私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« CS-6700 & token金ロックリング | トップページ | Keoカーボン 換装 »

2010年12月 6日 (月)

オッサン(pro-lite cuneo) 実走インプレ

さぁ、インプレしていきますよー

100_0038

前回やっと竣工したオッサン(pro-lite cuneo)、実走インプレをしていこうかと思います。

インプレに使用したホイールは偽zippヌーボカステディープ。タイヤはコルナゴの時と同じです。

まずね、やっぱ軽い機体は良いですよ。
自転車は軽さじゃないとか言われますけど、軽いに超したことは無いんです。むしろ、多少剛性落としても良いから軽さが欲しいくらい。本当に軽さって良いですよ。

これでもフレーム重量アンダー1100g級の、全重量7.2kg級です。
しかし世の中の変態どもは平気で6kg級を作ってきます。UCIの6.8なんて簡単に下回るじゃないですか。
そんな自転車、文字通り空を飛ぶような感覚なんでしょうね。将来ぜひとも乗りたいです。


で、論点だった剛性と乗り心地ですが、なんともこれが良いレベル。
たぶん足のある人からすれば、BBを揺らすなんて言ってられないほど弱いフレームなんでしょう。まぁアルミでBB揺らしてどーすんのって話もありますが、足のある人が踏めばBBは揺れまくるんじゃないかと思います。
じゃあ駄目なフレームかと言うとそうでもない。悪くないですよ、これ。もともとが前三角エアロなフレームです。そんなフレームで横剛性を求める方がおかしい。でも、それが吉と出たのか、私には丁度良い剛性感なんです。

私、最近太りまして、体重が58kg(170cm)もあるんですが、それでも横剛性に文句はありませんよ。足が無いからってのも大きいけど(笑)

もちろんチェーンステイを含めた駆動系の剛性も丁度良いってことです。横にも良い具合に揺れ、チェーンステイ(を含む駆動系)も硬すぎることは無い。これって、なかなか無いんですよね。ノンオーダーの吊るしだと、硬すぎたり柔らかすぎたり、難しいところなんです。

んでもって乗り心地ですが、これもまたなんとも。アルミらしいゴツゴツさは残してるんですが、かと言ってケツが死ぬかと言えばそうではない。これまた丁度良いのです。
前三角がエアロ形状ですからね、そりゃ縦剛性はありますよ。だからアルミらしいゴツゴツさはあります。だがそれが良い。これが無かったら怒ってるところだった。

昔、フェラーリ355に乗った飯田章さん(だったはず)がこんなこと言ってました。
「乗りやすいフェラーリなんてさ、みんな何乗ってるか忘れちゃうよ!」

これは真理だと思います。ゴツゴツしてないアルミなんてさ、みんな何乗ってるか忘れちゃうよ!
アルミって、もはやそういう時代に突入してると思うんです。今はだってカーボンですもん。どう足掻いてもカーボンには勝てない。色々がんばっているところもありますが、今のカーボン技術は本当に凄い。
ちょっと前の1000gカーボン最強時代ならアルミでも、って思ってましたけど、今みたいに800g程度でしっかりしたフレーム作られちゃ敵わないですよ。

同じように、鉄にも味を求める風潮が強くなってきました。アルミだってそういう時代です。私はそう思ってます。
だからこそ、硬いアルミは乗っててニヤニヤしちゃうし、ノスタルジックな乗り味に酔うことが出来るんです。

このオッサン、私が今まで乗ってきた中で一番軽いです。
そして剛性感も丁度良い。多分、今までで一番「私に合っている」機体でしょう。モノの良し悪しは別として。(だってそりゃコルナゴが一番でしょ笑)

そんなオッサンも、おそらく数年後には私の中でノスタルジックな機体になるんだと思います。
だからこそ今乗っておきたい。

本当にそう思わせてくれる、良いバイクです。

オッサン、こんな顔
100_0008
してますが、実は良い奴なんです。

もう一度ヘッドチューブに描いてやっても良いかもしれん(笑)

ってなわけで、乗ってみると実は結構良かったオッサン、良い意味で期待を裏切られて嬉しい限りです。
とりあえずは、通勤・通学・トレ・鑑賞にこれを使っていきたいと思います。

続きへ

« CS-6700 & token金ロックリング | トップページ | Keoカーボン 換装 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/37983162

この記事へのトラックバック一覧です: オッサン(pro-lite cuneo) 実走インプレ:

« CS-6700 & token金ロックリング | トップページ | Keoカーボン 換装 »