私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« プレミア神戸 訪問記 part3 | トップページ | TREK Y-Foil 補修 part1 »

2012年4月 5日 (木)

カーボン実験 ② part2

なるほど、UDはたしかに。ふむ。

さて、前回作成した試験素材。今回はこれを破壊試験していきましょう。

出来上がったブツはこちら。
Img_2275

クロス5プライの方は綺麗なもんです。
Img_2276

さて、ほんじゃさっそく曲げましょう。
Img_2279

おお、これは結構硬い!
十分強化できてる!
※後にわかったことですが、実はこの段階ではまだ完全硬化してませんでした。それでも十分硬かったです。

曲がったところはこんな感じ。
Img_2280

ほうほうほう。
よーし、ちょっとこれ剥がしてみっか。もちろんこれは接着試験です。
Img_2283

おぉ、何かの引っ掛かりがあれば(丸い部分がそれに相当)、そこそこ良い強度を発揮しますね。
でもさすがポリエステル、綺麗な面の金属とはつきません。ポリエステルじゃなくても積層用の樹脂だとこんなもんだと思います。

そしてこの面がまた綺麗です。
Img_2286
これは仕上がりを考える時のヒントになるかな?(※結局なりませんでした)

ほんじゃ再び強度試験と、あとはレジンの浸透具合を見ましょう。
ポキっとな。
Img_2293

ほむほむ。
Img_2291

3Kの方はあんまり浸透してないように見えますねぇ。どうやらレジンの強度比率の方が大きいような。。
※追記:この時も完全硬化してなかったようです。1日以上置いたんですけどね。3日くらいしてから別の部分を折ろうとしたらすんごい硬かったです。このポリエステルは硬化遅いのかしら?

ではUDの方はどうでしょうか。
Img_2296

こちらは折るのに苦労しました。
そしてよーく見てみるとキラキラした部分が多数。おそらくレジンが浸透しているんでしょう。なーるほど、UDはそういう利点があったのかと。

しかも3Kの束がそんままの部分より、若干ほつれている部分の方が綺麗に浸透していました。そりゃまぁ考えてみりゃ当たり前なんですが、こういうのはやらないとわからないですからね。


というわけで決定事項が以下。

・下位の積層にはUDを使う
・UDも綺麗なUDとバサバサした繊維状のUD?の2種を使う。後者は短く切ったものも用意する。
・最上位の1プライ及び2プライはクロスを使う。

という感じ。
うーん、実験して良かった!
UDの有効性に気づくことが出来ました。

※追記:後に得た知識ですが、この「バサバサにする」って行為、これは某大学の鳥人間サークルでもやることだとか。なんだか嬉しいですね。こうやって私が実験して得たことが、その筋の世界で通用してるって。でもあちらはバサバサよりもっと細かくする感じです。フィラー(添加剤)として使うそうな。後述のグラファイト粉末の代わりみたいなもんだと思います。

と、いうわけで、ポリエステルなのでちょっと不安なところは残りますが、Y-foilの補修はこの方法で行くことに。ただしこれは積層の仕方や実際のカーボンの盛り方を決定しただけで、加圧の仕方はまだ未知数です。ここはまた次回書くことにしましょう。


***
ちなみに。
実際のクラック補修では、UDの積層の前に、接着剤にグラファイト粉末を混ぜたものを使うらしいです。実はもうY-foilの補修が終わってまして、それを実現することは不可能なんですが、これからやろうって人は参考までに。
もちろんY-foilの補修には上記のような私なりの手法を用いております。

ちなみに②。
おそらくラグ式カーボンフレームの接着に用いるのも上記のグラファイト粉末入りじゃないのかな。動画でよく見る人も多いと思いますが、彼らが使う接着剤は黒いですよね?おそらく混ぜてるじゃないかなーと。今度フレームを作る方は参考までに。
追記:うーん、そういう色の接着剤もあるみたいですねぇ。デブコンとか。

というわけで次回、Y-foilの補修準備に入ります。

続きへ

« プレミア神戸 訪問記 part3 | トップページ | TREK Y-Foil 補修 part1 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

ゴルフクラブのクラブヘッドとカーボンシャフトを接合する場合にも
カーボンシャフトの接合部分は塗装がありませんので
綺麗なままなら問題はないのですが、若干傷があったり
パワーがある方用には接着剤にカーボンの粉末(カーボンシャフトをグラインダーで切った時に出る粉塵)を混ぜて使うと強度が上がりますよ

参考にはならないかもですが、ちょいとと通りすがりに^^

kagaさん

やっぱりグラファイト粉末を混ぜるという行為は一般的にあるようですね。私はこれを積層でやりましたが、本来はコメントのような接着用途で使うんだと思います。記事中の鳥人間の話でも、使うのは接着の時でしたしね。

ゴルフクラブを組む時
接着剤にガラスビーズを練りこむ事も有ります
主に 隙間の多いときにそんな方法を取ります
そんな材料が手元に有るので 送りましょうか?

何故有るかって?
一時ゴルフに凝っていた頃 クラブも時分で組んじゃえ!
のなごりです アホでしょ(笑)

kinoさん

さすがkinoさん(笑) ゴルフクラブ自作されてたわけですか(笑)

しかしガラスビーズ・・・これは聞き慣れないものですね。どのようなものかちょっと気になりますねw
隙間が多い時に使う、ということはフィラーとして使うということで間違い無いと思うんですが、ビーズのフィラーなんてあるんですね。面白い。
もしお手間じゃなければサンプルが欲しいところですね(笑) この後考えていることにちょっと使うかも。ふふふ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/44621964

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン実験 ② part2:

« プレミア神戸 訪問記 part3 | トップページ | TREK Y-Foil 補修 part1 »