均一化です。
ただ、均一化と言っても左右で持とうって話で、なんだかなぁというところ。ずっと私が言っている閾値の問題と絡めるとわかると思いますが、左右どちらも閾値に達している場合は、左右で駆動ってことでメリットはあるかと思います。

思想を実現するために、組み方としては通常の左右タンジェントを崩す形をとっています。左を抜いて、センター出しは右の非駆動スポークだけで行うわけです。
リムの精度が良ければきっちり上手く行くと思います。

で。
じゃあ乗ってみたらどうなるの?ってことですが、これFCの時代ですんで、FCみたいなフレームとの組み合わせの話になりますが、結構良いんです。

通常の左右タンジェントより力が逃げないような気がします。特に登坂が良いですね。ダンシングなんかが気持ち良いです。雰囲気だけはG3っぽくなってるかと思います。

組み方ちょっと変えただけでそんなに変わるのー?って思ってる方。よく考えてください。単純に組み方が変わったわけじゃありません。閾値の問題と組み合わせて考えるとわかりやすいと思います。G3の記事でも書きましたが、スポークがちゃんと仕事をするようになりますから。

ただ、やるならちょっとリムが高めで縦剛性があるタイプのリムでやった方が良いですね。GP4でやると振れまくって話になりません。私の組み方がヘタなこともありますが。


さて、私のインプレだけじゃ詰まらんでしょう。
私のような貧脚野郎のインプレなんて何のアテにもなりません。ちゃんと脚のある人にインプレしてもらいましょう。

以下、インプレ文章をそのまま引用。

「ハイペロンカステラのインプレ。かなり乗り心地がいい。TUのコルサエボに起因するものなのかホイールに起因するものなのかはわからないけど乗り心地がいい。よく回る感じがする。ダンシングは意外に軽い。予想外に高速域も進む。ただ振れる。ロングライド良さげ。」

「ハイペロンカステラ起因かTU起因かわからなかったので11気圧入れてのインプレ。 やはりホイールが明らかに衝撃吸収性がいい。微振動も拾わないしグレーチング超えた後に伝わる振動も前と後ろでは別物。真面目に踏んだがモッサリ感は否めないが進んでくれる。 なかなか面白いホイールだった。」

引用終わり。

ってな感じ。
あ、そうそう、ハイペロンカステラなんてフザケた名前をつけたのはこの人です。私じゃありません。気に入ったので正式名称化。(でもどこらへんがハイペロンなんだろう・・・w)

と、まぁ綺麗なインプレを書いて下さったわけですが、乗り心地の良さを強調しておられますね。まぁ・・皆さんご想像の通り、縦剛性が無いだけという話です。ただ、言うほどぐにゃぐにゃでは無く、この方が書いているように「乗り心地が良い」と言えるレベル。24本あればどうにかなるのです。えっへん。

真面目に踏むとモッサリする、ということですが、たぶんこれが弱点です。つまり思想実現が出来てない。組み方のせいもありますが、リムも悪いですね。それからハブのせいも。ハブは74ですが、計算すると確かきっちり2:1テンションにならなかったような・・・つまり市販のハブだと難しいです。ここらへんが完組の強み。

と、まぁ、きっちりと特徴を踏んだインプレをして下さいました。
ほぼ私の想定通り。ほぼってか完全に。

私みたいなアホの言うことはアテにならん!とおっしゃる方が大変多く、ってか私もそう思ってるわけで、まぁなんというかインプレってそんなもんだよなーと思っているんですが、こうやって反例がぽんぽん出てくると動揺しちゃいますね。
「あれ・・?私の言うことをアテにしても良いの・・・?」みたいな。でも基本的には皆さんと違う人間ですので、またアホ言うとるわーと思うくらいのスタンスで良いと思いますが。

そんなこんなで、みんな思いつくだろうけどあんまりネットで見ない組み方、っちゅーことでしたー
ちなみに私、リアのフルラジアルなんかはまだ試してません。こういうのってやってるかどうかが大事なんですよねぇ。想像してどうこうってのはナンセンスです。
(ちなみに。福島の某手組ショップはこういうのをちゃんとしてます。他にも色々と。これって立派な宣伝になると思うんですけど、あの人は何故かこういうことを言わないw)

ではまた。

« そうだ掃除をしようそうしよう | トップページ | VR-10 人様にインプレを頼むの巻 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

面白い事やってますね(´∀`)流石です

縦剛性が低いと漕いでも進みが悪くなるそうですが、縦剛性が無いと言う事は手組で24本だと厳しいと言う事でしょうか?

