私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« SM-BB7900 リチウムグリスアップ | トップページ | ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) »

2010年10月25日 (月)

ナゴたん採寸&ラストインプレ準備

オッサン移行措置

さて、そろそろオッサンを組み上げなければいけないので、コルナゴさんの採寸をしておかなければなりません。
オッサンに組み替えた時、同じフィールで乗る・・・というか比較インプレをするためです。

ってなわけで、採寸結果はこちら。
100_0079

要らんサイズも色々と入っているかと思いますが、比較のためです。
主に「BB-櫓」と「サドルトップ-コラムトップ」がフィッティングに利用される値だと思います。「BB-櫓」でポスト長さを調整し、「サドルトップ-コラムトップ」でサドルの後退幅を決めます。

おいおいそれじゃ「サドルトップ-BB水平距離」が変わるじゃないかと言う方もいるでしょうが、これは違うフレームになるのですから仕方のないこと。
そもそもコルナゴさんはシート角が74.5度で、オッサンは74度です。ナゴたんの方が少々立っているんですよね。サドル後退幅は必ず違うべきでしょう。
※もちろん、「サドルトップ-BB水平距離」が変わらない場合もあります。これもフレームのジオメトリに依ります


まぁ私は“走る派”ではないので、ここらへんはてきとーです。
また、フレームによってポジションは変えるべきだと私は思っているので、オッサンに合うポジションを見つけるつもりです。
コルナゴさんとピストさんでは全くポジションが違います。これは鉄とアルミの違いからくるものです。やはり最初は同じポジションで合わせますが、その後少しずつ変更を加えていくことになるでしょう。

ですから、1stインプレはコルナゴポジションで、ということになりますね。
しっかりオッサンに馴染んでから、しっかりと2ndインプレをしたいと思います。

で、インプレ準備。
こちらが今回の本題かも知れません。

実は、ここ数週間はコルナゴさんに乗ってなかったのです。ずっと鉄ばかり。
また、忙しくてトレもまともに出来てません。走りやすい時期は全て勉強で潰れました。ちくしょう・・・。

ってなわけで、鉄に馴染んだこの体をどうにかしなければいけません。
久しぶりに鉄からアルミに乗り換えると、正直ビビりました。


「コルナゴってこんなに硬かったっけ!?」


と。いやぁ、ここまで体が鈍っていたとは。
俺はこんなフレームでトレをしてたのか!」とか、「よく体壊さなかったな・・」とか、「そりゃ鉄の時とタイム変わらんよこれは・・」と思ったり。

久しぶりに乗ると新鮮ですね。
こりゃあペンナローラのacruxなんかに乗ってたら死んでたところです。
あれはコルナゴに慣れてた時に「めっちゃ硬い」と思った機体ですから。

ってなわけで、あと数回乗って、コルナゴをそれなりに体に馴染ませてから、オッサンとの比較インプレをしたいと思います。バイアスのかかった状態で比較インプレなんて出来ないですもんね。

さて、あとはオッサンを仕上げてから、遂に組み換えが始まります。
乞うご期待!(時間かかりすぎやろ!ってツッコミは勘弁を。忙しいんですorz)

« SM-BB7900 リチウムグリスアップ | トップページ | ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) »

05.ロード考」カテゴリの記事

コメント

コルナゴのフレーム
このサイズのフレーム トップが520にすれば
凄く長いフロントセンターですね・・・

オフセットはほとんど43ミリくらいだろうから
ヘッドが寝ていると言う事なのかな?

kinoさん まいどです。
そうですね。これがコルナゴの特徴でもあるんじゃないかと勝手に思ってます。
おそらく、ヘッドの寝に加えてシートの立ちもあるかと。コルナゴの特徴とされてきた強い直進安定性能は、ここらへんにも起因しているのかも知れません。
ただ、シート角は公開されているのに、ヘッド角は公開されていないので、どの程度なのかわかりませんけどね。私の測定ミスという可能性も無いわけではありません。

追記です。
コルナゴのシート角を74.3度としていましたが、74度30分のミスでした。かなり立ってるんですね。

kinoさん 追記です。

コルナゴのジオメトリーを確認しところ、フロントセンターは589でした。測定ミスでは無かったようですね。かなり長いです。
それと、BBの地上高が266mmとありましたが、これはBB下がりに変換するとどのくらいなんでしょうか。まさか700/2-266で84mmだとか?w

フロントセンターを長く取るのは
シューズのつま先がタイヤに当らない様にする為だと思いますが

小柄な選手にとっては有り難くない 何処かの国の安全基準ですね

B.Bを地上高で表すのは何を基準にするのか 私も良く知らないです
まさか ハンガー下がりが84ミリも無いでしょう・・・

ハンガー下がりを測定するなら
平行な床に 前後同じ外径の車輪を付けた自転車を置き
ハブシャフトとハンガーシャフトの地上高の差を見る方法が確実かな?

私の様にレーザーレベルが有れば簡単ですけどね

>コルナゴさんとピストさんでは全くポジションが違います。これは鉄とアルミの違いからくるものです。

こんにちは。
鉄ばかり所有している私にとって非常に興味深いので質問させてください。
具体的にはどのようにポジションが違うのでしょうか。

kinoさん

おそらくそれは違うんじゃないかなと私は思います。
全てのサイズにおいてFセンターは長めの傾向があるように思います。※ただし、私のサイズの一つ下のサイズ(=450S)からは傾向が変わります。
それに、コルナゴでは現在Fセンターを短くしています。足の当たりを気にしていたわけでは無いんじゃないかな、と私は思っています。

やっぱ84mmも無いですよねーww
実測しないとわかんないですね。バラす前に頑張って測ってみようかと思います。

レーザーレベルなんて・・・羨ましい・・・ぐぐorz

mako10さん まいどです。

鉄の方が後ろ乗りです。これは私がそうだというだけで、他の皆さんは如何なのかわかりません。
この違いは反応の違いによるものだと思ってます。アルミと鉄だと踏める領域が違うんですよね。

飽くまでイメージですが、私の中では鉄の方が長く踏めるような感覚があります。それも上死点あたりから、前→斜め→下、と長く踏めます。
コルナゴさんでそれすると、足が跳ね返される(?)と言うか抜ける(?)ような感じで「ありゃ?」となります。コルナゴさんは一点で(とは言ってもある程度の範囲がありますが)ガツンと踏むか、アホみたいにクルクル回さないと走ってくれませんでした。たぶん私の足がクソなだけだと思います。たぶん漕ぐセンスが無いんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/37382321

この記事へのトラックバック一覧です: ナゴたん採寸&ラストインプレ準備:

« SM-BB7900 リチウムグリスアップ | トップページ | ママチャリ パンク修理 (Tufoシーラント) »