私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« NouveauKaste 実験車2号機 part1 | トップページ | 出張カステ工房in名古屋 Focus Izalco FD台座補修 »

2012年5月31日 (木)

カステモールディング

公開しちゃうぞー

さて、前回カステモールディングなる単語が出てきました。

実は企業秘密・・・っぽいアレなんですが、こんなもん隠したってしゃーないし、そもそも「素人の同士皆様にフレーム作りの世界に来て欲しい」とか言っておきながら公開しないのもアレやなぁと。

ってなわけで公開しちゃいます。
企業秘密とは言っても、なんてこたぁない、ただの内圧成形です。やってることは本当に普通の内圧成形なんですよ。

普通の内圧成形というのは、金型もしくはFRP型を外枠にして、ビニル製(と言うと語弊があるけど)のバッグを内側から膨らませるものです。エアバッグですから、エアコンプレッサも必要ですね。これらを揃えるのは大変な資金力が必要になります。時間もかかります。
また、大抵の既成品の場合はドライカーボンを使いますから、熱的な装置も必要になり、場所も必要になってしまいます。もちろん資金もどーんと。

ただ、私は毎回言ってるように「貧乏力」を大事にします。金型とか言ってる時点でアウトだし、エアバッグだって調べるとそこそこ高いんですよね。自由度無いですし。コンプレッサや釜なんてもう・・・

そこで!カステモールディングでは!

1.貧乏人の味方・塩ビパイプ
Img_2948
を金型代わりに!

2.自転車用インナーチューブ
Img_2957
をエアバッグ代わりに!

使います!
安い!!めっちゃ安い!!とっても安い!!!

なーんだ、そんなん誰でも思いつくよな~」って思う方が大半でしょうが、こんなん先にやったもん勝ちです。コロンブスの卵です。

とは言え、冒頭にある通り誰にも使って欲しくないってわけではなく、逆に色んな人にこんなやり方もあるんだよと提示したいんです。
Twitterではこれに触発された人間が何名かおりますし、もう皆さんばんばんやって欲しいんです。素人にこそやって欲しい。

ただし、当たり前のことですが、クオリティは既製品に負けます。たまに勘違いする方がいますが、既製品を超えようとしてのDIYはしない方が良いですよ。やっても「既製品には無かったから」くらいに留めるべき。

それよりむしろ「作るのが楽しいんじゃボケ!!!」と胸張って言える人だけがDIYした方が良いと思います。DIYしてるだけでも純正厨から様々な批判を受けますから、そのくらい胸張ってないとね。あくまで気構えとして。

※ここでのDIYの定義:それを生業としない、もしくはその専門知識を研究機関等で学んでいない「一般人」が、「家庭」で、しかも「自分の手」を主に使ってやる作業のこと。


・・・と、クオリティはダメですよーと言いましたが、この画像見てそれに頷く方が何人居るかな?
Img_2979

カステモールディングで作ったパイプの内部、こんなに綺麗なんです。
じゃあ外はって言うと、
Img_2977
取り出したばっかの状態でこんな感じ。綺麗なもんです。

あとは皆さんがお使いになる繊維やレジンに応じて圧力を決めて頂くだけです。
この手法の優れたところは、この圧力調整機構にあります。自転車乗りであればフロアポンプは150%持ってます(2本持ってる人が半分は居るという意味)から、本当に簡単なんですよ。

「この径でこの繊維とレジンだったら何プライで何kg加圧すれば良い」っていうデータが、本当に取れてしまうんです。家庭でこれが出来るんです。

しかも部屋の片隅でこれが出来てしまう。エアコンプレッサを使いませんし、金型なんて塩ビですからね。

さらに、これは丸パイプだけでなく色んな形に応用が出来ると思うんです。自転車チューブですから、よく変形しますしね。拡張性もあると思うんですよ。もちろんその場合難しくなるのは金型の方ですが、そこも工夫次第でしょう。

どうですか?全国の素人DIYerの皆さん。ちょっと心惹かれませんか?オトコノコだったら、ちょっと心が動きませんか?(笑)

そんなわけで、もうちょっとテストを重ねた後、2号機をこの手法で作っていこうかと思います。

続きへ

« NouveauKaste 実験車2号機 part1 | トップページ | 出張カステ工房in名古屋 Focus Izalco FD台座補修 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

おお、いけてますねえ!塩ビ管は曲げ放題だしいいことづくめですね!
端っこをフレアしてネオコットみたいなラグレスもできそうですねえ。
たのしいですねえー(笑)

これはすごいですね、仕上がりもですが「この径でこの繊維とレジンだったら何プライで何kg加圧すれば良い」っと言うのが分かるのは画期的です。

ただこの方法だとビニテモールディングのように、部分的なカーボン補修には使えませんね(;´∀`)部分的なカーボン補修(特にシートステー)の加圧法で画期的なアイデアはないでしょうか?

昨年友人の為に組んだ カーボンモノコックのフレーム(TACURINO)
これも内圧を掛け成形するらしく これに依ってかなり剛性が稼げると言う話しでした
タクリーノのフレームのWeb サイトでもこれには触れていませんが 
代表者の上阪君が言っていたので間違いは無いですよ
もう少し付け加えると その内圧を掛けるのに液体を使うらしいです

ををを。これは目からウロコ

名古屋オフ詳細記事きぼう!

カステさん、最高!!。
更なる変態の高みえ、行っちゃて下さい。

きょんぺいさん

そうそう、そういう使い方もあるんですよね。
塩ビの金型としての有用性もかなりあるような。ネオコット風も可能だと思います。

kazuさん

うーん、部分的な加圧はやっぱりビニテモールディングかなーと。硬めのテープを探すと良いと思います。伸びるテープだと駄目ですねぇ・・・
ビニテモールディング+柔らかい金属板+Cクランプ、なんかでも良いかも。やっぱりキーはビニテモールディングになるとは思いますが。

Kinoさん

あれモノコックですもんねぇ~ 液圧でやるんですね。やっぱりメーカー品は凄いですね(笑) さすがに家庭じゃ液圧はできない・・w

kensuさん

へへへ、いいでしょ(笑)
kensuさんもやりません?w

ハンマーヘッドさん

あざまーす
まずはこの製法でちゃんとフレームを作らないとですね。難関はまだまだいっぱいあります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/45474360

この記事へのトラックバック一覧です: カステモールディング:

« NouveauKaste 実験車2号機 part1 | トップページ | 出張カステ工房in名古屋 Focus Izalco FD台座補修 »