リアをフルラジアルにしたら、トルクを受けられないとか言いますが、実際どうなるのかを体験してみないとよく分からないですよね言葉だけだと(´・ω・`)

このホイール、リムのニップル穴は間引いて使っていないんですよね
この部分は縦にも横にも弱そうなので 幾ら変則組でも私はしない様にしています
お遊びなら そんな事も体感出来て良いだろうけど試合では使いたくないよね

しかしこの左側のスポークの張り方で良く触れ取りが出来るね 
こちらを張れば張るほどホイールを捩じる力が働く理屈でしょ? 少し不思議です

このホイールに踏む力が掛かった時 左がラジアルの時より効率が良いだろう・・
と言うのは感覚的にそう感じますが その効果が本当に有るのなら
リアブレーキを使った時は スポークにプレッシャーが掛かるから良くない
とも言えますよね ま、私には難しい事を考えるのは向いていないな(笑)

このホイールのバルブの位置 どうしてスポーク間の遠いここへ持って来たのですか?
ここはホイールとして弱い部分ですよね そこへ使っていないニップル穴とバルブ穴
この2つが有るのは何か考えが有っての事なんでしょうか 
写真で言えば後2つ左側のスポーク間 そこにバルブが有った方が自然な気がするのは
私だけなのかな そしてその方がバルブも使い易そうだし・・・

kazuさん

正確には縦剛性が無いリムで24本はキツイ、ですね。縦がしっかり確保できるリムなら24本でも十分足ります。その閾値は人それぞれですが、まぁ・・平リムで24本ってのはさすがにアホだと思います。我ながら。

リアのフルラジアル、実はあれ普通に進むらしいです。このあたりに色々ヒントがあったりします。本当はアルミストレートのフルラジアルとかで確認したいんですけどね(笑)

Kinoさん

試合でこれ(=間引き)を使う人はあんまり見ませんね。30mm程度のアルミリムなら極稀に見ることがありますが。(もちろんKinoさんが戦っておられたようなカテゴリではなく、学連のカテ2あたりの話ですが)

振れとりは意外と簡単です。元となる32本ホイールの段階でしっかり芯出しをしとけば、あとは抜いて締めるだけですし、想像していたより簡単に振れとりが可能です。もちろん通常の間引きG3と同じく、リムの真円度と横剛性で変わってきますが。

>リアブレーキを使った時
まさしくその通りで、これが弱点だと思います。ブレーキ時は上側駆動スポークと下側非駆動スポークに負荷がかかりますから、テンション差が出てしまいます。リアなのでそれほど大きな力は掛かりませんが、弱点には変わりないですね。

>ブルブの位置
これはもうKinoさんあたりだとわかると思いますが、最初の32H組の段階でミスしています。なのでG3になってもそのままミスが残ってます。本来ならKinoさんのおっしゃる通りの場所にあるべきでしょう。ただ、これによる局部剛性変化などはあまり考えておりません。厳密にはもちろん影響があるはずですが、おそらく他のファクターのエラーバーに隠れてしまう程度かなと。とは言え、このあたりがちょっと私は詰めが甘いですね(苦笑)

どうも通りすがりです.
この組み方は私もやったことがあるのですが,ねじれ剛性の低いハブで行うとハブが歪んでしまいます.
おかげで74ハブをゴミにしてしまいました.
記事を拝見する限り問題無さそうですが,念のためこういう事もありますということで.

通りすがりさん

おぉ、ありがとうございます。
ハブの歪みですか・・・ちょっと考えてなかったです。現状では大丈夫ですが、これも74ハブですしちょっと考えようかなぁ・・・
いやはや、貴重な情報ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ掃除をしようそうしよう | トップページ | VR-10 人様にインプレを頼むの巻 »