私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« 友の会オフ報告④ TASHIRO YAVATON WAX | トップページ | corima winium 購入&インプレ »

2011年3月10日 (木)

重リム否定

なにを今更な記事で申し訳ありません土下座しながら記事書きます嘘です

さて、最近まで進行していた重リム計画ですが、ある論理から計画中止と致しました。

まず重リム計画を企画した経緯ですが、「最初から駄目と決め付けず、実際にやってみたら良いじゃない」というのがキッカケ(過去記事参照)。

まぁこれ自体は間違ってないし、すごく良い発想だと思います。どっかの偉い人(たぶんホンダ宗一朗とかだったと思う)も言ってましたけど、実際にやるのと机上の空論であれやこれや言うのとでは、技術分野では雲泥の差があるそうな。

私もそう思います。実際にやってみないと。ほんとに。ほんとに。

ってなわけで、その口上は素晴らしいのですが、それを考えるに当たっての前提が間違っていた。だから計画を中止したのです。

そもそも、重リムとは何か。マビクソのことです。
これはもう玄人の皆さんはご存知でしょう。「重いリムは巡航が楽」という聞き飽きた台詞。その論理は「フライホイール効果により、ペダリングの雑さが誤魔化されるので云々」というもの。

で、これが本当なの?ということで、色々御託を並べる前にやってみろよというわけだったのですが。

フライホイールも何も、一番のフライホイールは自分自身じゃわーい!・・・ってことに気付いたんですよね。遅い。
何故かこういう論理を議論する人にありがちなことなんですが、「実走行を仮定しない」というのが多い。

「アホか」とおっしゃる方はまだまだ。真剣に考えるとね、こういうものは細分化されるんです。だからこそ実体からほど遠いものになる。真剣に真剣に考えたことのある人は必ずこういうことに陥るのです。
そしてその都度、膨大なデータを全体に戻す。それがモノを考えるということです。

頭の良い人とは、そういう「ミクロ」から「マクロ」へのフィードバックが早く、その回数が多い人のことを言うのでしょう。頭の悪い私はフィードバックが遅すぎた。

リムがフライホイールだとすれば、その重量は軽いもので200g。重いものだと800g。私の作った個体は900gあります。
その実重量はどうでも良いとして、慣性重量は大体1.5掛けくらいで良いと思います。とすれば300~1350程度。まぁ実際に感じるモノはこれと違っていて、ギア比やらハブやスポークでのエネルギ損失(今これを実験してる笑)やら云々があって、そんな簡単な計算にはならんのですけど、ゆーて慣性モーメントの計算だけなら1kgくらいが関の山なわけですよ。

それに比べて自分は50kgやら60kgやらあるわけです。慣性がどーだというなら敵いません。
リムというフライホイール自体が、自身というフライホイールによって慣性運動してるんですからねぇ・・・

だからリムなんていくら重くしたって意味ねーなというわけで。
もちろん軽くするのには意味があります。どのくらい意味があるかってのはその人の考え方次第。私もちょっと前まで、「リムなんて1gでも軽い方がいいんじゃーー!!」なんてツッパってましたが、今は違います。


高々数100gくらいしか変わらない慣性モーメントを追い求めるより、駆動時のロスを減らしたら?とかその他の抵抗(タイヤやら何やら)を減らしたら?って考えになっています。
もちろんその高々数100gの差はとても大きいんですけどね。

チューニングの世界は「あちらを立てればこちらが立たず」の世界です。

未だに「ちょっとの差が大切」なんて言ってる人は居ないかと。いや、もちろんそれはとっても大切ですよ。でもね、そんな次元に居ちゃ駄目だと思うんです。


そんなわけで、重リム計画中止のお知らせでした。

« 友の会オフ報告④ TASHIRO YAVATON WAX | トップページ | corima winium 購入&インプレ »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

あれやこれや試行錯誤してみますが
結局、とんがったことはしないで良くも悪くも全体的なバランスなのかな・・・
なーんて僕は常々考えてしまいます

初コメントですが失礼しました。

ゼインさん はじめましてコメントありがとうございます。

結局はトンガリが無くなったところで完成するんでしょうね。
でも、ツッパってみたいと思うのがオトコノコ(笑)
やるだけやってみようと思います~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/39182883

この記事へのトラックバック一覧です: 重リム否定:

« 友の会オフ報告④ TASHIRO YAVATON WAX | トップページ | corima winium 購入&インプレ »