私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« NSXよ、永遠なれ! | トップページ | ピスト整備 »

2009年11月12日 (木)

ギア比変更

3Tの差は大きい

100_0004100_0006

ピストのコグを変更しました。
と言ってもフリー側にぶち込んだだけなんですけどね。固定側は18Tでして、今回付けたフリー側が15T。3Tの差があります。

チェーンリングは44Tですから、18Tの時でギア比が2.44でした。そして今回の15Tでなんと2.93です。
数字でピンと来る方もいらっしゃるでしょうが、ローディはあまりピンと来ませんよね。こればっかしはピスト乗りでないとわかりません。

まぁ数字ではわかりにくいでしょうが、乗ってみたらすぐわかるくらいの差があるんですよ。
2.44がインナーロー、2.93がアウターハイってくらいの差があります。

とりあえず、しばらくはこの2.93で踏んでいこうかと思います。

ちなみに・・・
ベアリングが見えているのに興奮された変態の方はいらっしゃいますかね?
これは私がよくするノンダストシール仕様です。これをするときは必ず二酸化モリブデングリスを使います。これ以外ではやってられません。ハブ死にます。
二酸化モリブデンならば雨だろうと砂だろうと関係ありません。いつでも良好な回転を維持してくれます。毎日乗るとして、2ヶ月に一回くらいはメンテをした方が良いですけどね。(これだから二酸化モリブデンはやめられない!)

それと、ボルトの錆は見なかったことにしてください。と言うかそれは錆では御座いません。酸化鉄コーティングを施しているのです。意図してやっているのです。そういうことにしてください。

ではまた。

« NSXよ、永遠なれ! | トップページ | ピスト整備 »

08.ピスト考」カテゴリの記事

コメント

なるほど、酸化皮膜ならしょうがない

後輪の逆JISには 何か意味が有るのでしょうか(笑)

グリスや錆(違うか・・)より こんな事が気になる私も
変態の仲間入り?

mnbさんならわかってくれると信じてry

酸化皮膜により見栄えの良い色と優れた性能を発揮します。決して管理不行届ではありません。

kinoさん 

もうなんというか…「流石!」の一言です。kinoさんの変態度には感服致します(笑

もちろん組み方にはコダワリがあります。これはホイールを反転させておりますから、正確には逆JISではなく逆イタでしょうか。JISやらITAやらにはそこまで詳しくないのですが、駆動スポークが内側にくるようにしております。
これは少しでも駆動スポークの長さが短くなるようにという配慮ですが、実際には0.1mmも短くなっておりません(苦笑)

また、同一スポーク長のスポークを使用しておらず、コグ側4本取りの反コグ側6本取り(この写真は反転してますので手前が6本取りです)になっております。
これはスキッドによる180(ワンエイティーと読みます)が私の場合左回りであることが多いので、ツッパリスポークを4本取りにしてラジアルにより近い形にすることで剛性を保持しているのです。


いやー、しかしスポークに注目するとは。さすがkinoさんです。

kinoさん

追記

あれれ?今見返したら…kinoさんの言う通り逆JIS(つまり本来はJIS?)ですね。
おかしい…うーむ、左右の駆動スポークが内側に来るようにしたつもりなんですが…

多分これは4本取りの方を先に仮組みしてるんですね。そして6本取りの仮組みをする時になって「あれ?これスポーク逆じゃね?」となって「でも面倒臭いし、こういう組み方も確かあったはずだからこのままGO!」となったのでしょう。

うーむ、これは酷いorz

おはようございます 仕事が忙しく
子供みたいな時間に寝てしまうのですが でもまだ眠いです

リアホイールで両切りのハブを使う時は JIS組にするのは正解なのですが
自転車を踏んだ時に 引っ張られるスポークは
ハブフランジの外側にするのが正解です

このホイールでは 外側のスポークが 自転車を踏んだ時に
縮む力が掛かり スポークがたわむので普通は 逆にはしませんね

kinoさんおはようございます。お疲れ様です。

>ハブフランジの外側にするのが正解です
それがどうも最近は逆イタなる組み方がありまして。前述の通り駆動スポークを内側に持ってくるのです。いくらかの思惑があるのでしょうが、私は前述のようなスポーク長の短縮をメリットに考えております。

しかし実際のところはイタリアンだろうと逆イタであろうと、はたまたJISであろうと逆JISであろうと、手組みのレベルでは各者に遜色無しというのがわかっているそうです。

したがって手組みの場合は好み…と言うかこだわりで組んで良いようです。
完組みですとフランジの構造自体が特殊になり、通常は駆動スポークを内側に持ってくるようです。シマノやマビックがその代表でして、スポークはフランジの接線方向まで寝せ、駆動スポークは対スポークより2mm~5mm程度内側に配置されます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/32186817

この記事へのトラックバック一覧です: ギア比変更:

« NSXよ、永遠なれ! | トップページ | ピスト整備 »