私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« SRAM RED と ROTOR 3DTi | トップページ | UNOウノ ステム ASA105 »

2011年8月 3日 (水)

FELT FC 700kmほど乗っての感想とプロのインプレ

セカンドインプレッションです

Img_0842

と、言うわけで、700km~800kmくらい乗ったはずなので、セカンドインプレッションです。
セカンドインプレはだいたい500kmくらい乗ってからするものなのかなぁ、とか、1000km必要かなぁ、とか、まぁ色々あるんですが、そもそも私を含め人のインプレなんてアテにならんので、そう気にすることも無いでしょう。

で、そんなどうでも良いことをわざわざしようと思ったのは、安井行生のロードバイク徹底インプレッションをたまたま見たから。

この人のインプレ記事は以前からたまに見るんですが、かなり強い口調で中二チックに書かれていたし(お前が言うなw)、たまにちょっとした批判も入ってたりで面白いなと思ってたんです。
基本的にこういう人がやるインプレっていうのは、裏で色々あることが多いですからね。(例えば自転車インプレ雑誌は、ただの写真集として見た方が良かったり) いや、この人のインプレも何かしらのバイアスはかかってるとは思いますが。

今回はたまたまfeltのフレームのインプレで、さらに共感する部分が多かったので、ちょっと記事にしてみました。えぇ、いわゆる「俺得記事」です、すいません。

ちなみに彼がインプレしてるのはF1です。私のは一個下のFC。どっちもまぁ似たようなもんです(ほんまか?w)。日本ではF2が一個下ということになってますが、ここらへんからはガクっと変わってくるんじゃないでしょうか。たぶん。知らんけど。

ちなみにちなみに。私のファーストインプレッションはこちら

とりあえず彼の本文中の文言を引用し、それに対する私の感想を添えましょう。


ではスタート↓

・「「低速域・小トルクでの重ったるさ」 が微塵も感じられない
最近は慣れちゃったのであまり感じなくなりましたが、乗り始めの頃は確かにこれ感じてました。時速50km/hオーバーをターゲットに作られている他社のハイエンドに比べれば、このあたりは強いかなと思います。

・「カンカンと路面を弾くハッピーな脚周り (振動吸収性・減衰性を第一のプライオリティとしていない設計思想)
これはファーストインプレでも指摘してます。今もそう思います。ハッピーの意味がよーわかりませんが、あんまりハッピー(幸福)では無いと思います。(安定しない、みたいな意味らしいです。コメントありがとうございます)
まぁ私はこのくらいが好きです。でも、本気で走るならここは大事なところですよね。100km以上のレースで勝つって言うなら、絶対に無視できない性能です。タイヤでどうにかするしか無いですね。

・「ただ、少々理解しかねるのが小さいフレームサイズの異様に立ったシート角である
・「また、最小サイズがトップ525mm (ホリゾンタル換算) というのも納得できない。「チビは諦めろって?」 と言いたくなる。
やっぱり(笑) 誰でもそう思うみたい(笑)
これほんと酷いですよね。何を考えてんのか全くもう・・・ 11年からは大丈夫ですが、10年以前のモデルにチビが乗るのは駄目です。ってか、そんだけチビを馬鹿にするんなら、最初からこのサイズ作んなよ!って思うんですけどね。
10年以前モデルは、日本人にはちょっと厳しいフレームですねぇ。

・「トップチューブがもう5mmだけ短く、さらにシート角がもう1.5度だけ寝ていたなら
そう。つまり“普通に”フレームを作れば良かったんです。

・「さらに重箱の隅を突けば弱点は出てくる。強靭すぎるほどのフレームに対してフォークがややソフトだ。前後方向にも左右方向にも若干弱い
これこれこれ。まさにこれ。ややソフトなんてもんじゃない。剛性が無いのも駄目なんだけど、何より振動吸収性が悪すぎる。timeのavantstiffから乗り換えるともうお話にならない。

ちなみに、avantstiffはこのフレームに使えません。timeはカンパヒドゥンで、feltはケンクリ/FSAです。ベアリングを改造しようと思ったんですが、諸事情で無理でした。lav82の時は出来たんですけどね、今回は玉押しの一部を削る必要があって、さすがに軸受鋼材なんて硬いもの削れるかバカヤロウってことでやめました。

・「最近のバランスに優れたハイエンドバイクの走りは、質が高すぎることの影に 「(あまりの有能さに) 感心すれど感動できず」 という落胆があることが多い
これはもうずっと言ってますよね。何度も言ってる。感動出来るフレームってのは本当に少なくなってきてると思います。このFCだって感動出来るかっていうと、ちょっと弱いです。これはファーストインプレでも指摘してます。
私を感動させるなら、timeのハイエンドかペンナローラacruxみたいなのを持ってきて頂かないと。

こんな感じで、結構インプレに共通点があったんですよ。なんかこういうの楽しいじゃないですか。人と意見が合うのは。面白かったので、こんな自己満足記事書いちゃいました。

なんだかこう負の部分が目立つインプレですが、まぁそこまで悪くないフレームだと思いますよ。
確かに不満はたくさんありますが、基準点は超えてるような気がします。一世代前のフレームとしては上出来かなと。

なにより、「私をここまで走らせてくれるフレーム」ということを考えると、本当に素晴らしいと思います。走る気になりますもん。以前より確実に「走りたい」という思いは強くなってるし、思う頻度も比較にならないほど多くなってます。

そういう意味では、私はこのフレームが好きです。
走るたびに汚れ、その汚れが誇らしく感じることが出来るフレーム。コルナゴでは無理です(今のは出来るでしょうけど。06年以前のモデルの話です)。やっぱりロードバイクはこういう性能も大事です。
「こいつをもっと汚したい!」とか「汚れたこいつは美しい・・!」とか、そういう感情を持てるという性能は、そう簡単に得られるものじゃありません。

最近の凄いフレームたちは、どんどんマッドな塗装になってますね。真っ黒とか。クリアの輝きすら無いとか。そういうの大事だと思います。ああいうのは汚れると格好良いんでしょう。

ファーストインプレではこんなことを書いてました。
「ちょっとは“走る側”の世界に行ってみても楽しいかなって」

走る側の世界、楽しいですよ、2ヶ月前のカステ君。
まだまだ本気で走ってる方々には全然追いつかないところに居ますが、やっぱりロードは走ってナンボなところもあるのかなぁ、なんて思い始めてます。
(ってか昔はもっとバリバリ走ってたんだしw)

走るだけがロードじゃないけど、芸術品だけがロードでもない、といったところでしょうか。
こういう感情を抱かせてくれたこのFC、やっぱり私は好きなフレームです。これからもどんどん汚していこうかと思います。

そういうわけで、セカンドインプレッション、終了ってことで。
ではまた。

« SRAM RED と ROTOR 3DTi | トップページ | UNOウノ ステム ASA105 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

この場合の「ハッピー」は自動車やモーターバイクのインプレで使われる「テールハッピー」同様の使い方で安定方向にない、落ち着かないといった意味ではないかと思います。

名無しさん

ほうほう、そんな用語があるんですね。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/40868865

この記事へのトラックバック一覧です: FELT FC 700kmほど乗っての感想とプロのインプレ:

« SRAM RED と ROTOR 3DTi | トップページ | UNOウノ ステム ASA105 »