私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« VIGOREの真相 (VIGORE レストア part6) | トップページ | MTB入庫 »

2011年12月22日 (木)

NRSフィッティング

人生初フィッティングです。

“走る”人にとって絶対的に大事なもの、それはポジションだと思います。異論は無いでしょう。

もともと私は“弄る”人なので、そっちの畑には詳しくありません。フレームサイズも「こっちが合わせるもんだ派」に所属してたくらいですし。走る人には全くわからない考え方でしょうけど、機材派の人間は「乗りたい機材がこのサイズなんだ!サイズが合ってなくて何が悪い!」という思考回路です。そういう世界なんです。

しかし私もこの一年、よく走るようになりました。やっぱり走り出すとポジション第一になりますね。そりゃ機材派の血もずいぶん残ってますけど、けっこうなポジション厨になってきました。

そうなると気になって仕方ないのが「フィッティング」ですよ。

前述の通り、そちらの畑には興味が全く無かった人間です、フィッティングの何たるかはよくわかりません。
BGが流行ってるのは知ってますが、それ以外にもBikeFitやらナントカFitがあったり、かと思えば海外ではシファックがどうのこうの・・・正直よくわかりません。ぜーんぶウロ覚えです。

とりあえず色々フィッティングの方法はあるよ、ということはわかりました。
そしてそのほとんどが、“データ採集型”の帰納法フィッティングであることまでは理解しました。某シル◯ストの山◯さんが算出したメソッドなんかが良い例です。あれはフィッティングではありませんが、要約すれば「プロ選手のポジションを測ってみたら大体こうなったよ」というものです。

唯一(?)違うのがBGでしょうか。あれは関節の角度を見るんですってね。帰納で攻めないロジカルなやり方です。正直に言うと、それが最終目標だと思います。(もちろんBGも出発点というか、前提になるデータは帰納法で集めているみたいです。そっから先の話ですね)
その一階層下に帰納フィッティングがあると思います。そしてそれが大きな力を持つ。だって自転車ってそんなに歴史の浅いものじゃありませんから。こんだけモノとヒトが関わる文化なら、そういう帰納的なものは自ずと形成されてしまうものですし、データ量が膨大ですから、解は正しい方向に向かうことが多いはずです。

しかし!大事なのは、それをほとんどの人が知らない、ということ。
サドル高はわかります。あれはアンカーですら公表しますし。しかしサドル-ハンドル長となると、多くの人は詰まってしまうはず。

そんな詰まってしまう人に対して必要になってくるのが、データ採集型の帰納法フィッティングだと思うです


そこで紹介したいのが、今回のタイトルでもあります、NRSフィッティングというわけです。
NRSはご存知の方も多いはず。友の会の公式ショップでもあります(笑)

友の会なんてフザけた組織が絡んでるので残念な感じがありますが、NRSは真っ当なショップです。友の会が悪いんです。NRSの橋本さんはホンモノのプロですよ。
私みたいなアホが言っても信じてもらえないかもしれませんが、経歴を見れば明らかです。ホンモノです。


※追記:私よりもフィッティングに関しては何倍も詳しい藤原氏も記事を書いています。フィッティングの知識がある人はこちらを参照にした方が良いと思います。

※追記:NRSについても藤原氏がわかりやすく記事を書いてくれてます。「冷やかしで訪問はやめて」という文言に関しては完全同意。橋本さん倒れちゃうから、本気の人だけどうぞ。

とりあえず今回、遊びに行ったついでにフィッティングをしてもらいました。

測る項目は2つだけ!
まずは股下。
Photo
むむむ、なんだか恥ずかしい写真だな(笑)

そして腕の長さ。
Image
けっして悪いことをして取り押さえられてるわけではありませんw

この2項目だけです。
って言うと、気づく方が居るでしょう。

これって家で出来るんじゃね!?

