私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« NouveauKaste 実験車1号機 part5 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part7 »

2012年5月19日 (土)

NouveauKaste 実験車1号機 part6

トップチューブを作っていきます。

さて、前回はダウンチューブを完成させました。
あとはトップチューブですね。これも手間がかかります。

トップチューブは無垢材木で形成します。
もっとも苦労するのはここです。
Img_2672

ヘッドとの接合部ですね。こちらから成形していきます。
これ、すげー時間掛かってます。毎日1時間ずつくらいコツコツと・・・ヤスリで形成しました。

写真で出すとほんと一瞬ですね。なんだかほんと複雑な気分・・・これかなり苦労したのに・・w

じゃあシート側はというと、
Img_2677
こんな面をしてます。さすがにこちらまで半円にすると死ねます。そこまで精度も出せないだろうし。いやほんと手でやるのは難しいですよ。
これはJBを盛りました。なんて贅沢な!(笑)
でもここは接着しますから、そこそこの強度が欲しかったんです。てきとーなもんで埋めても良かったんですが、できるだけ物性の良いものを、と思ってですね。

JBはそういう意味ではほんとに凄くて、
Img_2686
金属が添加されてるからなのか、ヤスリでゴリゴリやって形を整えることができます。

ちなみにこの部分に使ったJBはある物の試験も兼ねてます。
それはこちら。
Img_2674

もう文字で皆さんわかりますよね?w
そう、Kinoさんから頂いたグラスビーズというものです。
用途としては、
201241620009
接着強化剤・・・つまりフィラーということでしょう。カーボンフィラーが存在するんだから、ガラスフィラーが存在してもおかしくないです。
ちなみにKinoさんはこれでゴルフクラブを組んでたんだとか(笑) さすがのDIY精神ですね。こういうところをいつも尊敬しております。

とりあえず試験結果は、良好ってことで使用決定です。
こんな感じで行っちゃいます。
Img_2696 Img_2699 Img_2704

いやぁ、JBってば粘度が高いもんで、しかもフィラー入ってるからもっと扱いづらく・・・一回の盛りじゃ綺麗にならず、2回に分けて盛りました。
そんでまたヤスリ成形です。出来るだけ粗く。ここにはカーボン+アラルダイトが来ますから。平滑面にするのは良くないなぁと。

あと写真だと一瞬にして組んだように見えますが、もちろん微調整で苦労してます。ラグレスの難しさが本当によくわかります。切削工具なしにラグレスで組むのは至難の技ですよ。これは木を使ってますからまだマシですけど、これがクロモリパイプとかだったら絶望的です。
とは言え、ラグフレームでもクロモリビルダーは削り作業にかなりの時間を割いてます。これはまた記事にする予定ですが、クロモリのビルドのほとんどは削り作業です。ほんとにあれは大変です。


とりあえず今日はここまで。
ほんと記事にすると一瞬ですねぇ・・・かなり時間掛かってるんですが・・・

次回は後成形外ラグの形成とパイプへのカーボンレイアップをしていきましょう。

続きへ

« NouveauKaste 実験車1号機 part5 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part7 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

確かに字でわかりますね(笑)

ザグリなんて慣れればあっという間だよ。
テンプレートもなしに削り始めるのは
技術とか手間以前の下準備の問題。

あと大事なことを忘れてる。
パイプと無垢材はぜんぜん違うだろw

きょんぺいさん

でしょーw
すぐわかりますよね(笑) 特徴ある綺麗な字です。。

kensuさん

ええーwほんまですかー?(笑)
ラグレスのザグリ(と言って良いのかな?)って手でやるともの凄くシンドイと思ってたんですけど、、そうでもないのかな。
ラグならそこそこの精度で良いと思うんですが、ラグレスならぴったりじゃないといけないし・・・

パイプと無垢材の違いは確かにあるけど、鉄パイプと木の無垢材ってーと後者の方が楽なんじゃないかな、とも。

やってみるとコツが身につくよ。
小技もいろいろあるし。

でもそういうのコツとか小技って
作業に精一杯で写真がないから
記事にもしてないw

kensuさん

むむむ、次回は多分パイプのザグリをするので努力してみます。

しかし本当にこういう作業ってのは写真撮れない(or撮るの忘れる)から困りますよね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/45185900

この記事へのトラックバック一覧です: NouveauKaste 実験車1号機 part6:

« NouveauKaste 実験車1号機 part5 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part7 »