私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« NouveauKaste 実験車1号機 part3 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part4 »

2012年5月10日 (木)

TREK Y-Foil 補修 part7

予想以上に良い

さて、前回やっと完成したY-foil、やっぱり乗ってみてどうかが大事ですよね。

色々とパーツが足りてないんですが、とりあえず乗れる状態へ。
Img_2827

こんな感じで色々と無理してます。
Img_2805

気づく方もおられるかと思いますが、ヘッドもアホな改造してます。これ、74のヘッドなのでスレッドですが、ねじ山殺してアヘッド仕様にしてます。スレッドが嫌いってこともありますが、まぁ簡単に言うと金が無かったんです。(ヘッドセットは高い、1inAHは安くても1500円くらいする)

人生初SRAMディレーラーなので、是非ともダブルタップで組みたいんですけどね。(RDは戴き物です、FDは65アルテだけどこれも戴き物)
ちょっと余談ですが、私が嫌いなのはSRAM(トラバティブ)のGXPシステムであってSRAM全体では無いのです。とは言えブレーキもテクトロ製だし、SRAMってRDとダブルタップしか魅力を感じなかったり。ダブルタップはフォースとレッドを触りました(いずれも数十mしか乗ってないけど)が、どちらも好きな感触でしたよ。
SRAMダブルタップシステムは、システムの是非云々の前に感触が好きです。


まぁそれは良いとして、とりあえず乗ってみましょう。
どきどきワクワクです。

まず乗ってみると・・・あれれ、サドルが低い。おかしいなと。

乗り出し時のサドル高↓
Img_2809

しっくりくるサドル高↓
Img_2829

ずいぶん違います。もちろん乗り出し時は私の適正である690mmに+5mmという個人的ファクターを足したいつもの長さ。つまり、普通のフレームならこれでポジションが出るはずだったんですが、Y-foilだとそういかないわけですね。
実測してみると、715mmもありました。+20mmです。これはさすがにデカすぎるでしょう。

すなわち・・・Y-foilは撓んでるということ。どこのソフトライドだよ、、と。
ビーム部が撓むというより、全体的に撓んでるんじゃないですかね。トップからダウンにかけての曲線部が弱そうという意見も貰いました。(脳内FEMだそうなw)

で、そのせいなのか、乗り心地はかなり良いです。
じゃあ踏んでもそうなの?というと、それはまた違います。踏むとすげー硬いです。ダンシングなんかは本当に気持ち良いですよ。がんがんイケます。

なんだか違和感。もちろん酷い違和感を覚えるわけではなく、たぶん鈍感な人だと気づかない程度のものです。私はこういうのを感じ取るのが好きで、ずっとそういう観点でフレームに乗ってましたが、「ん?なにこれちょっとおかしくないか?」程度の違和感でした。ほぼ気づかない程度のものです。

しかしサドル高の問題から、やはりしなりは効いてるでしょうし、気のせいでは無いと思います。踏むとちゃんとしてるってのが肝ですね。あの後三角ですし、とにかく強いですよあの部分は。ヘッドからダウン、そしてBBまでの部分の評価については、はっきり言ってよーわかりません。強いような気もするし、ぐにゃってるような気もする。しっかりしたフォーク入れてるので、しっかりしてるように感じちゃう部分はあります。

そこらへんちょっとよくわかりませんが、ハッキリ言えるのは、こいつは走る、ということです。
10年以上前のモデルで、カーボンもほとんど死んでんじゃないの?ってレベルのフレームです。私のCS補修だって、絶対気持ち程度の補強しかできてないはずです。それなのにこの走行感。これは素晴らしいですね。

フレーム重量が1700gちょいあって、しかも1inヘッドでちょっとアレということも相まり、ヒルクラではあまり使いたくないフレームです。が、平地を流すとか、特に平坦ロングとかはこれを使いたいなぁ、という気分になります。

と、面白いフレームだなぁと思ってると、一つ思い浮かべるフレームがあります。同じトレックのドマン(正式名称どまーね)。
あれの乗り味ってこれに近いんじゃないのか?なんて思っちゃいます。
y-foilは上下方向のしなりでしたが、ドマンは前後方向です。私は乗ったことがありませんが、実際に試乗された方の意見を聞くと「変な感じ」というのはもちろん「乗り心地は良いんだけど、踏んだら硬いよ」とのことでしたので、それって同じじゃない?と。

この上下方向・前後方向ってのは凄く大事で、mm単位以下でのしなりではなく目に見える変化を与える場合は、人間の脚への配慮もしないといけないと思うのです。上下方向の場合、ソフトライドほど柔らかいと膝がすぐ死ぬでしょうが、y-foilくらいの硬さがあれば大丈夫じゃないのかなとか思ってですね。でもそういった不安を無くすのがドマンかなと。前後方向ならほぼ関係ありません。もちろん変化はしますが、シート結合部が支点である限り、サドル高についてはほぼ変化がありません。(BBが支点であればサドル高の変化は0なんだけどなー。もちろんシート結合部が支点でもほぼmm以下の変化になるかもなのでアレですが、なんだか、ほら、ね)

