私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« K2T2ジャージ | トップページ | プレミア神戸 訪問記 part2 »

2012年3月21日 (水)

カーボン実験 ① part1

まずはここから。


前回前々回と、必要な材料が揃いました。だったらやることは一つです。勉強なんかしてる暇ありません。実験あるのみです。
実験結果を見てから勉強をします。

右も左もわからない状況だったんですが、とりあえず予備知識(動画とかで見た知識)でぱぱーっとやってしましましょう。ちょうどK2T2ジャージを取りに来てた方2人と一緒に実験を進めます。

※ここらへんの状況はツイキャスで公開しております。カステさん一同の慌てふためく姿を見たい人は是非ご覧になってください(笑)

まずカーボンを切ります。
Img_2219

ほんで接着剤をどうにかします。
Img_2221

えーっと、これでえぇのんかな?w
Img_2223

ん?ん?合ってるの?合ってるのこれ?w
Img_2225

ここで一緒に実験してた方が「押さえるべきじゃね?」みたいなことを言ってきました。(私のせいじゃない!!)
Img_2228

ほうほう、ならやっちゃいましょうかってなもんで。
Img_2230

え、ちょっと、、え、、
Img_2232

ギャアアアアアアアアアア
Img_2234

「と、とりあえず巻いてみようぜ・・・」「お、おう・・」
Img_2235

ヒィィィいいいいいいいいい
Img_2236

「おおお落ち着け!とととりあえず何かに巻くんだ!!!」「おおおおおうう」
Img_2237

「「「これはひどい」」」
Img_2238

「「「・・・」」」
Img_2241


「え、ちょっと待って」
「これこの後どーすんの・・」
「「・・・」」

次回へ続く
続きへ

« K2T2ジャージ | トップページ | プレミア神戸 訪問記 part2 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

あー!オニウのジャージがカピカピになっちゃいますよ!

初カキコです。 何日か前にtwitterでねじれ剛性の話をした人です。

これ見てましたが、面白かったですよ~

補修本番も放送するんですか??

ちょっ!w

面白そうww

続きが楽しみだ(笑)

接着剤の量が多いんじゃない?素人意見だけど。

はじめまして
いつもromってるだけなのですが、何やら楽しそうなのでちょっと情報を

読売テレビでやってる「鳥人間コンテスト」の人力プロペラ機部門に出場してるチームなんかではプリプレグからパイプを焼いて機体を造ってたりするから、調べてみても良いかもしれません
僕自身お手伝いでカーボン巻いたりしてたし
記憶では、東工大、芝浦工大、金沢工大、早稲田とかはカーボンパイプを自作してたはず

ついでに、人力プロペラ飛行機は翼の付いた自転車みたいな感じなので、パイロットは基本的に自転車バカです。話をするとと面白いかも

きょんぺいさん

はは、細心の注意を払っておりますw
さすがに袋から出したばかりのジャージに樹脂が飛んだら・・w

じーなかさん

おっすおっす
補修本番はもう終わっちゃいましたw

カーボンロード1号機の作成なら・・・放送するかも。誰か人が来たら必ず放送しますよ~

ダイさん

どもー
接着剤の量、確実に多いですコレ(笑)
本当は刷毛で塗る程度で良いと思います。でもまぁウェットだし、加圧するならこれよりちょっと少ないくらいで良いかな。

dさん

鳥人間からは学ぶことが多いですね。ドライだとさすがに畑が違いますが、結構多くの部分でウェット使ってるようですし。
ちなみに鳥人間の知り合いが少なくてですね、、ウェットを専門にやってる人が居たら嬉しいなーってのが現状です。

しかしお手伝いでカーボン巻くって凄いですねw
あれ、一言で「巻く」とは言ってもものすごく難しいでしょう?もしかしてドライだとプリプレグだから簡単なのかな?ウェットだと本当にこれが大変で大変で・・・私の場合UDを巻くつもりですから、本当にどうしたことか、、

どーもです。

パイプ同士の接合などはウェットでやってたと思いますが、上の写真ほどではないけれどUDの繊維は結構ほつれていた気がします。
パイプ状にするとか形を作るのはかなり大変そう…

補修本番の記事も楽しみにしてますね。

dさん

おおお!やっぱりUDの繊維がほつれてましたか!ふふ、思った通りです。
たぶん「わざと」ほつれさせてるんじゃないですかね。ここらへんのお話は次の次の次あたりの記事に出てくるかな?(もう執筆完了してます) 実験してみると結構わかるものがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/44408650

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン実験 ① part1:

« K2T2ジャージ | トップページ | プレミア神戸 訪問記 part2 »