私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) | トップページ | pro-lite cuneo & COLNAGO MIX フレーム重量 »

2010年10月31日 (日)

オッサン地金研磨

やっと組める状態に・・・

さて、前回剥離の途中段階まで進んだオッサンですが、今回は研磨をしていきましょう。

使うのは耐水紙。
100_0050

180番、240番、400番の3種類です。
「え?そんだけ?」と言う方もあるかと思いますが、金属なんて磨いたところでクリアを上手にかけなきゃ意味が無いってことを既に私は知っています。
前回、ピストを2000番まで使って鏡面に仕上げましたが、結局クリアをかけて綺麗なのは600番くらいで終わった部分でした。鏡面の部分は逆にくすんでましたよ。上手にクリアかけが出来るなら鏡面でも良いのでしょうが、ホビー塗装なら600番くらいで止めるのが吉かと。

んでもって、今回はアルミ。端(ハナ)からクリアのことなんて考えてません。
そしてそんなに綺麗にするつもりもありません。むしろマシンカット風の統一された削り跡があった方が格好良い(笑)←ただの中二病ですw

そしてこんな感じに。
100_0011

で、仕上げはマシンカット風にするため、サンダーで傷をつけていきます。
そんでこんな感じになってフィニッシュです。
100_0016100_0018

このくらいの感じが良いのです。
パイプの伸び方向に対して直交面の傷をつけています。

このやり方はオススメですよ。メーカー保証からはもちろん外れる危険な行為ですが、格好良くはなります。
ガシガシ乗る人はしない方が良いでしょうね。特に自転車を道具としてしか見てないような連中は絶対にやっちゃいけません。
小さい変化がわからない人もアウト。トリックピストなんかに乗ってて、フレームが折れる兆しがわかる人とかなら大丈夫でしょう。
とにかく自転車に対して愛が無い人はやっちゃいけない。

ま、それは良いとして、次回はついに組み上げていきます。
凄く時間がかかってしまい申し訳ありません。ゴールまであと少しです。しばしお付き合いを。

続きへ

« ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) | トップページ | pro-lite cuneo & COLNAGO MIX フレーム重量 »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/37473480

この記事へのトラックバック一覧です: オッサン地金研磨:

« ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) | トップページ | pro-lite cuneo & COLNAGO MIX フレーム重量 »