私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« コルナゴ信者必見動画 | トップページ | 食わず嫌いイクナイ! »

2009年12月15日 (火)

ちょっと頑張ってみた

うーん、馬鹿らしい(笑

今のピスト君BassoViperはノンコートの生鉄です。なので雨に晒すとポツポツと錆が浮いてきます。(想像以上に錆の進行は遅い。レイノルズ520の特性か?)

「早くクリアかけろやボケェ!」なんてこと言わないでください。
私としても“完全な状態”でクリアをかけたいんです。と言うのも、フレームの面積はかなり大きく一度に全研磨は膨大な時間がかかりますし、接合部分等は研磨しにくく、テキトーな仕事だと研磨状態にムラができてしまうのです。

塗装をするんだったら荒削り(400番くらいの仕上げ?)で良いようですが、私はクリアをかけて鉄の光を表現したいのです。
でも今の状態だと光も弱く、しかもムラが・・・

なんかそれは嫌だなぁ・・・と思ったりするのでまだクリア無しなんですよね。
したがって1時間くらい時間が取れる時に特定のチューブだけピカピカに磨いたりするんです。(←ただの阿呆ですね

そして今日の成果がこれ。トップチューブの輝きを見てください。

101_0111

ピッカピカです。完全鏡面加工です。自分の顔がバッチリ映りますよ。

他のチューブと比較してみましょう。

101_0113_2101_0114101_0115101_0117

はい。光り方が全く違います(笑

今回の研磨では耐水紙を使用しました。
まず120番で荒削り、つぎに240番、400番、800番、1200番、2000番といった具合です。(2000番なんて普段使わねーよ、と思ってるアナタ!鏡面加工には2000番が不可欠ですよ!)
そしてピカールで更に研磨した後、灯油で脱脂、そこにクレポリをかけて、最後に何故かワックス(カルナバ蝋)をかけました。なんかもうここらへんテキトーです。綺麗になりそうなもんを使っただけです(笑

するとこの光り具合です。
ま、ちょっとしたお遊びですね。研磨と言っても0.1mmも削れてないと思うのでまだ大丈夫だと思います。あんまやりすぎるとヤバそうですけど。


お遊びとは別にちょっと真剣なお話をば。

このbassoviperのフレームは前述の通り錆が回りにくいです。荒削りで放置すると色が黒ずんで(いわゆるガンメタの無光沢色)、まるでアルミの酸化皮膜のような感じになります。本来はクロムが入ると錆やすくなるはずなんだけどなぁ。

今回もトップチューブの削り粉を他のチューブに塗布したり、手の汗を満遍なく塗布(人間の汗にはNaClが少量アリ)したりして、この黒ずみを生成しました。

もちろん対照実験をするために積極的な黒ずみ生成をしていない部分も作ってあります。ある程度時間をおいてどんな様子になるか観察してみたいと思います。

そしてまた別の真剣なお話。

これはまた近いうち記事にしようかと思っていますが、最近鉄にメロメロです。ベタ惚れです。何故惚れたかはその記事で。

とにかく、ここ最近は理論的にも感覚的にも鉄の良さがわかってきました。「自転車最強の素材は鉄」とか、はたまた工学分野で「結論言うと鉄は最強」とか言われたりしますが、その意味がわかってきたような気がします。

今まで鉄を毛嫌いしてたんですけど、とんでもない、鉄は最高の物質みたいです。
重さが無ければカーボンより優れた物質だと思っています。理論的にはそんくらいにわかってきました。


というわけで今日はここまで。
ではまた。

« コルナゴ信者必見動画 | トップページ | 食わず嫌いイクナイ! »

08.ピスト考」カテゴリの記事

コメント

実家にあるサンダーを貸しましょうか?ww

会長

救世主現る(笑
家庭用電源で動くもんなんですかね?(あと騒音対策も大変w)
うーん、でも使いたいなぁ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/32613314

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと頑張ってみた:

« コルナゴ信者必見動画 | トップページ | 食わず嫌いイクナイ! »