私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ニコイチホイール MAVIC KSYRIUM EQ × Shimano WH-R550 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 »

2011年8月31日 (水)

AMERICAN CLASSIC CR-350×FH-7403dura×ホシエアロ×cx-ray

思ったより・・良いぞ・・・

さて、前回こんな記事を書いたっきり音沙汰無しだったホイール計画・・・こんな形で復活です。

実は前回のリム、TB25は使ってません。今は在庫室に眠っております。これはまた復活させる予定です。良いリムだと思いますから。

今回用意したのはこちら。
Img_0222

知ってる人どのくらい居るかな?w
今の若い人でも、物好きな人なら絶対知ってるでしょうね。アメクラのCR-350です。ちょっと昔のリムです。もちろん特筆すべきは名前の通りの重量。
実測で350gです。

で、普段の私ならこのスペックでも使わないんですが、最近クリンチャーに心が傾いてまして。これについてはまた別記事を設けます。そんなわけでビンゴなリムだったんですねぇこれが。
(ちなみに出したお金は1.8kくらい。実は会長→藤原氏→私と流れてきてるw)

あぁ、先に書きますけど、このリム、中古ということもあってか、かなり組みにくいです。真円度が低すぎるww
テンション揃えるのはちょっと難しい仕事だと思います。新品だとこんなこと無いのかな?

で、使うハブはもちろんkinoさんから譲って頂いたFH-7403。
Img_0308
色々振り回しちゃってごめんね、って感じのハブです。TB25のあとも400gの平リムに使おうとされたり、たらい回しでした。やっと落ち着いたって感じです。

このハブ、すごく出来が良いです。「shimanoがマジで本気出してた頃のハブ」なんて評されることもあるようですが、よく考えられた良いハブだと思います。
個人的にはフリーシステムが最高!このラチェット数、凄いですよ。36ノッチなんて優に超えてる。そのくせ質感がむちゃくちゃ良い!このフリーシステムは現行のshimanoに余裕で勝ってると思います。性能じゃなくて質的な意味で。
グリス注入用のスリーブシステムがあったり、色々と凝ってます。そもそも、これ一個でUGもHGもやっちゃおうなんてマルチタスクなハブなんです、もう色々と凄い。

欠点は重さ。公式は439g?とのことですが、実測でも400g弱あります。380gちょいかな。これより重いハブってなかなか無いんじゃない?(笑)


で、スポーク。今回は星エアロを用意しました。星エアロなんて言うと、みなさん引っ掛けを想像しちゃうでしょ?
NJS用の首付きエアロがあるんですよ。PAXで買えます。みなさんあまりPAXの便利さを知らないようですが、このショップは使い込むとムチャクチャ便利です。まじで。以前みたいにトラブりたくないんであまり宣伝しませんが、とにかく良いショップです。

この星エアロはフリー側に使います。
反フリー側はcx-rayで。何故かって?cx-rayが嫌いだから。こんなスポーク、反フリー側くらいでしか仕事できないって。うん。いや、できないって言うか、仕事させたくない。お前は反フリー側に左遷だ!って感じ。
まぁ私の腕が無いだけなんですけどね。腕とお金ね。お金も要りますよこのスポーク。ハズレあるくせにこの値段って・・・

で、豆知識ですが、星エアロの方が厚みがあります。で、星エアロは1.8mmですがcx-rayは2mmです。だから、単純により多く潰してるのはcx-rayです

※追記:cx-rayは2-1.5を潰してますのでこの論はおかしいです(コメントありがとうございます)。

潰すってのはおそらくローラー圧延だと思います。聞くところによると冷間圧延だとか。焼鈍に当たる処理はしてると思いますが。たぶん。
でも、これでわかるでしょう。私がcx-ray嫌いな理由。実際、組みやすいのは星エアロです。

もちろん材質の違いでしょ?という人もいると思います。本当かどうか知りませんが、星はオーステナイト系だとか。sapやDTはマルテンサイトだとか。ほんまかー???とハテナマークが3つくらい付く情報ですが、張ってみると確かにそんな違いがあるような気もする。
でもやっぱり材質より潰し方の違いじゃないの?って感じもするようなしないような。

え?星プレーンとsapプレーンでも違うじゃないの、ですって?
うーん、そうですね。材質なのかなー。確かに星は硬いですよね。私は星が大好きです。

※追記:プレーン(スターブライト)がフェライト系でDBがオーステナイト系だとか(コメントありがとうございます)。特性全然ちゃいますよね。ほほーって感じ。

NRSの橋本さんやPAXのキクさんに「初心者が星使うのってどう思う?」と聞くと「初心者は黙ってDT。楽するな。」との答え。そのくらい違いはあるってことです。私は初心者だけど星使っちゃうよんテヘペロ


