私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« MTB やっと完成! | トップページ | カンパにカンパグリス »

2012年6月26日 (火)

スポークテンションと組み方を考える 下の方に追記あり

ちょっとしたコーヒーブレイクに計算したものです。

Spoke_tension_5

※追記:うげっ!これFH-7900のデータはFH-7850のものですね。ぐぬぬ。79はもっとハイフランジだそうで。参考:http://www.shimano.com/publish/content/global_cycle/en/us/index/tech_support/tech_tips.download.-Par50rparsys-0034-downloadFile.html/07)%20Hub%20Specs.pdf

本業が忙しいとは言え、コーヒーブレイクくらいは・・・
そんなわけで、ちょっくら計算してみました。

何をしてるかと言うと、各ハブでオープロを組んだ時のテンションを計算してるだけです。
で、何がしたいかと言うと、イソパルスって意味あんの?ってことを調べようかなと。あとフランジ距離や高さで楽しいことわかるかなって。

まず図の説明を。
A14:19とA27:34は、Rが右でLが左、数字がx本取りを意味します。

TSFは勝手に設置した横剛性ファクターで、左右のプレース角(リム円周が作る面に対してラジアルスポークが作る角度)を足してるだけです。

R:Lはまんまスポークテンション比。L=75というのは左が75kgfの時の右のテンションを表します。
ボックス左上側のR:L(L=75)は両ラジアル時の数値です。
各クロス時のこの数値は実際のスポークテンションになります。計算セルがRの場合はLのラジアル規定値75を相手にした実際のRのテンションで、セルがLの場合は実際にLを規定値75で張った時のRラジアルのテンションになります。

1:xは該当本取り時のスポークテンションxの、ラジアルテンションを1とした時に対する比です。

updown%は基準R:Lに対する該当本取り時の比で、%とか書いてますが単に基準R:Lを1とした時の比です。イソパルスの有効性を見るのはここです。クロス時のテンション上昇率もこれで見ます。


まぁ私のことですから、色々ミスってると思うし、自分で全然信用してない(たぶん皆さんより私の方がこの計算結果を信用してない)んですが、ま、そこはしゃーないとして、とりあえず合ってることとしましょう。


とすると、こんな考察が出来ます。

1.イソパルスってそんなに意味なくね!?
ちょっと意外だったんですけど、あんまりテンション変わらんですね。左右テンション比は2%変われば御の字って感じ。L=75でRが1kgf~2kgf変われば良い程度です。L規定でRを変化させるお話なんで、実際はもうちょっと幅ありますが、変わらんでしょうね。もちろんこれは32Hの話ですし、マビックの20H&専用ハブになるとまた話が変わりはしますが。つまり手組の32Hだとあんまり意味が・・・という。

2.フランジ距離はRの方が効く
79&アルケミーとTNI&240が好例。いや、そら当たり前なんですけど、ここはフリーが邪魔で攻めにくいですから。
アルケミーとか形はTNI(ノバテック)なのに、実は全然違うんですね。ナメてました。すいません。心の底からナメてました、心の底からすいません。
追記:サインカーブの微分で説明できるかなと思ったけど、サインカーブって結構真っ直ぐ立ち上がるんですね。特に今回議論してるような5度くらいの範囲では。これはフランジ距離よりフランジ高さが効いてるのか?5.に関連。
追記:フランジ高さも優位な差異を生み出さないような気がしてきました。ちょっくら別の指標のグラフ作って遊んできます。

3.TNIロードや240Sで左に仕事をさせるのは難しい
結局はこれですよ。R:Lが2前後の状態で左に仕事をさせるのは大変です。最低テンションの問題があるからです。私はこれを75kgfとしてますが、この時の右が145~150になってます。普通の人だと右を100~120で止めるはずですから、左は死んでるんじゃないでしょうか。もちろん私視点で考えると、ですけど。50や60でも生きてると言えばそれまでですね。
ハイテンションなんて意味無いと言う方が大変多いですが、手組においてはそうでも無いかなぁと思います(完組みにおいても、最近の完組はテンションモリモリですよ。180とか余裕であったりしますから)。最低テンションの考察については昔書いた気がしますが、とりあえず首とニップルの関係です。ハブの弾性率使った方が効率的やんって意味です。ハブの歪が不均一に出る直前で止めたいですけど、どっちがえぇんかねぇというところ。

4.アメクラの左右テンションすげぇ
これは低テンションで綺麗に仕事をさせることが出来るということです。とは言え、仕事をさせた状態ってのはフランジの弾性率を使いますから、結果的にどーなのそれ?って話にもなりますが。ラージはここでも不利です。でも私はアリかなーって思いました。実際に使ってみて。いまだに私的最強ホイールのハブはアメクラですし。壊れちゃったけど。
しかもTSFが240よりあるわけです(笑) 巷では形からの判断なんでしょうか、横剛性が~とか言われますが、使うと全然そんなこと無いし、計算してもその通りってことですね。もちろんTSFは角度取っただけですし、直接的な値ではありませんけど、これを基準に計算していくはずですからねぇ。左右足してるところがミソと言われると痛いけど。

