私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« K2T2名古屋BBQ 試乗会 その他いろいろ | トップページ | 無題 »

2012年8月31日 (金)

太スポzondaにG3R1フリー

いけまんがな。

Img_0313

既にお気づきの方もおられるでしょう。「あれ?カステさんzondaなんて持ってたっけ?」と。買っちゃいました(R350退役のせいでマトモなWOリアが無くなったので)。
潰しの大きい時代のzondaです。06あたりでしょうか?この太スポ時代のzondaって何年から何年まで継続なんですかね。こういう変遷はちゃんと覚えておきたいところなんですが、最近脳ミソのメモリが不足気味でして・・・キシリ系のはまとめてくださってる方が居て重宝するんですけど、カンパフルクラアルミ系はそんな人を見つけておりませんでして。

私は最近自転車を始めた初心者で、ようやく歴4年程度になろうというところなんですが、このくらいになると何年モデルであるかということの重要性が出てき始めますね。こんなことならちゃんと備忘録を作っておくべきでした。せめて2005年あたりから現行までの機材変遷程度はしっかりまとめておきたいですね。

さて、この太い時代のzondaですが、重量が凄い。
Img_0242
957g。死ぬほど重いですね。びっくらこきました。まぁ、冷静に考えると完組ホイールってこんなもんですよね。リム重量はおそらく500gオーバー・・・うーむ。G3だからしゃーないか。

で、このzonda、この時代ですから、フリーがこんな感じです。
Img_0245
いわゆる2000円ロックリングの時代です。中古で買ったもんで、ロックリングが付属してませんでした。しかし2000円も出すのは馬鹿らしい。

そこで。
Img_0243
10だか11だかの、いわゆるG3時代のフルクラムR1のフリーを用意します。こちらはシマノロックが使えます。

シャフトを比べると、
Img_0252
なんだかイケそうな予感がしますよね(笑)

予想どおりイケました。カンパとフルクラムはグレードが違っても一緒・・・ということでしょうか。
しかし・・カンパの魅力であるラチェット音が無くなってしまいました。R1フリーはR1で良い音がするように設定してあるんですね。

違いはここです。
Img_0253
このバネが違いますね。このバネが一番強いのは、旧モデルのR7/カムシンです。わざわざこれを買い込む人もいるくらいです。というか私も欲しいww 現行バネは普通に手に入るんですが、旧型のしかもR7/カムシン用のバネとなると、なかなか売ってないですからね。
だから世の中の機材マニアどもは自分でバネを作るわけです。ピアノ線を焼いてね。

ま、そこまでしなくとも、zondaレベルの旧型バネだって結構硬いですから、これで代用しましょう。
ちなみに
Img_0260
爪は移植できませんでした。爪は形が違うのでその時代のものを使いましょう。

フリーの内側切削もちょっと違います。
Img_0256
現行の方がよく削ってて、たぶんこっちの方が軽いです。たぶん。

そんなわけで完成。
R1のフリーボディにzondaのバネとR1の爪を組んだ状態になります。音はまぁそこそこ。やっぱオリジナルzondaの方が良い音でしたけどね。たぶん爪とフリーボディの素材と厚みの問題です。音のコントロールはほんと難しいですね。本当は旧型R7/カムシン並みの音を出したいんですが・・・

旧型R7/カムシンも、ハブ単体で利用してもおそらく「あぁ五月蝿いな」くらいにしかならないんじゃないかと思います。音というのはホイール全体で出すものですから、スポークやスポーク張力やリムも関係します。2to1はこのあたりでも重要になりますし、2mmステンスポークも大事ですね。無駄に重いリムも大事です。

ちなみにディスクブレーキの音鳴りの研究では、スポーク張力が大事だったそうです。スポークによって音が左右されるという良い研究結果ですね。

音の世界も奥が深いもんですなぁ。

さて、そう言えばzondaのインプレをしてなかったと思います。
冒頭にあるように、死ぬほど重いホイールです。リム重量などは想像もしたくないくらいに重いでしょう。

しかしG3です。その他の文鎮ホイールと決定的に違うのはこのG3というシステム。
G3の利点は「向こう側のものが取りやすい」であることに間違いはなく、これこそが最大の利点であるとは思いますが、スポーキングとしても実は素晴らしいのです。いやほんとに。

