私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« ParkTool TM-1 TensionMeterテンションメーター | トップページ | Parktool SW-17/HOZAN D-850-5 スポークレンチ 5mmヘックス »

2010年8月15日 (日)

ピスト フォーク換装!

事情を知る皆様「やっと換えやがったか・・・」

100_0006100_0007

さて、いきなりですが、上の写真が一体何かわかりますか?
実はこれ、私がある事故から半年以上乗り続けているピストのフォークなんです。

これをゴム槌で叩いてみると、
100_0010
あら不思議。普通じゃ見られない穴が空いていますね。


まぁこんなフォークを騙し騙し使ってきたわけですよ。
パークピストなんで別に良いかなと思ってたんですが、流石にここまで来るとちょっとねぇ・・・

フォークひん曲がってるわけですから、もちろんヘッドセットの上玉押しを押さえるシムは無いですよ。なのでガッタガタ。
一緒に踏んでた仲間からは「こんなんトリックどころか普通に走るのも怖いわ」とのお墨付き。

半年も乗ってれば慣れるんですけどね。段差越える度にガシャ!といってたんじゃ話になりません。

ってなわけで今回やっとのことでフォークを購入しました。
tangeの穴無しフォークです。
100_0016
お値段2000円也。安さが決め手。
でも実際に持ってみると剛性たっぷりで、しかも715gと軽量。timeフォークの2倍以下です(timeフォークは410g)。


しかしこのフォークさん、問題があります。
いや、厳密には純正フォークさんに問題がありました。

純正フォークさんから玉押しを外して、
100_0019100_0021
このフォークさんに装着してみるんですが、
100_0023
こんな状態で、叩いても叩いても玉押しが入りません。

でもまぁヌーボカステで取り扱うパーツはいつもこんなもんです。もう慣れました。
※JISとITAってだけですけどねw

「はぁ・・・またか」と一息ついて、
100_0024
削ります。

ヌーボカステと金属削りは切っても切れない関係にあるようです。私、気付いたらいっつも金属を削ってるような気がします。もう慣れっこ。

削ること2時間ほど。手で削るのも大変でした。かと言ってサンダーは表面を削り整えるものしか持ってませんし。切削用のサンダーかそれ用の刃が欲しいなぁ。

まぁどうにかぶち込むことができました。
ぶち込むのにも30分くらいかかってますが、まぁこれもいつものことです。慣れました。

ってなわけで完成。
100_0025100_0026

どうでしょうか?
なかなかサマになっているような気がします。

でもまぁ上玉押し押さえが無いのは変りません。
100_0028
しかしそれなりに締めれてるんで、ガタガタ音はありませんよ。しっかりしてますし。

で、インプレですが、これが面白い。

ノーハンドスタンディングってこんなに簡単だったんだ!!

ってのが第一印象。
今まで「俺ってノーハンド苦手やなぁ・・・」とか思ってたんですが、完全に機材のせいでした。

あと、よく言われる“フォークが変われば走りも変わる”ってのも実感できました。パークライド程度でのインプレですが、やっぱしっかりしてるフォークは違いますよ。(今までがあまりにも酷すぎたって話もあるんですが笑)
鉄フォークってこんなに硬かったんですね。カーボンフォークより硬質な走りになるんじゃないですか?

いまだに鉄オーダーのフレームに鉄フォークを付ける人の気持ちがわかるような気がしました。

ってなわけで、この新生ピスト君でトリック頑張りまっす。
ではまた。

« ParkTool TM-1 TensionMeterテンションメーター | トップページ | Parktool SW-17/HOZAN D-850-5 スポークレンチ 5mmヘックス »

08.ピスト考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/36054095

この記事へのトラックバック一覧です: ピスト フォーク換装!:

« ParkTool TM-1 TensionMeterテンションメーター | トップページ | Parktool SW-17/HOZAN D-850-5 スポークレンチ 5mmヘックス »