5.NDS大径化は意味が無い?
そうそう、2.と3.に関連しますが、意外だったのがロルフ。あれって最適解かと思ってたんですけどね、全然ちゃいましたね(笑)
TSFとR:LがTNIと変わりませんね。ちょっと予想外。でも良いところもあって、TNIよりイソパルスは効くし、クロス重ねた時のテンション上昇も小さいです。そっちを狙ったのかしら?いやいや、そんな馬鹿な。あれはR:Lを狙ってるはずなんですけどねぇ・・・
しかしなんだか採用するメーカーが少ないなーと思ってたらそういうことですか。採用してんのはロルフとリッチーくらいしか私はパッと思いつきません。もちろんこれは32Hでの計算ですから、1.のマビック同様、ロルフ専用では違うのかもしれません。
とりあえず32Hの結果についてですが、これは多分CTFの関係かなぁと思います。フランジ径が強く効くのはDS側なんでしょうね。それは図を書けば一目瞭然ですし、2.のアルケミーでも然り。結局NDSはあんまり弄ってもしゃーないってことでしょうか?CTF含め、DSをどんだけ弄れるかで結構数値が変わりますね。

追記:バカめ。ハイローが正方向だ。ローハイは意味がない。

6.シマノさんパネェ
なんかオープロで手組することを見越したかのような数値。やっぱこのメーカーは凄い。ホイールはまだまだかなぁと思ってましたが、こっちも力入れてないわけじゃないですし。完組で言えば、黒歴史と呼ばれた77からだいぶ時間経ってますからね。79まで少スポ貫いててオイオイって思ってましたけど、9000系はかなり期待してます。ハブ剛性が気になるけど、幾何学的な(つまり構造的な)もんはバッチリじゃないの?とニヨニヨしております。おぉ、なんと上から目線な(笑)

ちなみに。リストに加えたかったけどやめたハブが一つ。Ligero SLWです。定番ハブとしては入れたかったんですけど、こいつは2to1専用なのでやめました。見たらわかりますが、CTF-Lが凄まじいことになってます。スポーク少なすぎて横剛性がどうしても欲しい時代のカンパと同レベルのCTF-Lです。TSFは凄いでしょうね。
このハブ、存在は面白いし、こういうのは作るべきだと思うんですが、リムが追いついてないですよね。ちゃんと2to1用で使わないと駄目だと思います。誤魔化して使ってる画像をたっっくさん見ますが、ありゃ駄目ですよね・・・

以上。
こんなことしながら日々過ごしております。
ではまた。


【追記】
はい。2.を視覚的にしてみました。
Hub_compera

左のグラフはTSFを横軸に取った時の各ファクターの遷移を表し、右のグラフはR:Lが横軸の時のものを表します。

TSFはFTF(フランジ間距離)に相関を示しますね。逆にTHF(フランジ高合計)は全く関係無し。若干逆相関っぽい感じもしますが・・・

R:LはCTF L/R(センターtoフランジをL/Rで規格化したもの)に相関。やっぱり右が大事ってことです。なんでだろ・・・簡単な式立てただけじゃそういう感じ無かったんだけどな。他のファクターが隠れてる気がする・・・

簡単な式じゃマズイんでしょうね。色々近似してるところあるし。全部ひっくるめた式で、パッとわかるもんを作りたいんですが、そこまで頭が回らなくて。まぁただの暇つぶしなもんで。

ちなみに具体的な計算ならしてます。
例えばCTFR20:L35のハブでERD605だとしますと、R280.7:L280.2の初期スポーク長になります。ここからCTFRとCTFLを1mm伸ばした時のプレース角は、スポーク長がR280.8:L282.3ですから、

求める右プレース角=arcsin(21/280.8)-arcsin(20/280.7)≒0.203度
求める左プレース角=arcsin(36/282.3)-arcsin(35/280.2)≒0.151度

となります。
計算だと、こう上手くいくんですけどねぇ。誰か式作ってくだしあ。ヒマな高校生とかこういうの得意でしょw

続きへ

« MTB やっと完成! | トップページ | カンパにカンパグリス »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

作ってみようかなあ...(暇だったら

7900ではなく7700や7800、7403ではどうなるんでしょうか?
少し気になりました。

ロルフも左側のスポークをうまく仕事させてます!

Rafeさん

式書いて整理するだけだし、すぐやりましょうw

野良猫さん

確かに!それは気になりますね~
ちゃんと進化してるんでしょうか。とりあえずCTF-Rの値だけでも確認しときたいところですねぇ。

りつおさん

りつおさんの言ってるのは現行ロルフですよね。このデータがいつのロルフかわかんなくて・・・雰囲気的に古いなぁという印象は受けました。現行のスペックはちょっと知っておきたいところ、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/45868945

この記事へのトラックバック一覧です: スポークテンションと組み方を考える 下の方に追記あり:

« MTB やっと完成! | トップページ | カンパにカンパグリス »