私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« corima winium 購入&インプレ | トップページ | 楕円と“綺麗な”ペダリング »

2011年3月20日 (日)

TB25×7403duraハブ×ホシエアロ

ロープロにはロープロ

さて、前回corimaのwiniumを手に入れた私ですが、こいつは前輪です。
すると私は今ハイプロの後輪しか持ってないんですよね。ボラペロン(FペロR鯔のこと)なんてものがありますが、私はあまり好きじゃありません。

じゃあ後輪もwinium?・・これも好きじゃない。なんか普通で面白くない。ってか高くて買えないよ。
ってなわけで組むことにしました。もちろん決戦用をターゲットにしてます。(今までの決戦用は破壊しました。後日記載)

そこでこの後輪の条件は以下。
①アルミ。リアカーボンじゃ私の思想は実現が少々難しい上にリスクが。
②ロープロ。ハイプロはもう嫌というほど手掛けたし、今回はロープロをTGTにしてる。
③安い。だって貧乏だもの。

ってな条件を考えてると、気付けばこんなものが届いてました。
Img_0299Img_0302
そう、OEM大国のキンリンさんはTBの25です。3000円だっけな?
キンリンさんは調べると面白いですよね。世の高級ホイールのOEM元は結構な確率でキンリンさんです。

スポークはこれを用意しました。
Img_0360Img_0361
星のエアロ。引っ掛けではありません。NJS規格の首スポークです。

さて、リムとスポークはあってもハブが無きゃ駄目。
今回は色々悩んで32Hのリムにしましたから、32Hのハブを探さないといけません。
色んなところを巡りましたが、なかなかお目当てのものが見つかりません。

まず現行シマノのハブは使いたくなかったんです。
とにかく普通じゃないハブが使いたかった。別にノバでも良いしTNIでも良い。でも高かった。

そんなこんなで悩んでいたところにkinoさんから入電が。

74ハブ余ってるけど、要る?

・・・kinoさん!!私は貴方に一生付いていきます!
繰り返しkinoさんはお礼は要らないと言いますが、いつか絶対にしようと企んでおります。

届いたのはこちら。
Img_0309
綺麗な74ハブです。この記事によると分解整備をしてないようですが、感触がとても良い。また、コメント欄を見れば、かなりシマノが本腰入れてた時の作品とのこと。
なーる。通りで良い感触なわけです。

ちなみにkinoさんはこんなものも同梱して下さいました。
Img_0311
トレイとブラシと手拭き。いや~良いですね。
トレイなんかは百均で買うか迷ってた私を救ってくれました(笑)し、ブラシも痒いところに手が届くというか、欲しかったけど買わなかったものですし、手拭きなんかはディグリーザーが石鹸代わりだった私には助かります。
毎度毎度、同梱品には助かります。本当にありがたい。

で、わっひょーいとテンション上がってすぐに組んでみたんですが、どうもこれが上手くいかず。
そもそもスポークはインターナルを意識していました。写真でニップルが逆になってたのはその所為です。

しかし通常穴のリムにインターナルは難しいんですね。固定が全くできない。応力も一点に集中しちゃうし、テンション150もかけようもんならリムが破壊されちゃうことは目に見えてます。

これは作戦失敗。ずっとインターナルばかり組んでた私はアウターのものの構造を忘れてました。
うーん、残念。無念。

おとなしくアウターで組むことにします。
3面保持のニップルレンチでも買おうかしら。

続きへ

« corima winium 購入&インプレ | トップページ | 楕円と“綺麗な”ペダリング »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

下記でコメントしましたやまねです。
http://nouveau-kaste.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-d237.html
  見れば分かることなのでお気づきとは思いますが、念のため。
  このフリーハブはトップギアがロックリングを兼ねていまして、また、スプラインがおそらく(画像ではよく見えないので)7つの山が等幅で、そうだとすると現行のスプロケは着けられません。おそらく6速用で、現在では6速スプロケの入手は困難です。6速は現行よりフリーボディの長さも短く、エンド幅126mmです。現在ではシマノでさえ6速の規格がどうだったかよく分からなくなっているようです。7速かもしれませんが、7速の規格はよく知りません。
  実は私は20年以上前のリア6速のロードを通勤用に使っていまして、オリジナルのスプロケを使い切った後は、いろいろ流用したり加工したりして使っています。

ああっと、慌てて間違えたようです。
kinoさんの記事によれば、オーバーロックナット寸法130mmで、ロックリング式の現行スプロケにも、トップがロックリングのスプロケにも両方に対応しているようですね。
こんな製品ががあったとは知りませんでした。