とかなんとか考えながらこのフレームに乗ってました。面白いもんです。気に入っちゃいました。
変速機もちゃんと組んでしっかりとしたロードとして運用したいですね。
インプレとしては、こんな感じです。うーん、とっても満足。

<余談>
「またカステは純正フォーク以外を使ってやがる」とのツッコミがおありでしょう。ほんとすいません、純正って大嫌いなんです。今回の場合、純正フォークは肩が高すぎて・・・これじゃヤダよぉということで変えました。つまり、確実にジオメトリが変化してます。とんでもない変化をしてるはずです。

とりあえずY-foilのジオメトリはこんな感じ。
517595907 517598086

サイズ的に54あたりだと思うんですが、ヘッド角は73度です。こっから肩が落ちるんですから、実際のジオメトリは最大で73.5度くらいになってることでしょう。計算めんどくさいのでだいたいで良いです。とにかくヘッドが起きました。
ほんじゃフォークはというと、純正でオフセット47が入ってます。すげー!こんなんで走らせるつもりだったんですね。
じゃあ入れたフォークはというと、なんと50近くあります。
とすると、ヘッドとフォークの相乗効果でトレイルはかな~り減ってるはずです。簡単に言うとクイックな感じになってるはずです。

ところが・・・なぜかすごく安定してるんですよこれ。BBが落ち、ホイールベースが伸びたから?でしょうか。ものっそい安定してます。はっきり言ってFCよりずいぶん安定してます(72.5-43)。これどういうことなんでしょうか。
初めての体験です。今までトレイルを稼いで安定感を手に入れてましたが、このフレームだと逆です。うむむ・・・?もしかしてある一定の閾値を超えるとホイールベースが先に立つんでしょうか。

でもBBの関係も無視できないですね。FCはBBが68です。Y-foilは73くらいからさらに落ちます。こちらはトレイル以上に影響がでかい(なぜなら肩の落ちがそんまま効く)ので、おそらく80近くまで落ちてるはずです。これが効いてるんですかねぇ?

と、考えていくと、こういった非UCIフレームの良さはここにもあるなぁと。BBの落とし方を反応性と関係なく決定できる。単に安定感だけを求められるんです。BBなんて、ペダルヒットを考えなければ低い方が良いでしょう。トライアングルでそれをしないのは反応性の問題があったから。もちろん現在のカーボン技術ならほぼ関係無いと言えますが、トライアングルじゃないなら全く関係無いので、ばんばん落とすことが出来ます。
これは大きな利点だと言えませんかね。非UCIの強みはこういうトレードオフ関係にあったジオメトリ値の自由度かと。本当にこれは強い。

とかなんとか思いながら乗ってました。ともかく、純正厨の皆さんごめんなさいね。悪しからず。

ではまた。

« NouveauKaste 実験車1号機 part3 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part4 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

そうか。
前三角のあの位置がたわむフレームは
トレールからヘッド角、フロント-センター、BBドロップまで
乗り方や体重で可変になるのか。
面白いな。

どこまで計算して作ってるんかねぇ。

まず細いパイプでミキストフレーム作って
DTとTTの間にトラスを一本ずつ追加しながら
たわみやら乗り心地やらハンドリングやらを
体感していくなんてやったら面白いだろうね

おおっ、乗りましたね。 ふむふむなるほど。
自分の乗った48サイズと並べると見た目にわかるほど頭管立ってるなーw
でも安定してるんですか。 不思議。

あの推進力というのは思うに、リアハブから頭管まで一直線につなぐパイプが出してるんじゃないかなーと。
ダイアモンドだとそれを上下に分けてるからあいまいで、しかも上(トップチューブ~シートステー)のラインをやわくしたいんで、下の剛性をありえないほど上げざるをえないのかなーと。
とすれば、バイシクルトライアルみたいなスケルトンのフレームに、しなやかな上屋を乗せるといいのかも、とかモーソーしてました。
よく、「ダイアモンドは完成形。 これ以上のカタチは存在しない。」とか言われますが、金属パイプでの製作ならうなずけますけどね。
進みと乗り心地、みたいな相反する二つを両立させようとするともっと他の方法もあるんだろな、と、Yに乗って思ったのです。
規定がなけりゃ2012のYがカンチェラーラをパリルーベで勝たせてるかもね。
オイラのロングライドももうちょっと快適かもね。

さあ、自作フレーム、将来の夢と希望が膨らみますねえwww

kensuさん

どもどもー
乗りながらにしてジオメトリが変化するというのは、本来よろしくないものだと思いますし、計算上はできるだけ歪みが出ないようにしてるんじゃないかなぁ、なんて思うんですけどね。そしてようやくドマンが出た。ってな認識です、私は。

