私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ウルトラ・ハイテンション領域での出来事 | トップページ | FELT FC »

2011年4月25日 (月)

CORIMA AERO 07以前モデル インプレ

書いて無かったよね

Img_0179

すでに何度か写真に写りこんでたと思いますが、実はこんなもの買ってます。
すげー安かったんですよ。もちろんサイクリーさん。あそこは上手に使うと面白い。アホみたいな値段で良いものが売ってあることがあります。月に1回あるか無いかくらいの確率ですが、中の人が素人なので掘り出し物が存在します。
もちろん完全に良いものが手に入ることは珍しい方ですけどね。今回くらいのならあります。今回のも、多分神経質な人はNGでしょう。不備がところどころにあります。でも私はそんなの気にしナーイ。

これはcorimaAEROのリムを使ったzipp182ハブでの手組ホイールです。実はリムを部品取りするつもりでしたが、zippハブが予想以上に良かったのでこのまま使うことに。

この時代のcorimaAEROは確か390gくらいあります。結構重いんです。
そしてこれは3K時代のものではなく12K時代のもの・・・とても良いものだとは言いがたいですね。3Kモデルは、かのウルリッヒがLWに替えるまでずっと使っていたという逸話があります。

ま、とは言っても12K時代のものにも利点があります。
それはスポークテンション。

edgeのリムがテンション150kgfに耐えるとか言って喜んでますが、なんともアホらしい。いや、確かにedgeは凄く良いと思うんです。そりゃわかってます。でも150kgfで自慢するなと。
150kgfならcorimaが既に達成している領域です。

corimaのオーナーズマニュアルを読んでください(本家からDL可能)。150kgfなんてザラですよ。そして過去のcorimaリムについてもやはり異常に高いテンションで組んであったようです。

おそらくcorimaが持て囃されてた時代の、その理由はテンションだと思うんです。
あの時代でこのテンションです。そりゃ皆驚くよ。390gっていうのだって、あの時代なら凄いです。3Kもそんくらいの重さだったはずですから。

例えばboraだって同じような理由なんじゃないでしょうか。あのリムは400gを超えてます。そしてインターナル。まぁ大体予想ができます。boraの横を通り過ぎる時(もしくは抜かれる時w)にすぐわかると思います。あの独特の他のディープには無い音を聞いたらわかります。あぁ、このホイールが良いワケはそれか、って。

だって、400gって無茶苦茶重いですよ?そして空力テストの結果だって皆さん知ってるでしょ?
なんであんなホイールが良いって言われるか、ちょっと考えたら剛性しか残りません。

そしてそれはcorimaも同じなハズ。
最近corimaが流行らない理由もなんだかわかる気がしますね。

ま、世間がcorimaを認めるかどうかなんて私には関係無いですから。しっかり張れるリムを探してた私には好都合だったんですね。


ってなわけでワクワクしながら開封したこのホイールですが、テンションが異常に低い!!!
その理由は後でわかることになりますが、スポーク長が合ってないんですねこれ。おそらくzippのスポークをそのまま流用したんでしょう。反フリーは足りてましたが、フリー側は3mmほど足りてない状況。そりゃテンションかけられません。


で、ここからが重要なんです。

このテンションゆるゆるのホイールに乗ったんです。

それまで履いてたのは、corimaよりちょっとテンションが高い中華カーボンです。丸スポークで張られた50mmの410gオーバーリム。スポーク本数は同じ。そんなホイールです。

リムが大事ってんなら、corimaの方が良いホイールのはずです。
本数に剛性が依存するってんなら、corimaも中華カーボンも剛性感は変わらないはずです。

タイヤはcorimaがオリンピコ。中華がtufoS33pro。普通に考えてオリンピコの方が上でしょう。重量差は20gありますが。ちょっとここが判断を鈍らせるポイントで、インプレマニアの方々に言わせてみれば「タイヤを同じにしないなんてアホか!」と思われるところでしょう。まぁちょっと目ぇ瞑ってくだせぇ。

でもまぁ、corimaの方がえぇんかなと思ってたんです。

しかし実際・・・

テンションゆるゆるのcorimaは


まるでゴミ


でした。タイヤが違うとかそんな領域の話じゃありません。もう最悪のホイールでした。踏んでも進まない。頑張って進めてもすぐ失速。高速巡航不可能。イライラ。ストレス。

ここで私は思ったんです。私の考えは間違えて無かったんじゃなかろうかと。
私はリムを破壊してまでテンションを追い求めてました。その思想自体は間違って無かったんだと。

偽zippはテンション180kgfの38mmでしたが、あれは本当に素晴らしかった。今まで乗ったどのホイールより強烈だった。リム重量は400gですよ。でもあの加速。爆発するような加速。シビレましたね。


まぁそんなわけで、このcorimaもテンションを上げることにしました。
しかし前述の通り、簡単には上がりません。

テンション上げていくと、スポークが飛んで天井に刺さったりしました。
なんどもスポークが飛びました。アルミニップルのねじ山が無くなったりしました。ブラスでやったらcxrayのねじ山が死にました。ってか折れました。引き千切りました。回したら捻れて切れました。cxrayぺらぺら過ぎんだろこれ。
(NRSの橋本さん曰く、cxrayは130くらいで捻じ切ることがたまにあるとか)

そんなこんなで現在ホイールとして形を無しておりません。
とりあえずスポークを注文するつもりです。

しかしストレートプルのcxrayなんてどこでも売ってるわけじゃないんですねこれが。
なので代替案を考えております。ま、そのうち記事にすると思います。

続きへ

« ウルトラ・ハイテンション領域での出来事 | トップページ | FELT FC »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/39754077

この記事へのトラックバック一覧です: CORIMA AERO 07以前モデル インプレ:

« ウルトラ・ハイテンション領域での出来事 | トップページ | FELT FC »