私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« カーボン実験 ① part2 | トップページ | 【速報】修善寺ロード Aクラス【K2T2】 »

2012年3月30日 (金)

カーボン実験 ② part1

こっからが本番

さて、前回はドタバタしながらもなんとかおっさんの頭カーボンらしきものが出来ました。
しかし強度試験ができない・・・というオチ。

というわけで、今回はちゃんと強度試験が出来るものを作っていきます。
前回の最後に言った通り、マージンを取った試験をするため加圧は無しです。

とりあえずこいつを使いましょう。
Img_2267

ゼッケンプレート用に使ってた板金。素材は不明ですが、非常に柔らかいものになっています。これをどれだけ強化できるかという試験をします。

カーボンはクロスで5プライほど。
Img_2269
実際のフレームではドライで4~6プライ程度です。私が将来的に考えているのは10プライ。Y-foilの補修なら5プライ程度と考えています。まぁその考えが正しいかどうかもこれで判断しましょう。

今回は本当に盛るだけです。
Img_2272

手前に作ったのはUDです。UDを数プライしたあとクロスを重ねてます。さらにその上からUDが数プライ。もはやプライと数えられないような置き方である。中に挟んだクロスは1,2プライ程度だったと思います。UDは正式なUDではなくて、クロスから引っ張り出してきた3K分の繊維のUDとなります。

ついでだから切れ端も使いましょう。
Img_2273

こちらはヨレてしまったクロスや、切れ端を「ふんだん」に使ったものになります。
この時はクロスの価値を知りませんでしたから、こんなにいっぱい使ってますが、最近クロスを買おうという段になって「おいおいあれはミスったな」と思う次第。クロス、高いです・・・。

この贅沢な試験素材は、強化物としてではなく単体での強度を試すためのものになります。こちらも加圧無し。クロスを数プライですね。ところどころUDも混じってます。これはひどい。

とりあえず24時間くらいは待ちましょうかね。
Img_2274

と、今日はここまで。
ちゃんと固まったら試験に移ります。とは言っても、うちに試験機材は無いので、「フィーリング試験」になります。でもこれって大事ですよね。人間だって十分試験機材ですよ。

***
ちなみに。
上で実際のフレームでも4~6プライ、などと抜かしておりますが、ソースはこちらです。
Basso

面白いですね。こういうの公開してくれるのは結構助かります。
ぜーんぶ1KでT700使ってまーす、なんて書いてありますけど、本当でしょうか?なんか怪しいぞぉー

ちなみに一般層でもウェット用のT700SCなら買えます。UDの300×1000mmの100g/m^2で実売1400円弱なり。安いっちゃ安い。国内卸しだと1000円弱くらいなんでしょうかね?
ドライ用のT700だとおいくらくらいするんでしょう?
てきとーなグレードの3Kクロスプリプレグなら1m×1mで7000円前後です。ウェットの1.5倍弱くらいはする、って感じでしょうか?
でも生クロスにも価格差がありますね。1m×1mで8000~9000円くらいするものもあります。ちなみにホームセンターで買うと1m×1mで5万5千円します
(T700SCと言うと輸出可能レベルのT系列最上位ですから「おぉ~」という感じがありますが、実は弾性率ならM系列の方が凄いっす。東レHP参照)

ゆーて普通に組めばフレーム一台分のカーボン繊維だけで中華カーボンの売値くらいにはなるわけですよ。ここに設備代が来ますからね。
timeみたいなRTMだったらレジン代も要ります。(RTMはウェットをドライっぽくしちゃうやり方。私大好きです)

こう考えると中華カーボンって凄いですよね。
物価の違いってこんなに凄いのか。人件費の違いもすっごい効いてますね。フレームが3万で買えるわけですから。3万で作れるんじゃなくて、3万で買えるんです。凄すぎる。

以上余談でした。

次回へ続く。
続きへ

« カーボン実験 ① part2 | トップページ | 【速報】修善寺ロード Aクラス【K2T2】 »

10.自作カーボン」カテゴリの記事

コメント

中華カーボンはそんなにいい繊維使ってるんですかね^^;

某初によれば屑カーボンを大量に輸出しているという話もありますが。船舶用コンテナ一杯で数○円とか。。
それでも腐ってもカーボンですから、グラス繊維よりは物性がいいんでしょうけれど。

野良猫さん

おっしゃる通り、中華カーボンは屑カーボンを使っていると思います。ぶった切った画像を見ると屑やなぁ〜としみじみ。

しかし最終1プライは綺麗な網目ですし、あそこだけでもそこそこ金かかってるのかなと。もしや化粧まで屑レベルのお値段で買えるのでしょうか?
だとしたら欲しすぎるwwww屑でもあんだけ綺麗なら十分ですもん(笑)

どっか一般向けに中華用屑カーボン売ってないですかねぇ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/44621296

この記事へのトラックバック一覧です: カーボン実験 ② part1:

« カーボン実験 ① part2 | トップページ | 【速報】修善寺ロード Aクラス【K2T2】 »