私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« Vittoriaビットリア CORSA EVO CX コルサエボ チューブラータイヤ インプレ | トップページ | ピストフレーム再々々々塗装 »

2010年5月26日 (水)

無名38mmカーボンディープ zi〇p化

初カッティングステッカー!

さて、先日購入した38mmカーボンディープですが、やはり無地というのは味気が無い。

やっぱりロゴが入ってる方が格好良いですよね。
50mmカーボンディープの方には「NouveauKaste」のロゴを入れています。(こちらの記事を参照)

だからと言って38mmの方も「NouveauKaste」というのは嫌なんですよねぇ。それにあれはちゃんとしたステッカーなので結構なお値段がするのです。一枚500円くらいだったかな。

今回は出来るだけ安くいきたいんですよね。だからステッカーを買うというのはNG。
すると残る手は、、、カッティングステッカーしかないですよね。

このカッティングステッカーというのは安くてですね、50cm×25cmくらいで300円以下だった記憶があります。
もうこれは決定ですよね。使うしかない。

今回私は初カッティングステッカーになります。上手く出来るか心配・・・

まずは切るロゴをデザインします。
私は絵を描くのが得意なもんで、しゃかしゃかとデザインが出来ました。

100_0001

えぇ、パクりです。いや、もはやこれは・・やってはいけないレベルかも知れなry・・ゴホンゴホン

まぁいいや。
このデザインをカッティングステッカーに転写していきましょう。

これには転写カーボンを使います。今やカーボンと言えば炭素繊維のことを指しますが、以前はこの転写用のものを指してカーボンと言ってましたね。時代って変わるんですねぇ。

100_0002

こんな風にして・・・

100_0004

転写完了です!

あとはこれを切り取っていきましょう。
これにはデザインナイフを使います。ホームセンターで300円程度のもので十分だと思います。

100_0006

こんな感じで、

100_0007

準備完了です!

後はこれを貼っていけば・・・

100_0009

出来上がりです!

両輪とも貼ってしまえば・・・

100_0012

これは結構だまされますよねぇ~

さて、実際に装着してみましょう。

100_0039

う~ん、なかなか良いですね!
満足です!

無名の時より随分良いです。格好良い。
今回初カッティングステッカーでしたが、そこまで難しいものではありませんよ。特に今回のデザインのような直線が多く、少々大きめのものならば、初心者でも上手くできるのではないでしょうか。

でも、痛車に使われるようなカッティングステッカーは無理ですね。あの人らはどーかしてる・・・
実際やってみてわかりましたが、あんな繊細なカットは不可能です。うーん、本当に凄い。


で。

実はですね、これ右側の面しか貼ってないんです。
左側については、zippだと面白くないなぁと思いまして。

なんかこう、、ネタになるようなロゴが良いなぁと。
当初はVIPPとかVIPPERにするつもりでしたが、最近はVIPに行ってないですし、最近の子にはウケないんじゃないかなと。

そこで現在の第一候補はこちら。
1770624811

えぇ、石橋さんと幸運星さんのコラボですね。
結構気に入ってます。車系パロディステッカーの中では一番好きなネタです。

でも切るのが面倒臭そうなんですよね(笑)
ってなわけで、今は考慮段階。

何か良いネタがある人は是非ともお教えくださいませ(笑)

ではまた。

« Vittoriaビットリア CORSA EVO CX コルサエボ チューブラータイヤ インプレ | トップページ | ピストフレーム再々々々塗装 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

BALSAMICOSUが個人的に非常にツボですw
アンカーにぴったりです

MsRoadさん まいどです

>アンカーにぴったり
さぁ、アナタのRFXに早く貼るんだ・・・!

どうも。
現在、ヤフオクの怪しいカーボンディープ購入を考えています。
リムハイト50か58あたりを買おうと考えているのですが
SWORDFISHが72000円/1458g
MATRIXが58000円/1420g
Grazieが57000円/1630g
となっています。
SWORDFISHのみがDTスポークなのですが、どれを買ったら良いと思いますか?
正直、72000円だと手組みでTecnoAirリムを使って組むとの金額的には大差ありません。
この価格帯で見栄えの良いカーボンディープを探しているのですが、その他の商品など知ってみえますか?
よろしくお願いします。

