私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« オッサン、塗装剥離開始。 | トップページ | ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 »

2010年10月22日 (金)

SM-BB7900 リチウムグリスアップ

新品は開封と同時にバラす。間違いない。

さて、BBに関しては、コルナゴさんがITAだったのに対し、オッサンはJISなので、新しいBBを調達しなければいけません。

オッサンは今こんな状態ですが、それと並行してBBのチューンもしていきましょう。

今回買ったのは79dura。コルナゴもトーケンにする前はこれでした。もちろんそれはマイクロロンチューン仕様です。

今回もマイクロロンチューンを、と思ったんですが、オッサンは過酷な環境で使われることが想定されますのでこれは却下。
だってほら、コルナゴさんは細心の注意を払って扱いますけど、オッサンは雨の中でも気にせず走りそうですからね。この記事で言ったように、「乗れる」チャリが欲しかったんだから本望です。


さて、そんなこんなで用意されたのはこの79。
100_0027

この写真で既にわかってることですが、
100_0028
新品はすぐに脱脂。BB単体の写真を撮る暇もなく脱脂です。すぐポチャン。
今回は灯油ではなくシリコンオフを使いました。まぁ問題無いでしょう。それなりに脱脂できたように思います。

脱脂が終われば、することは一つ。
100_0029100_0030
もちろん、下処理ですよね。ここはしっかりやっておきます。熱した金属の上でマイクロロンが蒸発します。これがたまらない。

そして今回使うグリスはこちら。
100_0031
持ち前の中二病を生かし、格好良く「LTH」の三文字を書くつもりが・・・バランスの問題でiumを追加です。まるでスペルミスしたみたいじゃないか! これはiを追加してLiTHにしとくべきだったか・・!?

それは良いとして、これはミシュランのリチウムです。白色グリスですね。おそらくホムセンにあるような白色リチウムと同質です。リチウムグリスは安いので勘違いされがちですが、非常に優秀なグリスです。
一方デュラグリスはカルシウム。良く考えて作られているグリスとは言え、あまり気が進みません。

そんなこんなで、いつも通りのグリス圧入です。
100_0032


そんでもって、
100_0033
完成!!

手で回す感じは、それなりに軽いかなと言ったところ。これはリチウムグリスが良いわけではなく、マイクロロン効果です。下処理って重要ですね。
あとは乗ってからのお楽しみ。負荷がかかった状態ではグリスなんて関係ありません。あれは保護剤です。
とすると、やはり低グレードのシマノBBはカスなんでしょうね。まぁ、別に良いか。オッサンだし。

ではまた。

« オッサン、塗装剥離開始。 | トップページ | ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 »

06.パーツ考」カテゴリの記事

コメント

楽しそうですね~
79デュラBBは78と比べてシールが1枚なんですよね
リチウムグリスはなんかカンパグリスぽく見えますね(笑)
続きが気になります!

tadiyさん まいどです。

79dura、あれはシールが一枚と言って・・・良いかな? シールは一枚ですが、それが二役を背負ってるんですよね。その一役が、クランク保持ブッシュと連携する防水機能なので、ブッシュもシールの役目をしてないわけでも無いんですよねぇ。よくわかんないですw
(一つ前の記事では2枚と表記し、一番最初の記事では1枚と引用表記しています)

カンパグリス、これは謎ですね。リチウムにこんな色があるし、大変良いグリスだったとのことなので、もしかしたらリチウム系なのかも知れませんね。しかしそこはカンパ、歴史と実績は本当に素晴らしいものがありますから、単にリチウムってのも納得し難いような・・・これもよくわかりませんねw

自分も最近BBバラシタばっかりなんですが...
やはり、カートリッジベアリングの内側(BB中心側)にもグリースを入れたほうがいいのか・・・ってか当たり前かorz
適当に目に見えるところにだけグリース入れたんですがw

そのうちTOKENのBBくるんで、そっちで、再チャレンジしてみます!

みこちんさん まいどです。

カートリッジベアリングのBB中心側・・・? うーん、正確にはシールとシールの内側だと思います。シマノのBBベアリングは少々特殊な構造です。片側シールのベアリングを、中心側にシールがくるように圧入し、その後カップ径のシール(したがってベアリング外径をもち、ベアリングボールとの距離がある)を装着、そしてブッシュをこのシールの防水縁に接触するよう圧入、という構造です。

これをしっかり把握した上でグリスアップをすると上手くいくと思います。

ちなみにトーケンはもっと単純な構造です。両側シールのベアリングを使いますから。そしてブッシュを挿入(圧入ではない)してるだけ。そりゃ回って当たり前の構造です。またベアリングの圧入も弱く、叩けば外れます。
もしトーケンでも整備をするなら、ベアリングを出してから、通常のグリスアップをした方が良いでしょうね。しっかり両シールとも外し、灯油にポチャン、片側シールを取り付けてグリス盛り、そしてもう片側のシールで圧入、を2回くらい繰り返します。

トーケンは分解してみれば、その悪評の実体がわかるので面白いですよ(笑)
それをわかって使うんだから、トーケン使いは変態だと言われるんですw

なるほど....ばらして見える部分しか見てないので、展開図など参照して勉強します。
TOKENさんはそんなに単純構造なのですか・・・。力がかかる部分なだけに、すこし心配ですw
ですが、僕は見た目メインなので、BBを赤にできるってだけで満足です←w

みこちんさん 

展開図・・・うーん、バラして良く見れば、そういった類のものを参照する必要ないですよ。多分、ブツを見てわからないなら、展開図を参照してもよくわからないと思います。

>単純
いやぁ、シマノが複雑すぎるんですよw
本来はトーケンさんくらいの構造で十分なんです。それはBB30を見てればわかりますよね。

見た目は重要ですよ(笑)
見えにくいところですが、そういう部分のドレスアップは実は全体に映えるものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SM-BB7900 リチウムグリスアップ:

« オッサン、塗装剥離開始。 | トップページ | ナゴたん採寸&ラストインプレ準備 »