私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« CORIMA 完成 | トップページ | ホイールバランサー こんなのどうでしょう »

2011年7月12日 (火)

バーテープ 今のオススメはこれ OGK超薄手

しばらくはこれを使います

さて、少々昔のことですが、私が絶賛するバーテープがありました。フィジークのMicroTecDUALです。しかしこれ、ロットが変更され、事実上の販売停止になりました。

さてどうしようということで、バーテープ探しの旅にまた出ることになったのですが、実は以前から気になるバーテープがありました。それがOGKの超薄手。これはkinoさんが絶賛するバーテープ。
ほうほう、それならこの機会に、ってことで購入してみました。

こんな感じ。
Img_0797

で、感触ですが、あらまぁこれまたあらあらってなもんで。

えぇですがな(笑)
さすがkinoさんですがな(笑)

こりゃーえぇのうってことで、MicroTexDUALに変わる私のオススメはこれになりました。
あぁ、言っておきますが、MicroTexDUALとは全く別のベクトルの良さですよこれは。MicroTexDUALと同じようなものを探している方はこれ買っちゃ駄目。

で、まぁ良いことには良いんですが、なんといっても私のイチオシなのはここ。
Img_0798

こーんなことが出来ちゃうんですよねぇ~ 出来ちゃうというか、やりやすい。簡単。
これ、かなり気に入ってます。私はどうもあのエンドプラグって言うんですか?あのキャップのやつ、あれが苦手でしてね。
あれを使わなくて済むのは何とも嬉しいところ。若干の軽量化にもなります。

ただし、これは規定違反だそうで、そこらのレースには出れないそうな。草レースでもアウトくさい?
なんで駄目なんでしょうね。よーわかりません。
(私はもうレースには出ないし、チームにすら所属してないので、このままで行きますわ)

※追記:落車時の危険性を考えてのことだそうですね(コメントありがとうございます)。お肉をエグられちゃったりとか。自分だけならそれも構わないんですが、他人のことも考えると装着した方が良さそうですね。

レースに出る人はこの状態から、エンドプラグを挿入してやると良いと思います。ビニテを挿入部に巻くとかいう手を加えたやつをね。
通常は巻く時に余らせたバーテープを巻き込んでエンドプラグを固定するんでしょうが、私はあまり好きじゃありません。なんかこんもりする部分が出来て好きじゃない。やり方が悪いのかな?腕が悪い?

あ、ちなみにですねぇ、気づいた人も居るでしょうが、私は変なワイヤーの通し方をしています。
Img_0799
こんな感じ。どーなってるかと言うと・・
Img_0800 Img_0801

こんなことになってます。
「おいお前、良いアウター使ってんじゃねーか」って話はまた今度。今はこの通し方を見てください。

変なことしてるでしょ(笑)
見る人見る人に言われます。

今日はバーテープの紹介ですから、このお話も次回に回そうかしら。そうだ、このアウターと一緒に1つ記事を書きましょうかね。
私なりに考えがあって、こんな通し方をしています。背格好が私と同じくらいの人ならわかってくれるかな?

とりあえず今日は、OGKの超薄手がかなり良いよってことで。

続きへ

« CORIMA 完成 | トップページ | ホイールバランサー こんなのどうでしょう »

06.パーツ考」カテゴリの記事

コメント

とりあえずこのバーテープはええよ ってことですね!

バーエンドは聞いた話ですけど
落車とかしたときに肉がえぐりこむとかどーとか。
他の人巻き込んだときも危ないですし、それ聞いてから必ず付けるように自分はしてます。

ま、ホイールとか危ないとこ言い出したらキリないですけどw

超薄手、私も愛用しています。
昔ながらのホリゾンタルには太くてごっついハンドルはカッコ悪いので薄手のテープが良く似合います。
但し、堅いアルミホリゾンタルに剛性の高いディープホイールで走ると、とんでもない振動が手のひらに来ます。
早朝練習のお目覚めに最適なのでお試しください。

