私の機材写真

  • 1383980564167
    私が使用していた機材の一部です。てきとーに上げてます。

カテゴリー

おすすめリンク

  • 三沢さん
    読んでて楽しいショップブログその①。昔っから楽しく読ませて頂いています。
  • あけおす会長
    あけおす友の会・会長のブログ。現在休刊中。
  • LIVESTRONGさん
    LSGさんのブログ。私は好き。
  • kinoの自転車日記
    初期からのお付き合い。豊富な知識と丁寧な文章が魅力。
  • これはエエよォ(のむ梅田)
    読んでて楽しいショップブログその②。汁のブログ。のむ梅田さんの記事だけ読んでおくべし。
  • M'sRoad
    おいエムズゥ野球しようぜ
  • NRSさん
    NRS橋本さんのブログ。
  • カンザキ(1stbike)さん
    読んでて楽しいショップブログその③。結構ツボな情報が流れてきます。
  • DOGSPEED
    犬速さんのブログ。単独230kmをave30で走っちゃう人。
  • 藤原ヱンヂニヤリング
    藤原氏のブログ。綺麗な文章と考察が読みたい人はこちら。
  • つむらいすブログ
    つむらいすで有名なあのつむりさんのブログ。
  • Movement
    読んでて楽しいショップブログその④。りつおさんが居るショップ。since2011
  • カレラとカレラ
    つっちのブログ。私の価値観を変えた男。クルマの、だけど。
  • のむラボ
    読んでて楽しいショップブログその⑤。のむ梅田さん。これはエエよぉの過去記事と合わせて読むべき。
  • ナカボンブログ
    カーボン野郎のブログ。お世話になっとります。

« 前後MAVIC計画 part1 | トップページ | 前後MAVIC計画 part2 »

2009年7月22日 (水)

岡山 地質百選の新見

たまには岡山の紹介でも。。

先日、研究室で岡山県内を巡検したものでして。
良い機会なので岡山の紹介なんかをしてみようかなと。先に言っておきますが、チャリ要素0です。

知ってるって人はそんなにいないでしょうが、実は岡山県は石灰岩地形が見られるんです。それが今回巡検した新見~高梁の地方。岡山県の西部にあたります。

まずは有名な井倉洞。今回は雨のため入り口が川で塞がっていたため見学できませんでした。
100_0004

普段は透明な水が落ちる滝も、今回は泥水がどばどば。
それにしてもこの断崖。まるで中国の山中です。石灰岩の作る山体はこういった中国風なものになりますね。中国風ってなんじゃそりゃ…でもわかりやすいかなと。

そしてこの写真なんかは絵師の心がくすぐられるんじゃないですかね。
100_0005

見える建物は飲食店なのですが、この写真の右の看板にはこんなことが書いてあります。
「旅の合言葉 行きに注文 帰りに食事」
あらまぁそんなに時間かかるんですか(笑

滝はこんな感じ。どばどばです。
100_0006


そしてこれが今回の目玉。

羅生門です。

この羅生門は「日本の地質百選」に選ばれました。
100_0017

いやはや、写真ではわかにくいと思いますが、実際見てみると凄いもんです。
この羅生門の中をくぐって…
100_0021


さらに羅生門!
100_0028

中は凄く涼しくて、どこか怖い感じ。
なのでこんなこともしてありました。さすがニッポンの観光客(笑
100_0025

こりゃ三途の川ですね。海外の人はこういうのわかるのかな?

お次は井倉洞と同じく鍾乳洞の満奇洞(まきどう)に行きましょう。
100_0054

入り口はこんなに小さいんですよね。でも中は凄く広いです。
初めて入った人はとても驚いたでしょうねぇ…

そんでこういう頭の低いところをくぐって…
100_0049

こんな凄いところが見れたり、
100_0048

こんな幻想的なところが見れたりします。
100_0052

こんなのなんかは凄く禍々しいですね。
100_0037

いや素晴らしい。


これら全てが石灰岩の作る表情です。

実は井倉洞、満奇洞(まきどう)のような鍾乳洞も、地質百選に選ばれた羅生門も、由来は同じなんです。

結局水でよく侵食される石灰岩で地形が構成されているわけですから、雨水が通ってしまえば鍾乳洞が形成されますし、その鍾乳洞が陥没でも起こせば、そしてそれが地上付近であれば、羅生門が出来ます。

表情を作る石灰岩は大昔の太平洋での堆積物が主。そう考えると凄くロマンある話です。


そういった石灰岩地形というのは山口県の秋吉台が非常に有名ですが、岡山でも十分観測できるんですよね。


そんなわけで、もし岡山県に来られた方には観光スポットとしてお勧めです。
ただ案内が不親切だったりするので、根気よく探してください(苦笑

ではまた。

« 前後MAVIC計画 part1 | トップページ | 前後MAVIC計画 part2 »

09.戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165156/30646276

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山 地質百選の新見:

« 前後MAVIC計画 part1 | トップページ | 前後MAVIC計画 part2 »