その考察は以前書きましたが、やはり考え方は変わってません。
G3、ほんとに良いです。

このホイール・・・重いのに軽いです。乗ると軽いです。何なんでしょうね。ほんと凄いホイールです。

傾斜の大きな坂でゆっくり登り出すと確かに「あぁ、リムがくるなぁ」と思うわけですが、3%とか5%とか、そんくらいの坂だったらふわーっと行けちゃいますね。重いくせに。(慣性とはまた別の感触です)

基本的にアルミリムというのは重い=剛性が高いとなります。通常の文鎮ホイールというのは、この剛性の部分を活かしきれてないんだと思います。

ホイールにも縦剛性と横剛性がありますが、基本的に横剛性は縦剛性から派生するものです(もちろんリムそのものの横も関係しますが)。縦剛性はリム剛性が大きく反映されるでしょう。すなわちリムから横へと変換されるわけです。そのときの係数はスポーキングやテンションです。このあたりでG3が威力を発揮するんでしょう。

すなわち、過剰な縦をスポークで殺しながら、変換時のロスは発生させない。
通例、縦を殺すと変換ロスも増えるもんです。32hの両側タンジェントとかで考えるとわかりやすい。ラジクロでも良いけど。オチョコ量と噛み込みの関係も考えだすと、殺すのだって一苦労です。
この一般的なジレンマを解消するのがG3、素晴らしいです。

なんだかもう硬いフレームを運用するならこれ以外は考えられないレベルで良いですね。
そのうちユーラスも手に入れたいと思います。それも2005ユーラスとアルミユーラスの2種類。2005ユーラスと聞いてニヤニヤしてる貴方は仲間です。一緒にニヤニヤしましょう。ニヤニヤ。(わからない人は「2005ユーラス 横剛性最大」とかでググるとヒントがあるかも)

とりあえず、G3って良いねーってことで。
ではまた。

« K2T2名古屋BBQ 試乗会 その他いろいろ | トップページ | 無題 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

G3のホイールは乗った事がありませんが、前の考察を読むと深いですね…写真見た感じクロスしてないですよね、これで後輪のトルクが受けれるのか心配な気もします。

リム重量が軽い物だとダメみたいなので、自分で組むとしたら500gを超えるDTスイス585でしょうが、走らないと聞いていると作るのに躊躇しますね(;´∀`)

 話は変わりますが相互リンクして頂きたいと思い連絡させていただきました、前向きに検討くださいますようお願いします。私のブログではリンク完了ですので、お時間のある時にご覧になってください。

kazuさん

しっかりクロスしてますよー 写真にあるようにイタリアンです。こういったスポークが触れるものはイタリアンが圧倒的に多いですね(ちょっと前のTwitterでしたお話)。

リム重量は完組として見た時のお話です。間引きの手組では重くても軽くても弊害が出ると思います。重ければ無駄な重さが出るし、軽ければ剛性不足というか張りにくさが出ます。丁度良いところに持っていくとどちらも出ます。でもテンション均一化というメリットがあるのでニップルカント左右振りの無いリムで間引き無しの2to1やG3をするのは有効だと思います。この時の間引き効率はちょっと前の記事に記した通りです。

相互リンクさせて頂きました。よろしくお願いします。

カンパのスペアパーツカタログの型番を追って
ぜひ一覧化してください。

オレがすごく助かります。

kensuさん

それは私も大変助かるので私たちのコメントを読んだどなたか是非お願いします! 他 力 本 願

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/46716875

この記事へのトラックバック一覧です: 太スポzondaにG3R1フリー:

« K2T2名古屋BBQ 試乗会 その他いろいろ | トップページ | 無題 »