私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« 【速報】K2T2酷い | トップページ | カーボン実験 ② part1 »

2012年3月27日 (火)

カーボン実験 ① part2

ハゲ散らカステる

前回ドタバタしながらどうにかカーボンを巻くことが出来たカステさん一行・・・次なる指令がツイキャス閲覧者から飛んできます。

えー、なんでもバキュームしろと。
いえ、ここらへんの作り方知ってたんですけどね、どーも私にはバキューム言うのが不思議でして。
と言うのも、カーボンはレジンでベッタベタなわけです。ここにビニール被せたらくっつくんじゃないの???と。

するとツイキャス閲覧者からは
「取れるだろ・・・多分な」
「冷凍すれば取れるらしい」
「取れるくさい。知らんけど」

などと無責任な助言が飛んできました。
じゃあやるしかありません。それこそ実験です。

まずビニール袋に入れましょう。
Img_2244

ほんで掃除機で吸います。
Img_2245

本当は布団圧縮袋を使って掃除機で吸った方が良いんですけどね。いや、正確にはアウトなんですが。本当は真空ポンプを使った方が良いです。
で、もちろんここらへんは正しいやり方ってのがあって、まぁ海外のサイトなどを漁ってればいくらでも出てきます。

しかし大事なのは意義を果たすこと。なぜ真空にするのか、その意義を考えてやることが大事です。
これ系のDIY作業というのは、どっかのサイトに書いてあったことをそんままやってたんじゃ詰まらんと思うのです。

例えば、素人がどっかの個人サイト(例えば私のブログ等)を見て、書いてあることを真似して機材をぶっ壊す、、なんてことがよくあるらしいですが、センスがありません。DIYってのは説明書どおりにするもんじゃありませんから・・・
意義を果たすのが大事です。


とか偉そうなこと言ってますが、まぁこの第一弾では色々と失敗してるのでちょっとアレ。
Img_2247

まぁ、私と同じく素人でカーボン扱おうと思ってるそこのアナタ・・・真空引きの意義をよーく考えましょう。ここに答えは書きません。


とりあえず24時間ほど置いて完成。もちろんただ置いてたわけじゃないですけどね。意義を果たしながら放置してました。
ビニールはあっけなく取れました。ビニールとは接着が出来無い、ということでもありますね。
Img_2251

うーん、、
Img_2252


えーっと。
まぁ、、カーボンに、、なってるかな?

閲覧者1「おっさんの頭みたい」
閲覧者2「バーコード頭」
閲覧者3「誰ですかこれ」
閲覧者4「ハゲ散らカステる」

全部褒め言葉として取っておきます。

しかしここで問題発生。

これどーやって性能評価するの・・・?
「あっ・・・」

というわけで、作ったは良いがただの前実験になってしまいました。
まぁこういう経験も大事でしょう。次で生きます。

そしてツイキャス閲覧者から興味深いコメントが。
「ウェットなら加圧しなくてもイケるよ」
「mjsk!!」

まぁ加圧すれば良いものが作れるに決まってますから、次回は性能評価をマージン取って出来るように、加圧無しの積層カーボンでの破壊実験をしたいと思います。

続きへ

« 【速報】K2T2酷い | トップページ | カーボン実験 ② part1 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

真空引きするのは気泡を抜くためだと思いますが。。
強化積層木やペーパーマイカルタを作るさいも真空引きが大事です。
真空引きによって目に見えないレベルでの気泡を脱いて樹脂を隅々まで行き渡らせる。
そりゃ強度も段違いですよね。

真空ポンプ欲すぃ。。

昔、趣味で沢山FRPやカーボンのカウル、はてはガソリンタンクまで作って遊んでました。
FRP、CFRPに限らず型作りが一番大事ですよ(そして一番手間が掛かる…)。
張り子式の成型品ですから、まずは型がないと何もできません。

離型の方ですが、離型剤は「ブルー」というPVA離型剤を使ってください。それ以外では
癒着してしまい離型不可能です。

自転車ということで実際には小型部品が多いと思いますが、小さなアールには向いてないため、
洋服の型紙のように予めカットした繊維を先に綺麗に敷いてから含浸させてください。
脱泡ローラーなどは不要です。

離型剤と予めカットする他には特にコツは無いのですが、こういうのはやっぱり”慣れ”です。
私は精力意外は尽き果てたオッサンなのでもう成型なんてやろうとは思いませんが、
とても面白い世界ですよ。 がんばってください( ・∀・)

あ、そうそう、ウェットカーボンで充分だと思います。90年代はメーカー車でも概ねウエットでしたし。
有名なトガシエンジニアリングのカーボンバイクもウエットでしたっけね。
参考:http://funacop.blog116.fc2.com/blog-entry-325.html

野良猫さん

あー 言っちゃったw

デローザ乗りさん

おおーバイクの方でやっておられたというわけですね。そりゃーすごい。

型で作るのが最終的な理想ですね。しかし今の段階ではちょっと別の方向を向いています。慣れてきて、さらに資金的にも余裕ができればウェットカーボンモノコックでエアロフレームを、と考えています。

>そうそう、ウェットカーボンで充分だと思います。
鳥人間関係の人の話などを聞いてるとそうみたいですね。ちゃんとしたやり方で作ればイケるんだと思います。そもそもtimeやbmcなんかは分類的にはウェットですしね。あと某ア◯◯ダも。どちらもアルファベット3文字の製法でやってるみたいですし、ウェットはウェットでやり方次第なんだろうなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/44616299

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン実験 ① part2:

« 【速報】K2T2酷い | トップページ | カーボン実験 ② part1 »