私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« にゅーぷろじぇくといずかみんぐすーん | トップページ | New Project!!! (COLNAGO MIX) »

2009年8月15日 (土)

亀山社中

龍馬ファンの方、すいません。

ただいま実家の長崎におりまして、この時期になると夕方からは爆竹と夜火矢の音がそこらじゅうに轟きます。

他県の方からすると考えられないそうですね。この時期の長崎では子どもがこちらに向かって爆竹を投げてきても「元気やねぇ~」と思わなければなりません(笑

文化とは不思議なもので、長崎人ならば爆竹や夜火矢の音で風情を感じるわけです。私の友人いわく、「この時期の爆竹は何故か五月蠅くない」だとか。


そして長崎と言えば「坂本龍馬」でしょう。
(長崎には無駄に誇れるものがあるので、これ以外にも多様な答えがあります。おそらく“日本ではじめての○○”の数ならば全国で一番多いことでしょう。県民所得ワースト4位の長崎よ頑張れ!)

坂本龍馬好きならばご存じでしょうが、亀山社中とは龍馬が創った日本ではじめての商社です。


今回その亀山社中に行ってきました。

これがまた小高い山の上にありまして、坂に慣れた長崎人でもなかなかキツいところにあったりするのです。
さらにこの暑さ。日中はかなりヤバい(笑)のでご注意ください。

しかしこの暑さの中、亀山社中には多くの人が観光に来ていました。
やっぱり龍馬好きって多いんですね~
(ちなみに私は龍馬好きというわけではありません。嫌いでもありませんが。悪しからず)


で。
中やら外やらは見てからのお楽しみということで。
というか写真撮影は基本的に禁止ですから。

しかし撮影OKの部屋もあります。

その写真を1枚だけ晒しましょう。ネタバレ(?)が嫌な方はサムネクリックをしないように。
090814_150843

はい。これ龍馬の刀と拳銃です。

龍馬の刀が陸奥守吉行であることは結構有名だと思うのですが、それが直刀である、ということまで知ってる人がどの程度いるのか…
あれ?もしかして龍馬フリークからすると当然の知識だったりしますかね?(汗

よく模造刀で「坂本龍馬の陸奥守吉行」などという銘のものがあったりするのですが、そういうのに限って反りが大きかったりします。
本物は反りがかなり小さいです。完全直刀である通称忍者刀まではいきませんが、一目見て普通ではないというのがわかるくらいの反りの小ささです。

刃は直刃で紋が深く、切先の返しは大きく大丸。形状の説明はできません。じっくり見てないのはもとより、形状説明できる能力がありません。(日本刀の形状説明は非常に難しいです。用語的な意味で。読むのも一苦労)


そして刀の横に置いてあるのが拳銃でして、これがまた龍馬フリークには当然の知識かもしれませんが、スミス&ウエッソン社製なんですよ。
S&Wと言えば今現在でもリボルバーを主力に製造しているメーカーです。M19やM36などはあまりに有名。

と、まぁ龍馬ファン・フリークからは「それで?」と言われそうな内容ですが、これにてお終いです。

日本刀も拳銃も、芸術性があります。「人殺しの道具じゃないか」などとぬかす者は何もわかっていない。論点ズレも甚だしい。
その芸術性とは機能美ではありませんからね。もちろん機能美的にも美しいものが多数ありますが、たとえ機能美の芸術性だとしても人を殺すか否かは問題ではありません。

おそらく優れた機能美を生み出した職人も、「人を効率的に殺そう」と思って創造したわけではありません。そんな思いで創られたものは「兵器」と呼ばれ、非常に醜い姿形となります。


まぁこれらは全て私の持論ですがね。反対意見もありますでしょうが、そこは二律背反ということにてお見逃しを。

私の持論の善悪正否はどうでも良いとして、ロードバイクにも似たようなものがあると思うのです。
走る芸術品としてのロードバイクは、芸術品的な面も持ちながら工芸品的な面も持つ。非常に素晴らしいものです。

その芸術品的な面とはもちろん、綺麗な色を塗れば良いとかそういうものではありません。私が普段コルナゴコルナゴ言ってるからわかりにくいでしょうが、フル化粧カーボンのロードバイクにだって心打たれたことがあります。

フル化粧カーボンのロードバイクに心打たれるというのは、どこか刀に似ていると思いませんか?
言ってみれば刀だってフル鉄なわけで。もちろん刃紋という造形もありますが、そんなものコルナゴに比べたら考えなくて良いくらいです。

つまり、職人が心込めて造ったものというのは、総じて芸術性があるというわけです。例外もたくさんありますが、逆に、芸術性を感じるものというのはそれだけの何かが根本にあるわけなんですよね。

非常に当たり前のことを言っていますが、真実でしょう。と私は勝手に思っています。


いやはや、亀山社中の話からずいぶんと離れてしまいました。
龍馬ファンはお怒りでしょう(笑
というわけで私はこのくらいで逃げます(笑) ではまた。

« にゅーぷろじぇくといずかみんぐすーん | トップページ | New Project!!! (COLNAGO MIX) »

09.戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/30962199

この記事へのトラックバック一覧です: 亀山社中:

« にゅーぷろじぇくといずかみんぐすーん | トップページ | New Project!!! (COLNAGO MIX) »