私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« NouveauKaste 実験車1号機 part4 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part6 »

2012年5月16日 (水)

NouveauKaste 実験車1号機 part5

難関の一つ、冶具。

さて、前回はBBとダウンを接合しました。

今回はヘッドをつけていきましょう。

概念図はこんな感じになります。
Photo_2

このオーバーレイは簡単なんです。いや、簡単というと語弊がありますが、ハードルが低いって感じですね。
問題はやっぱりヘッドの平行・・・
今回ヘッドとダウンの一部を残しておいたのは、なにもダブルレバー台座が欲しかったからだけではありません。ヘッドの角度出しという非常に非常に非常にめんどくさい作業を省略するためです。1号機の最大の目的はカーボンに慣れることであって、理想のジオメトリを再現するのは次の段階になります。

とは言え、丸パイプと丸パイプを接合している段階で出てくる問題が出てきます。丸パイプは回転をするので、しっかりヘッドの平行を出す必要があります。

ここで必要になるのが冶具です。
この冶具というのが前々回の記事でも言っていたように、難関の一つなんです。もちろん売ってないわけでもなくて、海外から取り寄せになりますが299ドルの木製冶具があるとかなんとか。いや、高いですね。無理です。カーボン30m買えます。

また、Twitterで知り合ったフレーム自作erの方は冶具も自作しておられました。1万くらい掛かったんだっけな。(詳細な注文明細まで見せて下さったのに正確な値段を覚えてないwすいませんw)
1万でもやっぱ高いですね。10mのカーボンが買えます。

そんなわけで大学の廃材を漁りました。教授に許可を取って0円で良さそうなものを獲得。学生としては0円というのが嬉しくてしょーがないです。

ではさくっと接着しちゃいましょう。
オーバーレイの準備をして・・・
Img_2636

そしていつも通り作業中の画像はなくて・・・
いきなりどーん
Img_2648 Img_2637 Img_2647

ってな感じ。
ちゃんと平行出てると思います。
バックがあって、ヘッドの角度が決まっていれば簡単なもんですね。バックの歪みが無ければ、ですが。

本当のフレーム作りではこれが死ぬほど大変だと思います。
ヘッドの平行もそうですが、BBの水平も取らないといけません。そしてなによりバックの芯出しはかなり難しいでしょう。前三角と後三角では後者の方が難しいと思います。
このあたりはフレーム自作erさんの意見も一致していて、やっぱり後三角が肝だと。

これは次回作までに色々と考えておかないといけませんね。
フレーム作りとは、フレームを作るだけではなく、冶具も作る・冶具の使い方も創る、そういうものだと思います。

ビルダーさんは横型が多いですが、自作erには縦型が良いでしょう。主に場所的な意味で。横型は場所を取りますからね・・・

あとは概念図の通り、オーバーレイを何度か重ねてフィニッシュしましょう。
最後は綺麗な化粧を。
Img_2852

とりあえずダウンチューブはこれで完成ってことにしましょう。あんだけ時間かかったのに、記事にすると一瞬ですね。いやぁなんとも複雑な気分です。
次回はトップチューブを作っていきましょうかね。

続きへ

« NouveauKaste 実験車1号機 part4 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part6 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/45160832

この記事へのトラックバック一覧です: NouveauKaste 実験車1号機 part5:

« NouveauKaste 実験車1号機 part4 | トップページ | NouveauKaste 実験車1号機 part6 »