で、今回は組み方もコダワリが。8本取りです。しかもダブルクロス。

※注:「ダブルクロス」とは、本来スポークの綾取りを2箇所で行うスポーキングのことを指します。ここでの「ダブルクロス」とは、私がよく使う「ラジアルクロス」の類だと思ってください。正しくない語です。正確には「左右タンジェント組み」と表記すべきです。便宜上、この記事では「ダブルクロス」を、「左右タンジェント組み」を示す語として使います。また、32Hの8本取りは原則的に不適です。

この場合に注意があるんですが、「後乗せサクサク戦法」は面倒です。「後乗せサクサク戦法」とは、フリー側(or反フリー側)を先に組んで、その後反対側のスポークを通していく、という戦法です。

ブログなんかでよく見ますよねー 先に全部通しちゃう方。(ってか私の方法でやってる人を見たことない)
あれって時間かかりませんかねぇ。時間短縮したいなら「後乗せサクサク戦法」が有効だと思います。とくにラジアルクロスなら間違いなくこちらが早い。間違いなく。まじで。

ただし、8本取りのスモールハブ&ロープロの場合は注意。スポーク頭が重なるため、先に通してあるスポークを一度外して~みたいな面倒なことをしないといけません。それでも「後乗せサクサク戦法」が早いとは思いますけどね。

で、出来たのがこちら。(この写真はまだ仮組み段階)
Img_1089

重量は920g
ハブがだいぶ足を引っ張ってますが、そこそこの数字だと思います。ハブをそれこそアメクラに変えたりすると、760gになります(笑)
まぁスポークとリムが軽いですからね。32本でこの軽さです。軽量ホイール組みを始めるとわかりますが、実はスポークの軽量化ってのがメチャクチャ大きかったりします。今回は32本のスポークで170gですからね。

あ、cx-rayの方が軽いです。星エアロが90gでcx-rayが80gですから。一本に換算すると0.6gくらい違う。これつまりアルミニップル2個分くらい違うわけで。
ね?そう考えるとスポークの軽量化って大きいでしょ?アンダー1000gを作るならスポークは大事です。

ほんで、久々のクリンチャータイヤ!
Img_1088
パナレーサーのタイプLを買ってみました!
いやーなんかドキドキしました(笑)

ってかクリンチャー安いよっ!なにこの安さ!思わずショップに置いてる定価タイヤを買いましたよ!定価でチューブラーの半額ってどういうことよwww

このタイプL、重量は公称185gですが、実測200gでした。最近のクリンチャーは軽いのねー
とりあえず装着。
Img_1090

あぁそうそう、アールエアーは普通にパンクしました。意味のわからないところに0.1mmくらいの穴。なんじゃこら。聞いてみるとアールエアーは不具合が多いんだとか。にゃー 定価で買ったのにー ばかやろー
とりあえず数年前の在庫ブチルをぶち込みました。

それともう一つ。7403は11Tトップのスプロケが付かないって言う人が居ますが、ばりばり使えますがな。1mmワッシャ入れれば全く問題無い。なんかフリーのトップのスプラインを削るなんて荒業をしてる方が居ましたが、無加工で使えましたよ・・・? その人は9速だったのかな。10速の11Tは問題無く使えます。

ほんで本題のインプレなんですが、これ良いっすわ(笑)
剛性感とはまた違うんだけど、掛かりの良さ?って言うんですかね、それはcorimaよりこちらが上だなぁ。とにかく加速はこちらが上。これは狙い通りなんですけどね。なんのために8本取りダブルクロスにしたのかって話で。

で、ハブの回りも良いのか、最高速もそこそこ。いつも使ってるコースの緩い下り、いつも55km/hくらいなんですが、60km/hくらいが楽に出てました。ちゃんとした下りだったら70~80km/hくらいまで安定してるでしょうねこれは。かなり安心感のある走りでした。これも狙い通り。えへへ。duraハブにエアロスポークで8本取りですから。

乗り心地もそこそこ良い。これはびっくり。ブチルだから期待してなかったんだけど、さすが8本取り。ここまでとは思ってなかったけど、まぁ狙い通り。

と、シェイクダウンの段階で結構満足です。ここからまた手を加えようとか考えてたのにw
まぁそんなこんなで、良いホイールが一つ出来ました。偽zippほどの感動は無いけど、十分良いホイールです。