ハンドルのエンドは走行中に指が入るととても危険ですよ。

素人の方なんかは気にしないんでしょうけど、、
自転車の基本です

matsさん

あーなるほどー
お肉もっていかれるのは嫌ですねぇ、嫌というか、他人のことも考えるなら必須?なんでしょうね。

ちょっとプラグについても面白いものを作りたくなってきました(笑)

toshiさん

ですよねー 感触だけでなく、このルックスも私の好みです。

振動・・・ですか。あまり気にしませんでしたねぇ。私はアルミフレームの時、バーテープ無しで乗ってたくらいですし。
でもやっぱり普通のものより振動は大きくなって然るべきですね。気にする人は気にするはず。むむう。

zokさん

ほほー そうなんですか。玄人のみなさんはあんなところに指が入るんですね。そりゃ大変だ。
自転車を始めて間もないド素人の私は、あそこに指がかかることもありません。そんなド素人の私なので、この部分に関しては別に・・・

まぁでも、toshiさんのコメントを読む限り、他人に対しても危険とのことでしたので、エンドプラグ(かそれに代わるもの)は装着しようと思います。

カステさんの大人の対応に吹いたwww

まぁ私もかれこれ15年乗ってますが指が入ったことはないのでまだまだ修行が足りないようです。
頑張りたいと思います。

こんばんは 久し振りですね
しばらく難しいホイールの話が続いていたので
コメントを入れさせて頂く知恵もないので 失礼していました

今回は又私のブログをご紹介頂き 有り難くお礼申し上げます
この超薄型のバーテープ 不思議と手に吸い付く感覚でしょ?
その代わり何時も白を使う私は 良く汚れが付着するのに泣かされます
でも、いずれ汚れるんだし そんな事は仕方が無いですよね

さて ハンドルバーエンド そこのキャップや養生の件ですが
JCF 日本自転車競技連盟の 競技規則 これには具体的な
指摘が調べても出て来ないんですよね ただ

第15章自転車およびオートバイ 16条1  の原則で
ここは ライセンス保持者から始まるのですが 要は競技者登録者ですね
その人達は 自分自身や他の競技者に危険が及ぼすことがない様にしなければ
ならない と謳ってあります

この辺で使う自転車の安全性を縛っているのでしょうね それ以外の
自転車の寸法や形状については これでもか! と言う位細かく規定されています

ライセンス保持者は当然安全を確保する必要があり
じゃ そうでない人は何でも良いのか? と理屈をこねたくなりますが
自転車愛好家とすれば やはり安全対策は取るべきでしょうね

そこに指が入るかどうかは良く解りませんが
蜂が土を集めて巣にする可能性はあるかも分らないですね
ホイールを吊っていたら 中空シャフトの中から 土とさなぎが出て来て
驚いた事が有りますから(笑)

ワタクシも極薄派です

最近ではサガミオリジナルの0.02mmが薄く、ダイレクト感たっぷりですよね

kasさん

歴15年のベテラン様が未だ達することの出来ない境地なのですか・・・
そんなにハードルが高いとは知りませんでした。精進します。

kinoさん

お久しぶりです~

>不思議と手に吸い付く感覚でしょ?
そうなんですよね。ちょっとオドロキでした。こんなに感触が良いとは。

>競技規則 これには具体的な指摘が調べても出て来ない
あれま。しかし競技をしてる連中からはもう「一般常識」みたいな感じで「エンドプラグは付けるものだ!」と言われました。規則には無いけど、暗黙の了解?って感じなんでしょうか。もしくは、JCF以外の規定なのかもしれませんね。
とにかく自分だけなら良いんですが、他人のことも考えてエンドプラグは付けることにします。

>中空シャフトの中から土とさなぎ
Σ(゚Д゚;えええええええええっ!?
そんなことがあったんですか(笑) ちょっと蜂の巣ハンドルはマズいですよ・・・ これはやはりエンドプラグが必要ですね(笑)

RYOさん

一瞬スパムかと思いましたよw
(ちょっとマジレスすると0.02は・・・ 普通が一番です)

エンドキャップは私が乗り始めた頃から必要だとの
認識をしていました それが46年程前の事・・
まだ指を突っ込んだ経験は有りません(笑)

