私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part4 »

2011年9月11日 (日)

OPERA LEONARDO zipp505×ChrisKingClassic×cxray

某氏来訪

とある方がヌーボカステ工房に来てくださいました。匿名希望とのことで名前(HN)は伏せますが、見る人が見たらわかっちゃうかも・・・。誰なのかわかってもご本人への凸はおやめ下さい。聞きたいことがある場合は当記事のコメント欄をご利用ください。

この方が駆るバイクはOPERAオペラのLEONARDOレオナルドです。(ちなみに・・本当にどうでも良いことですが、私はoperaブラウザ信者です)

Img_1121

このバイク、おそらく2004年頃のモデルだと思われます。OPERAと言えば、私で言うところのピスト君、つまり実験台です。パラディオチタンなんて作ってましたよね。
で、レオナルドFPになる前のこのレオナルドは、カーボン車の実験台と言って良いでしょう。フレームで40万だか50万だかしたそうな。

一応チェーンステイだけアルミのモデル・・・らしいです。2004年のカタログを見せてもらいましたが、前三角はカーボンらしいです。ほんまかー??色々調べましたが、前三角がアルミだと言ってる人はまず居ないですね。むぅ、そうは見えないんですけど。実際どうなんですかね。アルミっぽい気がするんだけどなー
ただし、バックフォークとフロントフォークは安心のTime製で間違いないでしょう。

Img_1124

このバックフォークなんてすっごくエロいですよね。非常に美しい。timeというメーカーは本当に美しいものを作りますね。大好きです。

このレオナルド、トップチューブやダウンチューブについても結構手が込んでまして、
Img_1129 Img_1127
こんな潰しが入ってます。2004年と言えばコルナゴがまだコルナゴだった頃です。もちろんジルコがあります。このチューブを見ると、あの時代に想いを馳せてしまいますよね。

上の写真でもわかると思いますが、このレオナルドも造りが非常に凝ってます。やっぱこのくらいやってくれないとね。ロードバイクは何だかんだ言って芸術品の面もあるわけですし。

チェーンステイだけアルミとのことですが、
Img_1133
この美しさ。仕上げが非常に綺麗です。よく造ってありますね。素晴らしい。

ちょっと古いフレームですが、やっぱり性能は一級品らしいです。この方かなり速い方なんですが、そういう人が乗ってもしっかりと反応すると。結構ヘタってるはずなんですけど、やっぱり良いものは良いんでしょうなぁ。

ちなみにこの方、今回はこんなホイールで来てました。
Img_1125

zipp505リムにChrisKingクリスキングのClassicハブ、それを逆イタのcx-ray32本で張ってます。
これは借り物だそうで、持ち主はあるショップの方(この方も匿名希望)。非常にコダワリのある方と聞いています。まぁこのホイール見ればわかりますねw

zippの505は404クリンチャーです。zippはリム売りする時に名前が変わりますよね。303だと285でしたっけ?404なら360になるんだったかな?なんで名前変えるんだろ・・・よくわかんないや。
505はリム重量600gの重量級リムです。まぁアルミ使ったクリンチャーカーボンはこうなりますよね。最近のフルカーボンクリンチャーは事情が違うみたいですが。(例えばレイノルズ32CLなら実測270g程度)

そんでハブがクリキン。半端ないっす。72ノッチとか言ってますが、リングドライブなんでそんな数字関係ありませんwww
ラチェット音がブーーーーーーーーーーンです。時速5kmくらいの低速でやっとラチェットの継ぎ目がわかる程度になります(笑)

ただし、絶対的な音量は昔のカンパ(フルクラ)のカムシン(レー7)の方が上ですね。あちらは36ノッチですが、ラチェットバネの硬さがあのグレードだけ変で、音が暴走族です。半径20m以内のカムシン(レー7)は捕捉可能です。
音量で勝負したい人はクリキンじゃなくて、2008年以前のカムシン(レー7)にした方が良いかも。

ハブの性能は皆さんご存知の通り。このモデルはどうか知りませんが、クリキンはステンベアリングですからね。構造的にも色々と凝ったことをしてるハブです。まぁあのお値段です、悪いわけがありません。高けりゃ良いってもんじゃないんですけど、これはやっぱり別格でしょう。

ほんで持ち主さんに好感を持つのは、これが32Hだと言うこと。やっぱりねぇ、(空気抵抗は置いといて)スポーク本数は多いに越したことはありませんよね。ほんでクリキンに58mmハイトでしょう、そりゃー掛かりますよ。

一つ疑問なのは逆イタ。たぶんコダワリがあるんでしょうね。ただこれはあまり言わない方がいいかな?w
自転車界は井上組み信者が多いですから・・・ 私のスタンスは井上寄りです。逆イタはもう組まないかなぁ。別にどっちでも良いんだけど、出来れば井上って感じ。

ほんでもって、実はこのオフ会には一つ目的があったのです。
それはホイール交換。
Img_1120 Img_1122

実は春先に一度お会いした時からずっとホイール交換をしましょうと言っていたのです。
私が貸して頂いたのはEDGE1.65。これについては別記事を設けます。

そして私がお貸ししたのはcorimaのwinium。
実はデータが欲しかったのです。この方みたいな速い人が履いた時、このホイールはどんな顔をするのか。それが見たかった。
このデータについては、EDGE1.65の記事の中にまとめて入れる予定です。

今のところ、結構面白いデータが取れてますよ。データというほど定量的では無いですけどね。
何にせよ、私にとっては面白いことが起きています。

というわけでホイール記事に乞うご期待ということで。
ではまた。

« 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part4 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/41636997

この記事へのトラックバック一覧です: OPERA LEONARDO zipp505×ChrisKingClassic×cxray:

« 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part4 »