そしてkinoさんありがとうございます。このハブ、良いですよ。前述の通りフリーシステムは本当に素晴らしいし、ハブの回転はやっぱりduraです。現行みたいに最新鋭ゴリゴリじゃないですけど、やっぱり気合の入ったハブですよこれは。とても良いものだと思います。ありがとうございます。

しばらくはこれを使おうと思います。
ではまた。

« ニコイチホイール MAVIC KSYRIUM EQ × Shimano WH-R550 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

このハブがやっと登場しましたね 出番が有って良かったです
しかし32穴で 8本組とは窮屈な方法を選びましたね

スポークについての重量は 段付とプレーンを持ち比べると
あまりの違いに段付きを選んでしまうもんね ただこのン十年で
始めてプレーンを使ってみましたが 段付きとは違う味付けの
ホイールになり これはこれで良かったですね

ハブや回転部分は これだけ色々な素材が開発され
製作技術も向上した現在の物が良いか? と言われれば
全てが全て そうじゃないんですよね カステさんが書かれている
製作側のやってやろうじゃない! この気概が無ければ良い物なんて
出来ないですね 今私は 新品未使用のカンパのシャマルを整備して
いますが あれはそんな事を充分感じさせてくれる出来の悪さだな

そうそう PAX-Cycle のキクちゃん シマノ鈴鹿ロードで
ゴール前の落車に巻き込まれ 派手なこけ方をしていましたよ
本人は案外元気そうでしたが 又、聞いてごらん?
落車したけど このカーボンホイールは強いわ! なんて現場で
言っていたとか言わなかったとか・・(笑)

一部始終を見ていましたが ありゃ前の選手が悪いね
差し脚鋭く後方から突っ込んで来たと思っていたら
自分一人でよろけて自爆していました 巻き込まれた人は
災難だな    長いコメントになっちゃいました、すみません。

kinoさん

早く送ってくださったのにここまで出番が遅くなって申し訳ありません。この子も何度かスポークを通され、たらい回しにされ、まだかまだかと出番を待っていたことと思います。ようやく落ち着きました。

>32穴で8本組とは窮屈
PAXのキクさんにも同じこと言われましたw 「普通32Hで8本取りはしないよ」と。実際スポーク頭に別のスポークが当たりますからね。角度も凄いし、負担は大きいと思います。キクさんには「これ切れるよ」と言われました(笑)

>段付きとは違う味付け これはこれで良かった
おお!実はこれ、私も同じような感想、というか考察をしています。偽zippが凄く良く感じたのは、あれが2mmプレーンだったからじゃないのかな、なんて考えてます。2mmプレーンについてはまた扱おうと思っているくらいです。

>製作側のやってやろうじゃない! この気概
これは本当に大事ですよね。製品によく表れる。例えば、四半世紀以上前のカンパハブが今でも素晴らしい質を持つのはkinoさんのブログで何度か出てきましたが、なんだかもうオールドカンパは格好良すぎる!
その格好良さは、その時代のカンパの気概によるものなんでしょうね。この7403も気概がよく伝わってきます。このハブもやっぱり「格好良い」です。男だったらこれは惹かれちゃいますよね(笑)

>キクさん落車
ツイッターで「我がショップのオリジナルホイールは落車しても大丈夫だった!宣伝です!」みたいなことを2回も言ってたので酷い怪我ではないのだな、と安心してました(笑)

いやぁ、しかし7403のハブ、本当にありがとうございます。触れば触るほど良いハブだなと感心します。しっかり使ってあげようと思います。ありがとうございました。

アメクラCR-350、めちゃくちゃ軽いですね。最近ではここまで軽量のクリンチャーリムはALPHA340くらいじゃないですか?
カステさんがクリンチャーに心が傾いている・・・、詳しくお聞きしたいですね!

NJSエアロって意外と軽いんですね。DTのニューエアロとか安い扁平スポークはなかなかの重量ですが、NJSエアロは下手なプレーンスポークより軽い。僕もエアロスポークでホイールを組んでみたいです。
それにしてもスポークがすんごいまがりくねっているように見えるのは写真だからか、8本取りだからなのか。
傍目にはなかなか恐いホイールですけど、カステさんはきれいに組んじゃうんですね。手組を失敗しまくった僕からは尊敬に値します(笑)

みこちん

だよねー、今じゃこんな軽いクリンチャーリムを見ないよね。むしろ完組用のリムの方が軽いくらいだからね。やっぱり時代って進化してるんだなぁ、って感じだよ。
クリンチャーに心が傾いた理由、これはまた記事にするよ。近々上げる予定。