例えば
自転車競技場や競輪場を 初心者でも走れる走行会を開催する際
ヘルメットの着用と バーエンド小物の着用は 参加案内書に記載します
落車した時に ハンドルが肋骨の間にも良く入るので やはり危ないですよね

kinoさん

やはりそういう了解がありますよね。
落車した時の危険性はみなさん言われる通り・・・
中には指を突っ込む方もあるのでしょう。

とりあえず私も装着するとして、
今はどんな面白いエンドプラグを作ろうかと思案している次第です。kinoさんみたいなオリジナリティ溢れるエンドプラグが作れれば良いなぁ、なんて考えてます(笑)

横レス失礼します。

>肋骨の間にも良く入る
逆に体内に残置されそうで、恐ろしい気もしますが。。。

それからランドナーとかでしたら、バーテープの切れ端でエンド部をフタをしてから巻き始めることもよくありますが競技の道具としての安全性から考えると強度不足でしょうかねぇ??

肋骨の間に入る

落車で肋骨を折った時など ハンドルが入ったなどと言い
本当にバーエンドが体内に刺さる訳では有りません

しかしそれも バーエンド処理がしてあるから 助かって
いるのかも分かりませんね
エンド処理をしていない ハンドルの形状はポンチと同じ
あの丸い部分を 他の物に当てて 衝撃を加えると
丸く穴を開けてしまうのじゃないかな?

初めまして。

エンドキャップについては、競技規則の次元以前の話しでして、
道路交通法で定められていた筈です。

以前、道交法を調べていた時に出てきてびっくりした記憶が有ります。

bucthyさん

バーテープでエンドを蓋してから、ですか。それも面白いやり方ですね。
ただ認めてもらえるでしょうかw ちょっと心配ですねw 実際効力がどのくらいあるかもちょっと微妙なところ。。やっぱり普通にやるのがいいんですかねぇ・・・

kinoさん

ポンチ!それは怖い!
やっぱり蓋しなきゃですねw

haretokiさん

ほほー ほんまですかそれは
どういう書き方をされてるかちょっと興味があります(笑)

ちょっと私も確認しときましょうかね。情報ありがとうございます。

今回調べ直すと、なかなかヒットしません(探そうとすると見付からないんですよねー。)orz

ヒットした所だけ、情報をお送りします。

道路交通法施行規則
第二章の二 自転車に関する基準
(普通自転車の大きさ等)
第九条の二  法第六十三条の三 の内閣府令で定める基準は、次の各号に掲げるとおりとする。
二  車体の構造は、次に掲げるものであること。
  ハ 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと。

道路交通法そのものでは無く、
道路交通法施行規則(内閣府令)で”鋭利な突出部”として記載されています。

以前は、道交法の条文そのものを見たのではなく、
道交法の解説(特に自転車の通行帯区分について)を調べていた時に、
ハンドルのエンド処理(フラットバーもドロップバーも)についての記載を見た記憶が有ります。
エンドキャップの付いていないハンドルバーエンドは”鋭利な突出部”に該当するのでしょう。

また、業界自主基準の”自転車安全基準”には、
5.3.3 ハンドル項
(4)ハンドルバーの両端は、にぎり、エンドキャップなどで覆われなければならない。
と明記されています。
この基準自体は、JISやISO(国際基準)をベースとしています。

う・・・む、疲れたwww
お役所の文書を読むのは苦手です。。。。

haretokiさん

ありがとうございますw

道交法だとなんだかぼやけてて微妙な感じですねぇ。鋭利な突起物・・・うーむ、突起物・・・むむむ

しかし自転車安全基準では
>(4)ハンドルバーの両端は、にぎり、エンドキャップなどで覆われなければならない。
これがドストライクですね。

まぁ自転車に乗る以上、安全基準は是非とも満たしておきたいところ。ロード界でも暗黙の了解としてエンドプラグ装着があるならば、それも守っておいた方が色々と・・・

いやはや、調べてくださってありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーテープ 今のオススメはこれ OGK超薄手:

« CORIMA 完成 | トップページ | ホイールバランサー こんなのどうでしょう »