ミキストから色々つけていくのは楽しそうですねー
鉄でもカーボンでも出来そうw
最終的にモールトンの出来損ないみたいなキメラフレームになりそうですけど(笑)

DENZIさん

いやぁ、これほんと不思議なんですよ。なんで安定するんですかねぇ。今んとこ私が出してる答えはBBですけど、そんだけであんなに改善されるもんかねぇ・・・とも。

>リアハブから頭管まで一直線につなぐパイプ
ここに自由度を与えられるところが非UCIの良いところですよね。私もこの部分が肝だと思ってます。やっぱ上と下を独立して作れるってのは強いと思います。

>モーソー
トライアルにビームつけるってのはソフトライド思想な気もするw まぁあれはビームがちょっとアレなので、完成形では無いと思いますが。zipp思想とも似てるし、完成形に近いのはzippかもしれないですね。でもYにしろソフトライドにしろzippにしろ、ビームのお仕事がトライアングルのSS-TTと同じビジー状態になってる気もします。やっぱジオメトリを変化させないことは大事で、そう考えるとビームは二律背反の使命を背負ってしまうかなぁ、と。もちろん実用段階じゃYくらいのバランスで十分なのかもしれませんが。

>二つを両立させようとするともっと他の方法
これ、ちょっと開発したいですよね(笑)
たぶんYもまだ不十分だと思います。実用段階じゃ十分かもしれないけど、設計段階じゃまだまだ不十分かなと。まぁ、どこまで行っても二律背反に苦しめられそうですけどね・・・構造物を扱う以上、どうしても付き纏いますし・・・うーむ、、

初めまして、自分もふとしたきっかけでY Foilに乗っているのですがここまで技術があれば自分もやってみたいなぁと思いつつ改修記を読ませて頂きました^^

ブログ内でkasteさんは純正が嫌いだからとフォークを変えてあると書かれていたのでもし分かれば教えて欲しいのですが、自分のY Foilも今は純正フォークが付いていますが重いし格好悪いしで変えたいと思っているんですが自転車屋さんに相談した所パーツやフォークを探す前にフレーム側が1インチのJISなのかITAなのか調べないといけないと言われました。
自分でも調べては見たのですがなに分ネットにもあまり参考資料が少なく、もしご存知なら教えていただけないかなぁと思いレスさせて頂きました。

yutaさん

そこらへんに落ちてた74ヘッドを入れたんでJISかITAか確認してないんですけど、たぶんJISやと思います。たぶん。
私はよく1inヘッドを使いますが、基本的にJISとITAは意識しません。径がJIS<ITAだったと思いますけど、合わないなら削るor巻くで対応しちゃえーってスタンスでして(大抵ITAをJISに入れるってパターンが多くて削ってばっかですが)。なので今回も全く意識せずにやっちゃってます・・・

全く参考にならずすいません・・たぶんJISやと思います。たぶん。たぶん。

というか、フォークを変えるだけならそこまで意識しなくて良いと思うんですけどね。
考えられるパターンは2つです。

1.ヘッドがJIS
ITAのフォークを入れたいなら削ればいい。5分もあれば施工可能。JISのフォークだったらラッキー。

2.ヘッドがITA
JISのフォークを入れたいならシマノ系の玉押しを使えばいい。ITAのフォークだったらラッキー。

シマノ系の玉押しに関しては、「JISヘッドにITAフォークを組む」とかでググると良いブログが出てくるはずです。
まぁ、おそらく1.の方なんで、何も考えずにまずフォークを買ってしまっても良いと思うんですけどねw私ならまずフォークを買いますw
もちろん、1.の場合でもヘッドをシマノ系にすれば2.と同様の対応が出来ますが、金と時間がかかるんであまりオススメしないというか(下ワンと下玉押しを購入、圧入を店に任せるなら工賃も発生)。金と時間があるならこちらの対応が良いと思いますが。
これが最高のパターンですが、今お使いのヘッドがシマノなら玉押しを買うだけなんで、1.も2.も同様の対応になります。

以上、まぁ自己責任な感じで頑張ってください。(元のフォークが肩高なんで、新しいフォークのオフセットには色々気をつけてくださいね~)

丁寧な回答ありがとうございます^^

何となく分かった気がします!
つまりフォークはJISで買ってしまえばどちらでも対応出来るという事ですね><b

オンリーワンを目指して頑張ってみます♪

yutaさん

そです。JISフォーク買っちゃえば色々と安全ですw
でもまぁ、欲しいフォークがJISかどうかは運ですからねぇ・・・フォークに合わせた対応をするのが良いです。欲しいのがJISだったら良いですね!(とか言ってたらITAヘッドだったりしてw)

頑張ってくださいませ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/45139089

この記事へのトラックバック一覧です: TREK Y-Foil 補修 part7:

« NouveauKaste 実験車1号機 part3 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part4 »