私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« スペック載せてみました。 | トップページ | Tune Mag90 の構造 »

2009年12月26日 (土)

重リム作成準備

衝撃の事実が・・・!

さて、前回書いたように、実験のための重リムホイールを作成していきましょう。

まず使うリム。これは550でしたね。
お次はハブを探してきます。

100_0001

昔使ってたこのピストハブにしましょう。

これはロードをピスト化する時にエンド幅を合わせるために自分でシャフトを作成したものです。

エンド幅を合わせるなんて一般的な考えをしてたんですね。いや、自分で作るってのはあまり一般的じゃないか。
やはり私は昔から変態みたいですなぁ・・・。

今回もロードフレームに装着しますのでエンドは130にする必要があります。
しかし考えてもみれば120のピスト幅と10mmしか違わないんですよね。アルミならアウトですが、鉄ならフレームのエンドを広げればいいじゃないですか。

ってなわけで大体120~130になるように純正シャフトとボルトを組んでいきます。


まずは元の自作シャフトを外していきます。

100_0005

取れました。


そしてベアリングの叩き出し。

100_0003

これでOKです。
あとは純正シャフトを装着するだけ。
この時ベアリングを叩き入れる必要はありません。後でボルトが圧入工具の役目を果たしてくれますから。

100_0004

こんな風にベアリングを浮かせておいて、

100_0006

このようにボルトでベアリングを圧入していきます。

で、エンド幅を調整しましょう。
まぁここらへんテキトーです。目測で120~130くらいになれば良いと思います。少しくらいオーバーしたって鉄のフレームなら大丈夫ですよハハハ。

100_0008

このくらいかなぁ。
130より大きい気もするけど、多分気のせいだ。うん絶対そうだ。

また、この時に玉当たり調整もしてしまいましょう。
玉当たり調整は数え切れないくらいやってきてますが、どんなテキトーな調整でも3分はかかりますね。今回はシールドベアリングということもあり、結構早く出来ました。
決戦用のカップコーン玉当たりは15分くらい格闘しますが。

で、後はスポークを外すだけですね。
ニップル回しでクリクリした後にドライバーでクルクルでニップルがポーンと取れます。(擬音語大活躍!)

100_0009

取れました。

今日はこのくらいにしときましょう。
ホイールを組む気力がありませんでした。

ホイールビルドは気合が大事ですからね。気力が無い時は組めません。

ちなみに・・・

取り外したリムの重量測定はお約束、ってなわけで測ってみると・・・


100_0011


・・・


( ゚Д゚)


( ゚Д゚)


(゚Д゚)ハァ?

270gって、ちょ、ちょっと、、
軽いってレベルじゃねーぞ!!

最初は信じられなくて、「えっ?」「は?」「え・・?」って感じでメーターを5回くらい見直しました。
リムも何度も置き直して「やっぱ270gか・・・すげぇ」なんて独り言を言ってました。どこぞのアラヤさんでも無いのに、しかもWOで、さらに超超廉価版でこの軽さ。異常です。塗装落とせば260gくらいでしょうか。

Edgeがどうした!Axがどうした!Lewがどうした!Lightweightがどうした!うはははh(チョーシ乗んな)

しかしこんなに軽いから振れやすかったんだなぁこのリム。
安モンだから振れるのかと思ってたらなかなかどうして。リムは見かけによらないなぁ。

続きへ

« スペック載せてみました。 | トップページ | Tune Mag90 の構造 »

04.ホイール考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/32737192

この記事へのトラックバック一覧です: 重リム作成準備:

« スペック載せてみました。 | トップページ | Tune Mag90 の構造 »