NJSエアロはいわゆるSapCx-rayやDTaeroliteの系統のスポークだと思った方が良いよ。軽いってもんじゃない。対してSapCXやDTnewaeroの系統のやつはむしろ2mmプレーンの方が軽かったりする。個人的には後者が好きだよ。バシッと張れるからね。ここらへんは、kinoさんとのやりとりの中にあるプレーンスポークのお話と通じると思う。結局、材料ってのは使えば使うほど・・・ってことだよね。

スポーク曲がりくねってる?上の方の写真かな。上のは実は仮組み状態なんだよね。下の方のタイヤが付いた写真が組みあがった状態。パッと見はストレス無く見えると思うんだけど・・。キーはフランジの周りだねぇ、結構無理させちゃってる。キクさんはそれ見て「切れるよ」って言ったくらい(笑)

キクさんのおっしゃる通り、
32Hで8本組だと、スポーク頭に別のスポークが当たるのでその内切れます。
引っ掛け式で無いとすると305mm(カットしても296mmまでが限界)なので、性が無く8本組み?

参考ながら、
・CX-RAYは2.0-1.5-2.0のダブルバテッドを潰した物、エアロ部の厚みは0.9mm。
・星のエアロは1.8mmプレーンを潰した物、エアロ部の厚みは1.2mmです。
エアロ効果は、星の方が良い気がしてます。
横風が当たると、ホイール上側に揚力が発生して吸い寄せられます。
こういう効果は、このスポークでしか感じたことが有りません。

また、星スポークは、
・プレーンがスターブライト(フェライト系)、
・DBがオーステナイト系で、
走行フィーリングが異なります。
自分は貧脚なので、後輪はDBの方で無いと脚負けしますorz
前輪は剛性重視で、星エアロを使用していました。

7403ハブも保有していますが、余りの重さにお休み中。
でも、本当に良いハブなので手放す積りは今のところ有りません(^^)

何でも試して遊べるのが、手組の良さですね♪

haretokiさん

そうなんですよねー スポーク頭に他のスポークが当たります。特にイタリアン組みなので負荷が大きいですね。逆イタだったらマシだったかなと思いましたが、まぁあんまり変わらんでしょうな。

星のエアロ効果ですか。それは興味深い。
どっかの実験でcx-rayが一番空力が良いってことになってましたが、あのデータに確か星は無かったような。もし本当に星の方がエアロ効果があるならこれは凄く面白いですね。

スターブライトはフェライト系でしたか!
NRSの橋本さんがスターブライトは別と言っていましたが、材質からして本当に別モノだったとは。自分もピスト(実験車)の後輪をスターブライトで組んで、非常に良かった記憶があります。星も良いじゃないか!と。あれはスターブライトだから良かったのかもしれません。

あら、haretokiさんも7403をお持ちとは(笑)
やっぱり持ってる人だとわかりますよね、あの良さが。私も今後絶対に手放すことは無いですね。本当に良いハブです。重さは確かにアレですが(笑)

 今回は逃したけれど、次回のノーベル賞はマルテンサイトの権威、藤原氏になる可能性が高いと米国の科学雑誌で言っていた。古事記のなかに出てくるスサノオノミコトみたいな存在だってことか?

 やっぱりマルテンサイトだったら安来になるんじゃね~の?

個人的に7403ハブはシマノの良心だと思っています。
HG、IG両対応で130mm規格ですからね。
ちょっと重いのは目をつぶっちゃいます。

私もこのハブ好きなんですけどね。
中々手に入らないのが難点でして。
36hの7403ハブが欲しいものです。
ちなみに手元には32hと28hのハブが。。28hはかの悪名だかいころのZIPPで組まれてます。

野良猫さん

シマノの良心(笑)
ちょっとクスッと来ましたw

そうなんですよね、重いのに目をつぶっちゃいますよね、これ。

36hや28hのものだとなかなか見つかりませんねぇ。32hならよく見るので、お金に余裕が出来ればもう1セットあっても良いかな、なんて思ってます。

 藤原氏は良くわからんが日立金属の久保田氏というかたが、工具鋼で見事な開発をしているようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/41414254

この記事へのトラックバック一覧です: AMERICAN CLASSIC CR-350×FH-7403dura×ホシエアロ×cx-ray:

« ニコイチホイール MAVIC KSYRIUM EQ × Shimano WH-R550 | トップページ | 50mm中華ディープ 塗装&組み直し part3 »