私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 | トップページ | オッサン地金研磨 »

2010年10月28日 (木)

ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント)

たまにはこんな記事も(笑)

先日ヌーボカステにドッグ入りしたのは、珍しくママチャリでした。野暮なことは聞いちゃ駄目。
100_0001

症状は、ありがちなパンクです。
しかもスローパンク。ママチャリのチューブは丈夫なのか、スローパンクする場合が多いような気がせんでもないです(どっちやねん)。

本来ならチューブ交換をするんでしょうけど、ママチャリの分解しにくさは異常なので却下。
ママチャリ(のリア周り)を整備したことある人ならわかるでしょうけど、あれはメカニックのこと考えてませんよ。設計担当出て来いやゴラァ、ってなります。

ってなわけで有効なのがコレ。
100_0002

シーラントです。ロードだと重量増を気にして敬遠する人が多いと思いますが、ママチャリなんぞ重量の「じ」の字すら考えてない鉄塊です。
数十gの重量増なんて、体感どころか気にすることすらありません。したがってプラシーボ効果も考慮する必要がありません。

なのでドバドバいきましょう。
まずはバルブコア外して、
100_0003

んでもってドバーっと。
100_0004

ただし、ここで注意してください!

容器を押しながらの注入はNGです。

tufoシーラントは圧力によっても硬化するんです。
ギューっと押さえて入れてたら即硬化です。縫い針を探し出すハメになります。ってか、なりました。タンスの中から裁縫道具を引っ張り出すのは大変だった・・・

したがって、じんわりと、ぬるぬると、ゆっくりと、優しく、そんな感じで入れてあげることが重要だと思います。

で、それなりに入れた後はバルブコアを戻して、空気入れです。
オーナーは女性だったため、力がなく空気圧が低かったのもパンクの原因だったと思われます。(店のコンプレッサーで入れれば良いのにね・・・フロアポンプに拘りがあるんだとか)

だから7bar程度入れてあげました。23cに換算すると8bar以上でしょうね。
そんなわけで、インプレしてもらうと以下のような感想を言ってくれました。

・コーナリングでの速度落ちがなく、今までとトレースするラインが違う。
・振動吸収性がクソなので、非常に不満である。
・でも速く漕げるからいいや。

といった感じ。
やっぱりね、ママチャリだろうが何だろうが、足回りは重要なんですよ。

ここらへんの楽しさがわかってくると、チャリはぐんと面白い趣味になるんですが、世の中にはそれがワカラン連中が星の数ほどいらっしゃいます。
その方々は、その方々なりの信念があるんですけどね。だからこそ何も言えない。「あら、残念ね」と心の中で思うことしかできない。

そんな正しい正義がたくさんある中で、自分の意見を主張するのは、もはや滑稽の領域です。
それじゃあ何も進まないじゃないか、というのが正論ですが、やっぱ趣味で喧嘩するのは嫌ですわ。


・・・っとと、少し話が逸れましたね。
とりあえずtufoシーラント、今のところは良いみたいです。スローパンクの報告は聞いておりません。
一般車とか通勤車にはオススメかも。お試しあれ。

ではまた。

« ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 | トップページ | オッサン地金研磨 »

03.ケミカル考」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(^o^)
便利な品ですね。ママチャリの後輪の分解は面倒過ぎますからね。

ママチャリタイヤに7barはOKでしたか!良いことを聞きました。
一応メーカーの上限が4bar位?ですので怖くてあまり高圧に出来ないでいましたから。

でも、「23cに換算すると8bar以上」とは一体どういうこと?

mako10さん まいどです。

はは、7bar、パンパンですよwww
暖かい時間だったから良かったものの、これが夏の朝方とかだったらバーストしてるでしょうね(笑)
時間と気温を考えてやった方が良いと思います。というのも私は前科者でして・・・w (←夏の朝方にパンパンに入れて昼にバーストしました)

23c換算はしっかり計算をしたわけじゃないですが、そんくらいあるっしょ、というノリです。ノリですいません。
まぁあのタイヤサイズ差なら、そのくらいになるんじゃないかなと。感覚的にもそのくらいでしたし。
メーカー指定の4barも、23cだったら5barくらいになるんじゃないでしょうか。車のタイヤなんか、パンパンに入れても2.5bar程度ですしね(225/70R17くらいで)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/37434830

この記事へのトラックバック一覧です: ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント):

« ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 | トップページ | オッサン地金研磨 »