私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« トップ画像変更 | トップページ | 似非ピスト 真ピスト化 »

2010年1月24日 (日)

32Hハブ+24Hリム 手組み

これがなかなか難しい。

100_0003

以前告知していた(リンク先の記事の下部)ホイールがやっと仮組みまで終わりました。

32Hハブで24Hのリムを組むというものですね。簡単そうに見えてなかなか難しいんですよこれが。


わかる人にはすぐわかると思いますが、スポーキングは(3本一組×4)のグルーピングで4穴を空けるか、(4本一組×2)+(2本一組×2)で4穴空けるだけ良いんです。ただそれだけなんですよ本当は。
言葉で言ってもアレなんでわかりやすい写真をば↓(これは4s×2&2s×2パターン)

100_0006

スポーキング自体はご覧のように簡単なんです。

ただしスポーク長まではそう簡単にいかない。

私も最初は3s×4パターンで攻めてみたんですよ。スポーク長はもちろん一種類です。
すると片側2本の計4本がスポーク長が余ってしまうんです。

ってなわけで穴移動。
結局4s×2&2s×2パターンになりましたとさ。

でもこれだけじゃ終わらないんです。
パターン変更してもまだ飛び出るスポークが4本くらいあるんです。こればっかしはもう交換するしかない。
少々短いスポークでこれを換装しました。

で最終的に一番上の画像の通り仮組み終了です。

これはなかなか難しいですよ~
手応えのある手組みでした。あとは振れ取りをするだけ!

続きへ

« トップ画像変更 | トップページ | 似非ピスト 真ピスト化 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

この変則組は いくらスポーク長計算をしても合わないね
最終的に現物合わせが一番手間要らずと言う事かな

何とか2種類のスポーク長で行けますが 無理なく組むには
3種類のスポークが要りますね でないと強く張れないスポークが
出てこなかったですか?

でも 何か変ったスポークの通し方をしていますね
スポークの頭が あっち向いたり コッチ向いたり これわざと?

kinoさん まいどです。

さすがkinoさん、その通りですね。3種類必要ですね。そしてその長さはいくら計算しても・・・というか計算する気になれない(笑
私のこのホイールはむりやり2種類のスポークで組んでますが、スポーク頭が5mm以上出てるものがちらほら。仕方ないってことで見て見ぬフリをしてますよ。リムハイトがあったら良かったけど、ロープロなリムだったら無理だったでしょうね。

スポークの通し方は、良く言えばわざと、悪く言えばテキトー、ですね。
こういった変則組みは以前もやったことがあり、スポーキングを何回もその場でやり直すことはわかっていました。
すると、基本的な組み方をしていると、スポーキングを変更する時に問題の無いスポークまでえっちらほっちらしないといけないんですよね。これは非常に面倒臭い。
なので今回は最初から「変なスポークの通し方になっても仕方ない」と腹をくくってスポーキングをしたんです。

ま、実験用のホイールなんでこのくらいテキトーで良いかな~と^^;

この組み方を見ていると 基本的に4本組
その穴使いが 5穴使いと 6穴使い ここでスポークの長さが
違ってくるのですが
これは見たら誰でも分かる事 しかし 不思議とこれ以外にも
長さの違うスポークが要るんですよね

この組み方をした時に 基本を大きく外しているんだから
スポークの頭の方向くらい どーでも良いか(笑)

スポークの綾取りをし 触れ取り台にセットしたら
ハブとリムの曲手(カネテ→直角)が全く出ずに ちょっと驚くよね
この状態をスポークを張って 無理やり矯正してるんだろうな

ただこの変則組を 決戦用のホイールに用い 何試合も
壊さず使ったので 理論的には異論を唱える人も居るが
実践的には何も問題は無いですね 全日本と冠の付く試合で
そこそこの成績も残したし・・・

kinoさん まいどです。

まずすいません、レスにタイプミスがありました。4行目「リムハイトがあったら良かったけど」→「リムハイトがあったから良かったけど」です。日本語って難しい。一文字で文章の意味が全く変わってしまう・・。


そうです。基本的に4本組みでやってます。微調整をすると結局5本組みや6本組みなんてものが出てくるんですよね。理論値は約5mmほど変わってきます(32Hで4本→5本、5本→6本の場合)。でもこれを含めての全部の計算はあまりにも面倒臭いですね。
そしてkinoさんの言うとおり、計算したところで思わぬスポークが長い、なんてことに(笑 計算するだけ無駄ですねこりゃw

曲手ですか・・まだ振れ取りしてないのでわかりませんが、仮組みの段階で随分変な感触がありますね。
私は仮組みの時に「音」を使う(ゴム槌で叩く)んですが、いつものホイールと感触が全く違いましたね。ここのスポークはこの音が出てるのにリムはこっちに振れてる、みたいな。。


って、kinoさんw 変則組みを決戦で使ったんですかwww
しかも全日本って(笑
理論的な反論よりも十分な説得力がありますね。まさに論より証拠ってやつですか。

でもレギュレーションとか大丈夫だったのかなぁ^^; なんて思ったりして。。

ハブの穴を残すのは良いと思うのですが、逆に32Hリムで24本組する場合リム側の穴が余りますよね、その穴ってどうするのでしょうか?

そのままだと雨天走行時に水が入って来そうですし(;´∀`)組み方はいくつか見つかったのですが、穴の塞ぎ方はテープ、カッティングシートで塞ぐと言うのしか見つけれませんでした…

kazuさん

私はビニテで塞いじゃいますねw 間引きをする人はいっぱい見てきましたが、大体の人がビニテでやってたように思います。
重量増を嫌うならプラテープみたいな薄いやつにするとかでしょうか。ゆーて重量増になるほど間引きしてる人はあまり見たことありませんがw

しかし32リムで24ハブって組みにくそうですねwまぁ変則組みはどれも組みにくいですがw

テープでふさげば良いんですね、アドバイスありがとうございました(´∀`)これで勝つる

良い物を使って普通に組めば良い物が出来るのでしょうが、それだと面白くないので変わった組み方をしてみたいですw

kazuさん

趣味でやるなら変な組み方した方が良いと思います。たいがい変な組み方しても死ぬことはまず無いですから。ばしばし変なホイール作っていきましょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/33092435

この記事へのトラックバック一覧です: 32Hハブ+24Hリム 手組み:

« トップ画像変更 | トップページ | 似非ピスト 真ピスト化 »