M_Fujiwaraさん コメントありがとうございます。

そうですねぇ~
グラッチェは論外でしょうね、重すぎる。swordfishかmatrixになるかと思うんですが、この二つはほとんど変わらないと見て良いと思います。
特に今年のモデルは、カーボンの目までそっくりで、oem臭をぷんぷんさせてます。違うのはスポークですが、こちらもエアロか丸かの違い・・・(丸のmatrixが若干軽いのが少々気になりますが、まぁoemだと思います)
おそらくmatrixもDTかその類似品を使っているでしょう。正直、丸スポークでメーカーに拘る必要はそこまで無いように思います。エアロの場合はメーカーとグレードに気を配りますが。そういう意味だとswordfishのDTスポークも怪しいっちゃ怪しいですね。

で、スポークの扁平or丸ってのは結構影響します。32Hの丸スポ手組みと空回しで比較してみるとよくわかりますが、スポークの空気抵抗ってバカにならないんですよねぇ。
swordfishの方がプラス14kと、かなりお高くつきますが、その分巡航は楽だと思います。もしお財布に余裕があるならばswordfishが良いのではないかなぁ~と私は思います。

んでもって、この3つ以外のホイールですが、無名カーボンがありませんかね?
価格帯は52k~55k程度。完全なる無印です。あれは結構良いですよ。ロットによって重量が大幅に変動したり、ハブが変わったりしますが、私が触った個体はかなり良いものでした。重量は確か1422gでしたね。

他に、私個人が気になっているものもありまして。今、リム単体で出品してる方がいらっしゃいますよね?(Flyxiiのやつです)
今は50mmしか出品してませんが、この方は以前38mmの出品もされてました。おそらく今も問い合わせれば持っているのではないかと思います。
50mmの方はリム重量410gと、私のswordfishと変わりません。多分今年のswordfishもそんくらいでしょう。しかし38mmのものが、確か325g程度だったのです。これは変態の私としては放っておけない。お金があれば即買っていた品です。

もし問い合わせて38mmの在庫があるようならば、このリムとエアロスポーク、しっかりとしたハブで組むと、一生モノの決戦カーボンディープが出来るのではないかと私は思っています。これはオススメですね。テクノエアーさんより軽量な(もちろんリム重量的にも)ものが出来ると思います。

以上、参考までに。
また何かありましたらお気軽にどうぞです。

カンパBULLETやデュラC35(C50)‐CLなどの
アルミ+カーボンディープリムってどう評価しますか?

登りは死にそうですが、(リムは550~600g近くになるんでしょうか)
「平坦基調のロングライド(びわ一とか)だと実は美味しいのでは?」
と勝手な妄想をしていたりします。

実質のメリットは見た目とお手軽感くらいですかね?

へたれクライマーさん

アルミカーボンコンポジットディープに対する私の評価は、「CLを使いたいならそれも良いかもね」って感じです。
基本的にはレースレベルのユースで利点があるとは思ってません。あれはタイヤのためのものだと思ってます。

平坦だろうが登りだろうが、重いリムってほんとに足枷になりますよ。重いと巡航が楽だという都市伝説を作ったマビックさんの言うことは信じない方が良いと思います。軽いと巡航しにくいと言う方も山のようにおられますが、それはハンドリングの軽さと誤認してしまっているのでは?と思います。ある程度重い方がスピードが乗りやすいと言う方も沢山おられますが、それは剛性の評価と誤認してしまっているのでは?と以下略。

そんなわけで、重いリムに古典力学的なメリットは一つも無いと私は思っているんですが、それでもアルミカーボンコンポジットディープに一つプラス要素を付けるなら、それは「クリンチャーが使えるディープであること」だと思います。
タイヤで考えた時、クリンチャーのコンパウンドには代え難い優位性がありますからね。さらに諸事情によりどうしてもディープが使いたい、というなら、まぁ選択肢の一つだと思います。
「カーボンCLディープじゃあかんのん?」という問いに対しても「ブレーキ面はアルミがえぇねん」と答える方にとっては、ほんとにこれしか使うものが無いんでしょうね。

そういう状況は想定できるので、悪いものじゃないと私は思ってます。でもそのくらいの意識が無い限りは、使っても仕方がない物だと思います。個人的な考えですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/34882911

この記事へのトラックバック一覧です: 無名38mmカーボンディープ zi〇p化:

« Vittoriaビットリア CORSA EVO CX コルサエボ チューブラータイヤ インプレ | トップページ | ピストフレーム再々々々塗装 »