私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« TREK Y-Foil 補修 part4 | トップページ | G3という組み方 »

2012年4月19日 (木)

TREK Y-Foil 補修 part5

これでカーボン使うのは終わり!

さて、前回は賛否両論っぽいことをしました。

今回はもっと割れると思います。そんなことをしちゃいます。

これです。
Img_2451

はい。ボトルケージ台座を取っちゃいます。

ここもですねー
気になってたんですよ。

なーんでエアロフレームなのにこんなとこにつけるかなーって。
どうせ非UCIなんだし、とことんまでやっちゃえば良いのになーって。
ボトルはサドルの後ろにつければ2本も積めるのになーって。

そう思っちゃうともう、、止まりません。
だってこの台座無い方が絶対カッコイイと思いますもん。空力的にも良いし。まぁ個人の感性の問題ですけど。

「TREKの芸術品になんてことするんだ!!!」とか思っちゃった人は前回同様、リターン推奨。
まぁ、そういう方の言い分もよーくわかるし、「これまーた悪口言われるんだろうなー」と思いながらこっちもやってますので。
でも私がこうする、と決めたことを、わざわざ人様の反応見て判断するなんてアホらしいですからね。そもそもこれは趣味です。なんで趣味なのに人の様子見ないといけないのよーって思いもあります。
(だったらブログ書くなやって話もありますが、それも同様に・・・)

とりあえず。
バコっと取っちゃいます。
Img_2456

文章で書くと簡単ですが、かなり手間かかってます。
ちゃんとした接着剤で接着されていたようで(当たり前)、接着強度がもの凄かったです。ミニ四駆方式で取りましたよ。(つまりドリルで連続的に穴をあけていく方法)

では綺麗にしましょうか。
Img_2454

こんなもんで良いでしょう。
Img_2458
(まだ素手でやってんのかバカ!笑)

では例によって積層していきましょう。
今回は頑張って写真取ってみました!
Img_2460
一番最初の段階です。こっからさらにバサバサ繊維を盛っていくわけです。

そして今回はガラスクロスを使ってみました。
Img_2461
これはクロスの1プライ目。ふわっと乗せたところを撮ってます。
ガラスクロスにした理由は、こんなところカーボンにしたってしゃーないからです。大して補強にもならないし、もともと繊維が破損しまくってるわけでもないし。
外力に対する耐久力だけ上げられれば良いかなと思ってガラスにしました。まぁガラスガラスと言うけれども、引張はそんなに悪くないんですよ?弾性がちょっとアレなだけで。

で、樹脂を塗ったところ。
Img_2466
カーボンならシファック方式で筆使ってペタペタやりますが、ガラスの場合は樹脂が浸透しにくいので手で押していきます。
カメラを手に取れない理由はここですw

ちなみに。これはエポキシを使ってたと思いますが、積層用のエポキシなので強度はカスみたいなもんです。こういうことをやる時は接着剤を使うべきです。

そして例によってビニテモールディング。
Img_2468

24時間ほど待って取ってみるとこんな感じ。
Img_2474
うん、まぁまぁ。ガラスだと下が見えてなんか面白いですね。

さて、あとは削ってーの
Img_2477

いつものここ!
Img_2478

と、いうわけで、
完成が見えてきましたね~

次回は完成したy-foilをお見せしましょう。

続きへ

« TREK Y-Foil 補修 part4 | トップページ | G3という組み方 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

ガラスまっとだと削るの大変そう
(カーボンも一緒かな?)

見てるだけでちくちくしてくるw

名無しさん

大変なのはどっちもどっちですねw でも難しいのは確実にガラスの方です。透明だから状況が掴めないんですよ。
チクチクチクチク・・・ほんっと痒いです(笑)

サドル後ろのボトルは空力最悪ですよ。
ダウンチューブのボトルもエアロフレームに付ければ空力悪化しますが、バイクが丸パイプ程度なら整流効果でむしろ空力は良くなるんだそうな

まあ…やっちゃったモンは仕方ないですが笑

taaさん

サドル後ろのボトルも工夫すれば空力良くなりますよ。既成品をそのまま使うと駄目でしょうけど。
丸パイプにボトル2本入れて整流効果ってのは良く言われることですが、これは多分ダイヤモンドフレームのダウン&シートの角度に対することじゃないかなぁ、なんて思ったりして。Y-foilの場合はすっげー寝てる部分にボトルが来るので、整流効果は全く期待できないと思います。

そして一番大事なことですが、私はこの作業を「エアロ効果を得るため」にやったのではなく、とことん突き詰めるためにやったということです。part4にも同様の「これってエアロ狙ったの?」というコメントがありましたが、これらの作業は全て「私の美学を満たすため」にやっております。悪しからず。

空力云々より、テコの先っちょに重りがつくから乗り味が凄く重くなりますよね。
サドルにつけるボトルケージは。

カンサイさん

カンサイさん何してはるんでっか(二回目) なんで平仮名なんだろう()

乗り味か。なるほど、確かに振りにくさ最悪だし、全体的に挙動がちょっと変わりますねぇ。うーん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/44741891

この記事へのトラックバック一覧です: TREK Y-Foil 補修 part5:

« TREK Y-Foil 補修 part4 | トップページ | G3という組み方 »