通りすがりのiTTと申します。
多分同時代のシマノ600ハブを使ったとき、こんなことがあったのでご参考までに。
http://d.hatena.ne.jp/initialtt/20100211

すいません、肝心の内容は次の2月13日の記事でした・・

上手に紹介をして頂いて有り難うございます

古いシマノの部品を語る時には 不思議と 600が出てきますね
別にデュラで語れば良いのに何故だろうね

シマノ600の初登場は 1976年 ツーリング用部品でしたね
シマノニュー600EX でロード用部品に移行 これが1985年
翌年の1986年に 初のインデックス機構 シマノ600EX-SIS

1992年 シマノ600アルテグラ となりSTI の8速となる  なんて処かな

それに加え
デュラは 1971年の発売で 翌年1972年にコンポーネント化
1978年にデュラエースEX 1982年にデュラエースAXの73デュラ

デュラエース7400が登場したのは 1984年 1991年にSTI システム登場

こんなもので宜しいでしょうか・・(笑)

おはようございます 朝から頭の体操・・

やまねさんと仰る方が6速フリーの事を書かれていますが
今回のいわゆるフリーホイールハブと呼ばれる方法の物で
カセットスプロケットの6速は有ったんだろうか・・・・

私の記憶では
120ミリ巾で ウルトラ6と呼ばれる ボスフリーが前田工業から
登場したのが 1970年頃 しかし主流はまだ5速のボスフリー
(そう言えば 1965年頃にはフラッシュフリーと言うのも有ったな・・)

1974年にオーダーしたフレームが120ミリ巾で作っているから
この頃はまだ 126ミリ巾は主流ではなかったんでしょうね

その後エンド巾が126ミリで ボスフリーの6速 3/32規格が主流になるが
前田工業が 126ミリ巾で使える ボスフリーの7速 ウルトラ7を販売

この頃じゃ無かったかな 現行のカセットタイプのスプロケットを使う
フリーホイールハブが登場したのは 最初は7速だった気がしますが
これは私の記憶違いだろうか・・・

6速のカセットフリーはあります。私が今でも使っています。ボスフリーではありません。
ギア板の厚さは1.85mm(トップのみ2.00mm)で現行8sと同じ、スペーサーは3.50mmです。
トップギアにトラック用コグと同じ規格のネジが切ってあって、ロックリングを兼ねています。
私の持っているハブの品番はFH-1050で、126mm幅です。

そういえば、この自転車に付いているヘッドパーツには「Shimano 600」とプリント(?)されています。

ところで、TM-1に関してブログにコメントさせていただきました。>kinoさん

やまねさん

そうですか 6速スプロケット用の フリーホイールハブが有ったのは
知らなかったです 7速になってからの規格だと記憶しておりました 
大変失礼しました

トップ、セカンドギアで他のスプライン構造の歯を締め込むのは
在来のボスと一緒ですね 
126ミリ巾の6速であれば チェーンもナロータイプを使わず
3/32規格の普通のチェーンが使えるのですか?

私はCN-HG70を使っています。ということは、50か90でも使えるはずですね。
測っていませんが、これらは3/32だと思います。
納車時に付いていたチェーンは錆びらかしてしまって規格は確認していません。
70を選んだのは「6段・7段・8段、HG対応」とシマノが謳っているからです。50は錆びやすそうだし90はもったいなかろうということで。
とはいえ6段くらいですとおおらかなもので、多少寸法が違っていても気にしていないようです。
現行9sカセットからばらした16T(1.78mm厚)も混ぜて使っていますが、今のところ問題は起きていません。

ときどき変速機を外してトラックハブにフリー付きコグを付けたリアホイールに換えて楽しんだりしています。
たぶん1989年に買った車体だと思います。

initialTTさん

これは貴重な情報をありがとうございます。
initialTTさんの記事を読んで、対処法はいくらか用意しました。おそらく問題無く使えると思います。とりあえず早く組むことにしますw

kinoさん 

この度は本当にありがとうございます。非常に非常に助かりましたw
早く組まないと;;

うを・・・600の中にも色々とあるのですね、これは知らなかった。
そして74以前のduraにも色々ある、と。
旧パーツはさすがにわからないものだらけです、まだまだ勉強が足りませんねぇ。。精進します。

ホイール組んだらまた記事にしますね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/39248273

この記事へのトラックバック一覧です: TB25×7403duraハブ×ホシエアロ:

« corima winium 購入&インプレ | トップページ | 楕円と“綺麗な”ペダリング »