その通りです。
むしろ、それこそがNRSフィッティングの最大の長所だと思うのです。


このフィッティング、メールで出来ます


入金とともに詳しいやり方をメールで教わり、データを送る。そうすればフィッティング結果がメールで返ってくる、というわけです。
もちろん色々と思うところがある方は実際に行けば良いとは思いますが、県外人だとねぇ・・・

そんなわけでオススメです、このNRSフィッティング。
データ採集型の帰納法フィッティングなら、メールでやる程度で良いと私は思います。いきなりBGでも良いですけどね、まずはこっからって感じがします。
お値段も全然違いますし。BGは2万くらいするんでしたっけ?こちらはその1/4です。BGはさらにそこから5000円ずつ課金が発生するはずです。そしてBGはすっげー時間がかかります。こちらはすぐに返答がきます。(どちらも良いところがある、という意味です)

「むむっ、突然フィッティングが気になりだしたぞっ」くらいのレベルの方はまずNRSフィッティングかなと。
ちなみにこれ、実はもともとオーダーフレームのための採寸なんですよね。つまりNRSはオーダー車もやってます。
「むむっ、突然オーダー車が欲しくなったぞっ」みたいな人にはもっとオススメです(笑)

詳しいお問い合わせは

NRSハシモトHP:http://www.n-rs.com/
NRSハシモトメールアドレス:nrs@n-rs.com

迄。

※追記:HPは見づらいんですけど、良いこといっぱい書いてあります。コンテンツを頑張って探して読んでみてください。ってか橋本さん、早くHPの整備をww (忙してくてそこまで手が回らないそうですが)

※追記:ブログもあります。こちらの方が見やすいです(笑)

***

ちなみに。
私のフィッティング結果はと言うと、サドル高が適正まで-11mm±5mm、ブラケット-サドルが適正まで+40mm±5mmって感じになりました。

Img_1627

この写真の状態で、サドルを約1cm落として、ハンドルを約4cm前に出すのが適正っぽいですね。
サドルは楕円理論のためにわざと高く、そして前進させているし、ハンドルは「低く近く理論」で出してたので、ズレ方向に対しては想定内ではあるんですけどね。
ただ4cmも違ったってのは驚き。まぁ2cmくらいは違うだろうと思ってたけど、そんなにかーと。こういうのがあるから面白いですよね。

« VIGOREの真相 (VIGORE レストア part6) | トップページ | MTB入庫 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

どうもどうも,ブログでは初めまして,フィッティングマニアのうんこです.
4cm伸びた,って話だけ聞いてたときは正直驚きでしたが,バイク写真とか見たら納得な気がしましたw

ちなみにこのフィッティングって体寸法の数値オンリーでやってるんですかね?
メールだとそれしかやりようがないと思うんですけど,カステさんの場合は実店舗でやってるので気になったのですよ.
というのはシューズのソール厚やペダルクリートのスタックハイトでもサドル高は変わると思うんですよね.
もしかしてこれが+-の意味だったりしますかね?

とりあえず藤原さんの記事も読んできまーす♪

こちらへ来ていたのなら 連絡をくれれば良かったのに
食事くらいはご馳走したのにな

ひかるっち

このうんこ野郎・・・
やっぱりバイク写真見たらわかるもんですか。デビットミラー(スットコの時の写真見た)とかも、こんくらい詰まった感じだったから良いかなーって思ったんだけど。まぁ、でも、詰まってることに変わりないわなぁ。

フィッティングは体寸法オンリーでっせ。
もちろんひかるっちが言うことはごもっともなんだけど、この±ってのは別の部分。ひかるっちが言うファクターを切り離した状態でも生じるエラーバーだと思ってもらって良いよ。

実はひかるっちが言ってる部分ってのが、カステさんが考えようとしてる部分でね。ここらへんを角度を媒介した数式(長さの変数は一個ぶち込むだけにしたいの)で扱えないかなって。ちょっとした野望です(笑)

kinoさん

はは、実はkinoさんの話題も出たんですよ。橋本さんが「kinoさんとこ近いし、遊びに行ったら?」って(笑) ただアポ取ってなかったですし、なにより橋本さんと話し込んじゃって・・・結局昼から閉店までお邪魔してましたw

でもkinoさんのところにも是非遊びに行きたいんですよ。今度はちゃんとアポ取って行こうかしら・・(笑) “kinoの自転車小屋”を見てみたいんですよねぇw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/43464220

この記事へのトラックバック一覧です: NRSフィッティング:

« VIGOREの真相 (VIGORE レストア part6) | トップページ | MTB入庫 »