私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« '10 BMC SSX | トップページ | 重リム計画、、蛇行? »

2010年6月22日 (火)

重リム組み換え

続いてまっせ!!

前回の続きになります。

何度か告知していたように、重リム計画はボツったわけじゃないんですよ。ちゃんと続いてます。

で、前回使っていたリムですが、これ使うのやめました(ハブはこちらに回収されています)。砂入れて重くする予定だったんですが、砂なんて入れなくても重いリムが見つかったんですよ。

こちらがそれ↓
100_0016

なんとこれ、リム単体で795gあります。

リムハイト30mmの不明リムなんですが、これはお察しの方もあるかと思いますが、もちろん貰いました。(いつもの先輩にじゃないですよ)

さっそく組んでいきましょう。
ハブはヌーボカステチューンの105(ノンダストシール・カステグリス・社外玉押し)、スポークは家に落ちてた何か(2mmプレーンでした)を使います。

本数は・・・私のような変態が32Hで組むわけがありませんよね。今回は16H、半分です。

で、家に落ちてたスポークですから、スポーク長は不明です。これをどうにかして組める状態にしなければいけません。

よし、では組みましょう。
以前書いたこともありますが、私はフリー側から組むという奇特な組み方をします。

お。よしよし。とりあえずこれはイケそうですね。
100_0019

なんとも懐かしい組み方ですよね。旧鯔や旧シャマ、そこらへんを思い出します。私、あの時代のホイールの”怪しさ”が好きです(笑)

で、反フリー側もこのスポークで組んでみたんですが、どうも長さが上手いこといかない。
仕方がない、家をガサゴソ漁ってみましょう。

あったあった。シルバーの何か。
とりあえず組みましょう。

100_0021
100_0026

おお、上手くいった。いいね。


次にテンションをガリガリに上げましょう。
リムを破壊するつもりで回していきます。スポークの回転が始まり、ニップルが負けるようになるまで締めます。感触としては、交差部分がまるでソルダリングでもしているかのような硬さになるまで締めます。
正直やりすぎだと思いますが、私は変態なので仕方がない。これはもう皆さんご存知のはず(笑)

ちなみに、何故こんなことをするかと言いますと、最近の私の持論は「スポークテンションは高いほど良い、快適性はホイールが担うべきではない」というものでして。
今の段階ではこれが真理だと私は思っています。ま、どーせまたすぐ変わるんでしょうけど。(男子三日会わざれば、とか言ってね笑)


とりあえず完成です。この調子だと振れまくるでしょうが、それもまた一興、変態冥利に尽きるというものです。

重量はこの通り。
100_0025

くっそ重いです。素晴らしい。
スプロケとタイヤがついた38mmディープの後輪よりも若干重かったりします(笑)
いや、待て。795gのリム重量って、38mmディープのリアホイール重量(785g)より重いじゃないか(笑)

これは期待できそうな重リムですね。
あとはタイヤを選ばなければいけません。クリンチャーは最近使ってないのでなかなか新鮮です。ただこのリム、かなり精度が低く、通常のタイヤは嵌めにくい仕様・・・タイヤを選びますね。

インプレも含め、これは次回にまわしましょうかね。
続きへ

« '10 BMC SSX | トップページ | 重リム計画、、蛇行? »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

リムの穴を使わない変則組は私の中では無いのですが
重量リムならでは許せる事ですね
それにしても
スポーク長の決定が難しい変則組
良く手持ちのスポーク2種類だけで組めましたね
これは偶然?
でも見た目バランスが良さそうなスポーキングですね

連投申し訳ないです
早くに私のブログのリンクを貼って頂きながら
今更で申し訳ないのですが 私の方も貴ブログヌーボカステ工房を 
ブックマーク(gooブログはこれがリンク)させて頂きました

kinoさん まいどです。

重量リムであるという点と、リムハイトが高いという点が、「リム穴を使わない変速組」の決め手ですね。
以前オープロ(mavicオープンプロ)でも手組みG3やrolf組みをやってみたんですが、こちらはすぐに振れてしまいました。G3はレースに出ることも出来ましたが、rolfは10km持ちませんでしたね。

スポーク長については色々試行錯誤したんですよ。どの穴を使うか、何本取りにするか、やっては失敗しの繰り返しでしたよ。そして落ち着いたのが写真のような組み方。
でも実はこれ、満点じゃないんですよ。kinoさんに突っ込まれるかなと思ってひやひやしてたんですが(笑)、反フリー側は完全ラジアルじゃないんです。
微妙に捩れる形になっているんですよね。(写真4枚目を参照)
これが私としてもちょっと気がかりな部分です。でも、あの組み方が限界でした。スポーク長の良いものがウチにはあまり無かったんですよね。全部300mmとか285mmとか。かと思えば260mm程度だったり、丁度良いものがなかなかありませんでした。

まぁでも、とりあえずは及第点かな、といったところです。

kinoさん

おお!これはこれは!
なんたる光栄、嬉しい限りです!!
kinoさんのブログに「ヌーボカステ」の文字があることにニンマリしてしまいます(笑)
どうもありがとうございますm(_ _)m

これからも宜しくお願いします。

この組み方はスポーク長も含め苦労したと思いますよ

>でも実はこれ、満点じゃないんですよ。kinoさんに突っ込まれるかなと思ってひやひやしてたんですが(笑)、反フリー側は完全ラジアルじゃないんです

元々が無理をしている訳ですからこれは仕方が無いでしょう
満点のスポーキングが出来れば それは変則組じゃないですからね

リンクの件は遅くなりゴメンね

kinoさん

>満点のスポーキングが出来れば それは変則組じゃないですからね
あらま、完全論破されちゃいました(笑) まさしくその通りですね^^;

リンクの件、「ゴメン」だなんてトンデモナイ、、本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/35282877

この記事へのトラックバック一覧です: 重リム組み換え:

« '10 BMC SSX | トップページ | 重リム計画、、蛇行? »